(仮称)新・ふくろうのブログ

・・・工事中・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

色んな事とか

2015-07-21 20:38:36 | 日記
皆さん、コンバンハ


さて、中国に来て1ヶ月になろうとしてます。最近は内陸部にしては珍しく降雨・曇りの天候が続いてます。お蔭で、仕事が結構捗っています。でも帰国日は決まってますが。

7月19日・20日は休日で、この間に市の美術館に行ったり、日式ラーメンを食べに行ったりしました。

私の滞在している街・・・、かつて中国で1、2を争う位に「汚い街」でありました。最近は、そうした負のイメージを拭おうと、街ぐるみで努力しているようです。
この街の中心部からから南へ20Km位下ると、全く街のイメージが変化します。・・・中国らしくない、街が東京みたいにキレイなんです・・・、例えるなら
素のジャイアンとキレイなジャイアン位の違いがあります。

そんな綺麗なところに(太原市)美術館があります。この辺りは他に博物館もあり、物流の拠点であったり、ショッピングモールがあったりします。この辺りは
最近の都市開発によってできた新しい街で、石炭で財を成した成金たちが造ったようなものだと知人は言っておりました。

ここに到達したのは昼前だったので、近くのショッピングモールで数時間ほど食事、ショッピングで時間を潰してました。
人が多いの何の。中国語を日本語に入れ替えたら、東京近辺のショッピングモールと同じです。モールの店員さんたち、英語もしゃべれるみたいだから買い物
にはあまり困りません。・・・物価は日本と殆ど変りません、日本よりも高いかもしれません。



見ると、東京の再開発されて綺麗になった海岸部にいるような感があります。



ゴミも全然落ちてません(笑

さて美術館



・・・ですが、ドイツ人が設計した建物だそうです。ムダにでかい、広い。

美術館は丁度、この辺りに住んでいた美術家・漫画家の画展をやっていました。政治風刺画なんかも手掛けていたようです(人物は分かりません)。
この辺り出身の王維、白居易といった唐代の著名人程には日本人には知名度が無いようです。



蒋介石・李承晩・吉田茂に担がれて太公望のマッカーサー



鉄腕アトムなんかもあったり



結局、この国は某国共産党の支配下にあるものだから、政治思想も「当然」制約を受けてしまいます。共産党に「有利」であれば何でも良いんです。

終わりに・・・

ちょっとグダグダ書き込んだついでですが、おまけ。

中国はgoogleとケンカしたことがあって、表向きはyoutubeなどの動画サイトは閲覧できません。しかし、中国内では海外の動画サイトを閲覧できる
ような「抜け道」みたいなサイトが幾つもあって、月単位でカネを払えば実質視聴できます。中央政府が敷いている「金盾」;ファイヤ-ウオールなんて
殆ど意味がありません(笑。

中国は表向き、性風俗は「ご法度」です。中国人が「ナントカの間」に入り浸ろうがそれ程問題にはなりません。表向きはマッサージ店とあるのに裏では
本番行為やってますみたいな「違法サービス」の場合は流石に、店の経営者共々、しょっ引かれます。

問題なのは、外国人がこういったサービスを受けようとする場合です。コトバが分かればカネさえ払えば問題は起きないです。コトバが分からないと
、ぼったくられるか、下手なことをすれば最悪、警察に通報されるかもしれません。ぼったくられるだけならまだ笑い話になろうかというモンですが、
(どこの国もそうだろうけど)警察権力は外国人には冷たいです。

人というのは海外に出ると気が大きくなるというか、羽目を外したいという人もあるかもしれませんが、海外で悪いことして警察沙汰にはならないように
私も含めて十分に気を付けなければなりません。法体系も全く違いますし、中国や朝鮮みたいに人権すら保障されてない国々も多々あります。中国では
薬物に対しては特に厳しくて(アヘン戦争の教訓があるのかもしれない)、密売目的で所持していた場合は、死刑となります(20g以上)。少し前、
日本人が死刑になってます。

色んな意味で日本は優れているんです。
私は長年日本人をやっていますが、別に煽てている訳でもないし、妙な国粋主義を吹き込んでいる訳でも無いんですが。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

今日は休んでます

2015-07-13 15:38:00 | 日記
皆さん、こんにちは。

地球のここらではこれから本格的な夏シーズンに入ろうとしてます。日本は温帯で湿潤気候にあって、少し前、35℃の気温を観測したとか、熱中症で病院に担ぎ込まれたとかいった情報を閲覧しました。私が居る所は、歴史的に有名な古い街で、北京から600Kmほど西に向かったところにあります。こちらも35℃とか36℃とか猛暑が始まりつつあるんですが、気候区分上はステップ気候に属しているものだから、あまり湿度がありません。ある程度は過ごしやすいと言える。



太陽が二重に見えてますが、大気中の微粒子が多いのでこう見えてます。大気汚染物質の問題が深刻で、日の出はほぼ毎日こんな感じです。大気汚染が起こるのは、いまだに石炭を使っているからとか、工場の汚染物質排出規制が甘いからだとか言われているんですが、それに加えて、土も大いにこの問題に拍車をかけている有様です。

雨が降らないので、乾燥してくると雑草が枯れてくる「土焼け」と呼ばれる現象が起こります。おまけにここら辺の土壌はシルトと呼ばれる非常に細かい粒子で構成されていて、土地開発なんかで土を掘り返せば、それが風に乗って巻き上がり、大気中に滞留することになります。大規模・無秩序に開発をすれば、やがて砂漠化が起こるでしょう。「準砂漠気候」と呼んでもいい状態です。

この国は緑化には真剣に取り組んでいて、再開発をするにしても樹木だけは無暗に伐採せずに、開発後は改めて植樹をして、表土の保護に努めてます。大体、淡い黄土色の土壌が露出しているところは、再開発地、炭鉱を除いては規則正しく樹木が植林されてます。



ホテルから街の様子を映してます。街全体がひどく雑然とした感じが分かると思います。見てくれ・体裁を見る限りは近代化していく様子をうかがい知ることができるのですが、商店や民家脇の「空きスペース」にはゴミの山が放置されている有様です。「ゴミ位、片付けろや」と日本人ならそう思うんでしょうが、中国人にとっては、自らの支配する領域と及ばない領域と区別する傾向があり、自分たちの日常生活の場では綺麗にしているんだけど、領域外のことについては「知らん」というか「関係ない」という発想です。通りを歩いても至る所にゴミが散らかり、公共施設・スーパーのような人が多数集まる施設であっても、階段・石畳、手すり・・・とか、至る所に破損が見て取れます。



私が滞在しているホテルの一室です。一応住んでいる街では最高級ホテルです。・・・ムダに広い。私のような者にはもったいないような空間です。宿泊料金は素泊まりで12000円程。たまに、ツアー客で日本人が来てます。寝室は意味も無くダブルベッド(笑。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

毎日の食事

2015-07-04 19:34:49 | 日記
皆様、コンバンハ


さて、異国に来て10日あまりになりました。毎日の食事なんですが、やっぱり苦労してます。

今回は仕事で中国に来ていて、特段豪勢な食事ができる状況にはありません。元請さんが宿泊から食事から全て手配しているから、元請さんの指示に従わねばなりません。
経費節減ということで、毎日ホテルのバイキングを利用できません。日曜日と朝はホテルの飯(バイキング方式)にありつけるのですが、平日(昼夜)は弁当、休みは外で勝手に食べてねの状況です。

ホテルのバイキング(欧米スタイル)は流石というか、旨いです。カラダが本能的に美味しいと言ってます(笑。このバイキングが無かったら死活問題というわけです。

弁当がマズイ

これが全てです。致命的なのが、炊いたご飯が何故か臭う。なぜ???水に問題があるのか?臭いが白米に移ってしまったのか?よく分かりません。また、おかずの味付けはまあまあで食べることができるのですが、どんなやり方で調理しているのか?どんな食材を使っているのか?分からないものだから不安でしょうがありません。中国にはコメについてもピンキリあるようで、日本みたいに平均的に旨い白米なんて想像せんでくれと、ガイドに言われたことがあります。

・・・

よって、日本から持参してきた、インスタント食品とかお菓子類が大活躍するというわけです(笑。正直、弁当は食えたものではないので、半分ほど申し訳程度に食べるだけにして、あとはインスタント麺とかレトルトで我慢してます。中国語が分かるガイドさんたちは、クラブ行ったり、旨い飯屋に出かけたりしているようですが・・・。

外食と言えば、最近「日式」と称して、日本風のレストランやパン屋を見かけます。・・・確かに、努力は認めます。買って食べてみるんですが、味もそこそこ良いんじゃないかと・・・。でも、どんな食材を使っているのか分からないものだから、諸手を上げて喜べずにいます。食品衛生の観念が十分で無いし、下水油、有害物質塗れの食材とか・・・そんな記事を良く見かけるものだから、増々不安に感じます。この部分の問題がクリアできれば、屋台や行商で売られている食材に手を付けるんですが。道を歩けば、どこもかしこも、屋台や行商があって、いろんなモノを売ってます。食材から生活用品、果ては偽ブランド品まで・・・。

 「肉」についても偽装が横行していて、「焼き肉店に行くなら最低、100元はかかると思いなさい」ととあるガイドさんが皆に言っておられました。安い肉だと、40~50元で焼き肉が食べられるようですが、その肉の中身は、てんだのイヌだの期限切れの肉だのの混ぜこぜだそうで、聞いただけでもウンザリします。中国は日本ほどには取締が厳しく無くて、摘発されても罰金で済まされて、ほとぼりが冷めれば、以前と同じ調子で、問題の食材を販売するようです。

さて、不満塗れの夕食を終えると、大抵はホテルでネット見ながら酒を飲むくらいのことしかできません。



適当に近くのコンビニでビールを買いました。500ml一缶およそ5~8元程度といったところです。一番右がマズイことで有名な青島ビールで真ん中の2つはSUNTORYと銘打ってありますが、どう見たってパチモンビールです。一番左、バドですが、日本じゃあ、あまり飲んだことがありません。

「日本からもっとビールを持ってくりゃ~良かった。」と毎日思ってます。

・・・とはいっても、とりあえずは現地調達品で賄うしかないので、諦め気分で飲んでます。

中国人と言うのは高速鉄道ばっかりに目が行ってさ、どうしてビールの品質向上には関心が向かないんだろう?と思ってしまいます。
「創意工夫の発想が中国人には無い」のは、資本主義体制に慣れていないのと中国人の気質のせいなんでしょう。

話が少し逸れましたが、菓子・インスタントの類は豊富にあるんで、出国(8月中旬予定)までに計画的に消費しなければなりません。帰国時に余っていたら廃棄するように言われてます。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

近い国でのできごと

2015-06-30 23:45:03 | 日記
皆さん、コンバンハ


実を言うと、前まで使っていたブログを閉鎖しようと考えてたんですが、やっぱり忍び難くて・・・当分使うことにしました。何に使うのかはまだ決めかねてます。


私は仕事の都合で中国内陸部のとある都市に滞在中です。予定は2か月。まだ中国にやってきて1週間程度なんですが、その間でもいろんな興味深い出来事がありました。

また、その時の体験話はおいおいアップしていきますが、とりあえずは、本日の出来事をば。



本日は休みだったんで、近くのスーパーで買い物をしました。

食材は驚くほど種類も量もたくさんあり、眩暈がするほどでした。買い物の折、100元紙幣(1元=21円程度)をレジの人に出したのですが、100元紙幣は受け付けないとのことで、50元紙幣2枚と交換の上、支払いを済ませました。
(トータル101元)

 スーパーで買い物する際、バッグはロッカーに預けなければなりません。持ち逃げ防止策だろうと思います。そのロッカーで知人が預けていたバッグが取り出せなくて、店員に何とかしてくれるようにとお願いする一幕がありました。もちろん中国語で話しかけてくるものだから、どうしたものか暫く悩んでました。
 幸い、店員の一人が英語が喋れる方で、こっちも何とか拙い英語で会話して、何とかロッカーからカバンを取り出すことができました。

 さて、話は戻りますが、買ったのは菓子類がメインです。中国のお菓子もおっかなびっくりな感があるんですが、意外に食べれます。あと、日本製・欧米製の菓子類が売られているんですが、やっぱり割高です。


日本のお菓子といえば

1.ポッキー 2.不二家のお菓子 3.チョコレートビスケット

何かが売られてました。あと日本にもあるんですが、スプライトとかコーラとかいったのも普通に売られてます。あとは中国製の飲料ばっかり。中国人は兎に角、甘い飲料が大好きで。緑茶とボトルに書いてあっても安心することができません。砂糖が入っていることが多いからです。



交通事情は皆さんもご存じのとおり、カオスな感があります(笑。赤信号なのにバイクやら自転車やらが平気で道路に出てきます。クラクションも絶えずそこかしこで鳴り響いているし、バス内では話声で騒がしい限りで、今のこの国の状態を示しているとも言えるでしょう。

本日は、市内の日本食レストランで、知人と酒飲んでいい気になった後、ホテルに戻ったのですが、バスでの移動の際に色んな体験をしました。

 まず、スーパーに向かう途中のバスの中で、ちょうど席が空いたものだから、やれやれと思って腰かけました。すぐ後に、母娘さんが近くに来たのですが、小学生中学年位の可愛い娘さんが、手にしている内輪を持って私の膝の上にあるリュックサックを叩くマネをしてました。それから母親になにやらぶつくさ言ってました。今はちょうど可愛い盛りなんですが、大きくなると、がに股歩きして、自己主張をする女性になっているんでしょう(汗

 「何をしているんだろう?」と不思議に思ってたのですが、ふっと、左の壁際に注意書きがあるのを思い出して目をやると・・・、病人・コドモ優先席と書いてあるではないですか(中国語だけど何となくわかった)。少しだけ恥ずかしくなりました。席を開けようとも思ったのですが、ちょっとばかし分が悪く思って止めました。5つほど停留所を過ぎたところで、その母娘さんとは別れました。

帰りのバスの中での出来事、吊り輪を持って外の景色を何の気なしに見ていたのですが、突然座っていたオバさんに声をかけられて「座りなさい(中国語で)。」と言われました。余程、私は疲れたような顔をしていたんでしょうか?それにしても「我先に」と言わんばかりに飛び掛かって、座席やら商品やらを手にしようと必死になるのに、そんな中国の人に席を譲られるとは以外でした。

昼から中国のお菓子をつまんでいたせいで、夕食は食べる気がしなかったのですが、スーパーで買ったシンガポールで作られたカップめんを作って食べました。味が全然しませんでした。麺だけテキトーに食べて、汁は捨てました。

また時間ができたらアップします。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

はじめまして

2015-06-26 21:21:56 | 日記
心機一転、やり直しのつもりでこちらに移ってきました。

ヨロシクお願いします。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加