映画「SPIRIT」を救うジェイの主題歌

霍元甲
In Association with YesAsia.com

李連杰(ジェット・リー)主演の霍元甲
1900年代初頭に中国に実在した伝説の格闘家「霍元甲」をモデルにした李連杰渾身の一作。
武術家である「霍元甲」は、武館「精武体操学校」(後に精武体育会)を創立したとされる人物。
その作品のエンディング・テーマソングをリンチェイ自らの依頼で
台湾が誇るアジア明星周杰倫(ジェイ・チョウ)が作ったというニュースは
李連杰、周杰倫双方のファンのみならず、
中華明星迷や電影迷やその他中華圏カルチャーに興味ある人々の中に瞬く間に広がった。

■エンディング・テーマソングが周杰倫で、初日本コンサート周杰倫・無與倫比日本演唱會ではその素晴らしいパフォーマンスをMVと同じ演出で世界に先駆けて披露した。そこには思いがけず主演の李連杰本人からのビデオレターも流され、会場はそのマシンガントークと我我我我我我我・・・に大盛り上がりとなった。
→これで周杰倫ファンも絶対見に来る。
■共演者の中に歌舞伎役者の中村獅堂を配し(霍元甲は病気で亡くなる前に日本人と試合をしたという)
→これで日本の歌舞伎ファンも見に来るし。
■監督は于仁泰(ロニー・ユー)
白髪魔女傳夜半歌聲というファンタジックなレスリー作品の監督としても有名
→これでレスリーファンも見に行くだろうし。
■マーシャルアーツの原点、初の異種格闘技戦(天下一武闘会)ということで
→カンフーや格闘技好きのお兄さんも来るし。

しかし私たちが周杰倫・無與倫比日本演唱會での
パフォーマンスの余韻に浸っている頃、
ワーナー・ブラザースとソニーの間でどんな取り決めがあったのか?
それは私たちには知る由もないのだが、
突然主題歌が差し替えになるというニュースが流れた。
主題歌は日本の、それもソニー所属のグループの曲が使われるという。
そのタイトルが「罪」というので、
じゃあ、ワーナーとソニーも罪作りなことをしたわけね、と
巷の中華迷ブロガーたちの間で追求や嘆願や悲憤や憤怒や憤懣や
それこそありとあらゆる怒りや悲しみの記事がupされている。

韓流の大きな流行を経て、中華圏の文化にも少しは注目が集まっているが
もともと中華迷は昔からずっといるのだし、
アジアカルチャーのカテゴリーとしてはなじみの多い中華圏なのだが
昔からカルチャー発信者の方々は、どうも西のほうばかり向いているような気がする。というか西しか向いていないんじゃないの?
何でオリジナル版を公開しないのでしょうか?
日本だってアジアの一員じゃないですか。
西をまったく無視しろとはいいませんけど、まずアジアありき、じゃないでしょうか
こんなことだから、熱心な中華迷たちは新作映画やコンサートを観るために
直接、香港や台湾に出かけるのでしょう。

ワーナーやソニーにはたくさんの抗議や嘆願が届いていると推察されます。
私もワーナーにメールを出して、せめてオリジナルを上映する映画館を作って欲しいとお願いをしました。
そして結果がジェイの曲を映画のキャンペーンソングとする、というもの。
またソニーは日本版「霍元甲」のDVDには李連杰のあのビデオメッセージも収録するのでご安心下さい、とある。 ここ

それはちがうでしょう。何か勘違いしているみたいです。
頭文字D THE MOVIE の時だって吹き替えと日本版主題歌にとってもがっかりしていた私たちのことを何も知らなかったのでしょうか?
そうだとしたら学習能力が極端にない人たちばかりの映画業界、音楽業界、だと思われても仕方ないですね。

映画本編とその主題歌は一対をなすもの。
すべてが完璧に揃ってこその作品である、ということをわかってほしいのです。
この際反省すべきはきっちり反省して、誠意ある対応を関係各社に求めたいです。

この流れは中国のマスメディアにも注目され報道されています。
tom.com

ここは営利を求めるブログではありません。
一個人の考えを表現したブログです。
小さな力ですがたくさん集まれば大きな力にも負けないことが出来ると思います。
皆さんが賛同していただけるなら力を貸してください。

こういうブログが立ち上げられています。
賛同する方はLinkやコメントやTBをお願いいたします。

SPIRITの魂はジェイ・チョウの霍元甲にある



当ブログの周杰倫関連記事
周杰倫・無與倫比日本演唱會
周杰倫・無與倫比日本演唱會 覚書
周杰倫・無與倫比日本演唱會 覚書その後
周杰倫・無與倫比日本演唱會 覚書その3


コメント ( 4 ) | Trackback ( 1 )
« WING SHYA E... RMJから届... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (もりまり)
2006-03-07 10:59:06
ジェイのテーマソングがいいから、いい映画になっているのに。憤りが収まりません。それも、何と原因は「ソニー」にあるようで。断然抗議します。(主人は音楽部門とは関係ありませんがいちおう、内部ということで)



今回のSPIRITには、ジェイの曲は欠かせないんです。ね!!
 
 
 
小さな声ですが、 (もりまり)
2006-03-07 11:18:58
warnersisterさんの所にカキコミしてきました。

私の方からも、ジェイ・チョウ友達に連絡します。

ありがとうございます。
 
 
 
ありがとうございます (亜美)
2006-03-07 12:12:36
速攻のコメントありがとうございます。

かのブログを立ち上げたSISTERSも喜んでくれたると思います。しかしご主人が・・・すみませんねえ。



このパワーが生みをも飛び越えて大きな力になるといいのですが、ぜひお友達にもよろしくご紹介下さい。
 
 
 
もりまりさん (亜美)
2006-03-07 12:14:57
日本は寒かったでしょう?

多摩センターに反応しましたわ。

多摩地区在住としては(笑)

今度、レスリーの「恋戦沖縄ロケ地」記事にしますね~、お楽しみに。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
たかが主題歌、されど主題歌。 (SPIRITの魂はジェイ・チョウの霍元甲にある。)
■ご挨拶