Andohmusicworld 移動式の要塞

身の回りのできごと 自分の世界 城ののぞき窓を開けギターという火縄銃で世界を伺っている 移動式の要塞

無残の美 友川カズキ

2017-05-17 22:50:10 | 


  詩を書いた位では間に合わない

 淋しさが時として人間にはある

 そこを抜け出ようと思えば思う程

 より深きものに抱きすくめられるのもまた然りだ




  あらゆる色合いのものの哀れが

 夫々の運を持ちて立ち現れては

 命脈を焦がして尽きるものである時

 いかなる肉親とても幾多の他人のひとりだ

 
 その死は実に無残ではあったが

 私はそれをきれいだと思った

 ああ覚 今もくれんの花が空に突き刺さり

 哀しい肉のように 咲いているど


 阪和線富木駅南一番踏切り

 枕木に血のりにそまった頭髪が揺れる

 迎えに来た者だけが壊れた生の前にうずくまる

 父、母、弟、兄であることなく

 
  最後まで自分を手放さなかったものの

 孤独にわりびかれた肉体の表白よ

 水の生まれ出ずる青い山中で

 待つのみでいい

 どこへも行くな

 こちら側へももう来るな


  その死は実に無残ではあったが

 私はそれをきれいだと思った

 ああ覚 そうか死を賭けてまでもやる人生だったのだ

 よくぞ走った

 走ったぞ

 無残の美       詞 友川カズキ


無残の美_Beauty without mercy(1986)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Bigmouth Strikes Again - Th... | トップ | The Long and Winding Road -... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL