映画のススメ -SPIRITをどう観るかー


アジア映画好きが高じてレスリーを知り
そしてこんなブログまで作ってしまった自分。
これまでたくさんの映画を観てきたけれど
どんなつまらない作品(爆)にもそれなりにいいところがあると
そんな想いで映画を観つづけてきた。

今回のSPIRIT(霍元甲)のエンディングテーマ差し替えの件で
多くの意見がweb上をにぎわせている。
もちろん、オリジナル版の公開を私も強く願っているのは
先日の記事でも書いている。

だからといって、オリジナルが公開されなかったとして
この映画を観に行かないのか、というとそれはNOだろう。

幸か不幸か、試写会には行っていないので、まだ現実の映画は知らないのだが
この作品自体、前評判はすこぶるいいのだ。
李連杰(ジェット・リー)最後のマーシャルアーツ作品として製作された
SPIRIT(霍元甲)はそのストーリーに今日の中国と日本の関係を
文化の面からつなぎとめようとする想いが感じられるのだ。

この作品は実在の武道家・霍元甲がモデルなのだが
彼は実際に病死する少し前に日本人武道家と対決している。
ブルース・リーの ドラゴン怒りの鉄拳 では
当時中国で風評となっていた(実際小説にもなったという)
死因は日本人の謀略説 をもとにストーリーが展開され、
そして大ヒットした。
これをモトネタにまた多くの亜流映画が作られる基となった。

そこに李連杰は正しい武道の道を求める人の姿を
映画の中で誠実に描き出している。
栄光や努力や挫折や勇気や愛情や尊敬を、この映画で感じられたら、
それはもっともっと近くて遠い国、中国を理解できるのではないかと
密かに期待している。

オリジナルを観たい、という意思表示はしっかりして
SPIRITは絶対に見に行こう。

霍元甲中国語サイトはこちら


コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )
« 忘れえぬ想い お気に入り写... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
映画「SPIRIT」主題歌差し替え関連記事 (SPIRITの魂はジェイ・チョウの霍元甲にある。)
■映画「SPIRIT」主題歌差し替え関連記事