姐奴の京都おみやげ歳事記
Walker公式コミュ「京都話見小路」管理人で
goo京都特派員の姐奴が、
京都の四季と"おみやげ"を紹介します
 




「伊藤軒」さんは、昔懐かしい菓子を手作りしているお店。
お店の前の焼き場で、職人さんが煎餅を焼いてはる。

久しぶりに、立ち寄ってみると、物凄い人数のお客さんが。
『遊び菓』が、7月20日の雑誌サライ増刊号に掲載されて、
日本中から注文が殺到しているそうです。

お取り寄せも良いですが、職人さんが煎餅を焼いたり
飴を練ったりしている姿を直に観て、その菓子を買って帰る
そうすると、美味しさも全然違ってくるんですけどね。

「いつもはこんな事ないんですよ」とお店の人。そうですよね。
最後の1箱を買い、帰ってきました。

2007年の初詣で買った「松尾大社」の酒飴もこのお店のものです。


 「伊藤軒」
 
 京都市南区東九条中殿田町16-1 
 京都駅から徒歩5分
 TEL:075-681-6786

  



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« 鴨川の「川床... 本家西尾八つ... »
 
コメント
 
 
 
京菓子というと (ストーン#(^_^))
2008-08-10 23:35:51
この季節は水菓子やくずきりなどを思い出しますが、この様なお菓子も遊び心があって好きですネ!
美味しそうなのはもちろんのコト、「素朴な中にも楽しみながら戴く」という京菓子の心粋を忘れていないのが何とも言えないです♪
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。