美術館巡りと古都散策、Jazz & Bossa など・・

スタンダード曲などを歌って録音したり散策して撮影した写真を
動画にして楽しんでいます。美術展もよく観覧しています。

「 フローラ - 花々と美の饗宴 - 」 山王美術館

2017-03-30 | 絵画

先日、久しぶりに山王美術館で、ゆっくりと素晴しい絵画の

数々を鑑賞しました。

「フローラ —花々と美の饗宴—」とタイトルされた展覧会には、

山王美術館が所蔵する名画がたくさん展示されていました。

私は、数年前から この美術館が開催する展覧会に足を運んで

いますが、今回初めて観覧する絵画がたくさんあり興奮しました。

この美術館は、所蔵する絵画や彫刻、陶器などを他の美術館に

貸出しはしていません。山王美術館でしか鑑賞できない名画が

たくさんあります。

今回の展覧会で、私にとって ひときわ印象に残ったのは、

モイーズ・キスリングの「ふたりの少女」でした。

目が釘付けになってしまいました。

不安そうな目で私を見つめており、何とも云えない不思議な感覚におちいりました。

解説では、キスリングがこの絵を描いたのは、ナチスのユダヤ人迫害の時局にあり、

不安からくる平和への祈りが感じられるとの事でしたが、何かを無言で訴えている

少女に思え、怖い感じさえしました。

その他、ルノワール、マリー・ローランサン、モーリス・ド・ヴラマンク、そして、

日本人画家では、藤田嗣治、佐伯祐三、荻須高徳、小磯良平、林武、金山平三、

梅原龍三郎、中川一政、前田青邨、上村松園、伊藤深水、川端龍子、加山又造、

杉山寧、上村淳之、堂本印象の各作品が展示されていました。

 

モイーズ・キスリングの「ミモザとパンジー」


ピエール=オーギュスト・ルノワールの「裸婦と花の習作」  

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ♪ “ブルーレディに紅いバラ” ... | トップ | ♪ Looking Through The Eyes ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (喜美)
2017-03-30 14:22:21
私は絵もわからなく 前に館長さんに
何処が良いのかお聞きしましたら
自分がこれがと思う所が良いですし
眺めるだけでなれます 度々みて下さいです ですって 相変わらず解りません
素敵な美術館 (まこ)
2017-03-30 17:48:45
山王美術館は素敵な美術館ですね。
調度品がきれいで、混雑してなくて・・・
ゆっくりと見て周れますから。
ルノワールの柔らかい絵や、キスリングの個性的な絵など、どれも素敵です。

こんな素敵な絵を見ていたら、現実を忘れてしまいそうです。
喜美さん、私もそうだと思います。 (yukitoshi)
2017-03-30 22:21:18
絵を観た感じ方も人それぞれですね。

自分が、感じた想いが大切ではないでしょうか。

芸術は、人により好き嫌いもあるので、評価が
異なりますから。
まこさん、いつもありがとうございます。 (yukitoshi)
2017-03-30 22:26:34
名画と云われる作品を観ると、ホント別世界に
いるような感覚になりますね。

しかも、そんな作品の多くを瀟洒な美術館で
観覧したら、現実から離れた時間を過ごせますね。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。