姐奴の京都おみやげ歳事記
Walker公式コミュ「京都話見小路」管理人で
goo京都特派員の姐奴が、
京都の四季と"おみやげ"を紹介します
 




「京料理 あと村」といえば、平均予算1万は超える高級料亭
勿論値段ばかりでなく、味も上々、おそらく京都で知らない人はいないはず
そのあと村が「おばんざいと焼酎」という居酒屋メニューで、
オープンさせたお店に行ってきました。

6時過ぎとまだ早かったせいか、店内は誰も居ず、
立派な白木のカウンターの中から「いらっしゃいませ」の
2~3人の板さんの声にちょっとびっくり。店内の設えは老舗料亭のまま。
なのに日本酒、焼酎は1杯525円 お料理もほとんどが、525円


つき出しの蛸のあえ物を食べた時点で
「あっ、やっぱりあと村だ」と気づく、柚子の香りのする上品な味付け
茄子の田楽も蓮根の挟み上げも素材の味を壊さない程度の、
味付け具合が実に素晴らしい!


どの料理も一品一品が丁寧に作られていて、それは美味しい!
この味で、この雰囲気で、この価格 私も同伴の友人も大満足でした。

私達が帰る頃にはお店はすっかり満席でした。
会計を済ませて、外に出ると、お店の方も出て来られて
じばらく見送ってくれました。

高級店が少し安価なお店を展開するとき、
別の店名を使ったりすることが多いなか、堂々と「あと村」を掲げ
それにふさわしいもてなしをする。
なんて潔いお店なんだ また絶対来たいと思いました。


あとむら 四条店
京都市中京区東洞院通錦小路下ル T.Kビル1階
TEL: 075-212-6220
定休日:無し(年末・年始除く)
営業時間:昼11時半~14時、夜17時~22時


 


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« 炭火焼き「串... [ 姐奴の京都... »
 
コメント
 
 
 
素晴らしい! (venstrap)
2007-12-25 21:23:40
これは美味しそうです

最後の写真は玉子焼きでしょうか・・・
美味しそうだなぁ・・・

夜10時と、お酒を出すお店としてはちょっと早めに閉めるあたりもなかなか。

ひどい酔っぱらいが暴れたりしない、いい時刻です。

飲むと言うより、ちょっと気軽に料理を楽しんで、お酒は料理をいっそう美味しくするためのもの、というコンセプトと見ました
 
 
 
あと村 (narutakiso)
2007-12-25 21:40:59
あと村って言えばむかし取材の後で、大きな会社の常務さんに連れていってもらいました。
でもいつものさえない格好してたんで、緊張を超えてあんまり味は覚えてません...
それにしても、老舗もいろんな事するんですね。
 
 
 
venstrapさん (姐奴)
2007-12-26 15:22:56
な~んて素晴らしい洞察力
まったくご推察通りのお店です。

お酒と料理を嗜んでほろ酔いになる
そんな素敵なお店でした
あまりたくさん飲めない私にナイスな一店です。
 
 
 
わかります (姐奴)
2007-12-26 15:28:30
私もブログを書き出した頃、
ネタにと、宮川町に連れて行ってもらったんですが
すばらしく美しい舞妓さんや、
元太夫さんとかいう方のあまりの存在感に
圧倒されて、素人の私のデジカメなんて
とても向けられませんでした。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。