Andohmusicworld 移動式の要塞

身の回りのできごと 自分の世界 城ののぞき窓を開けギターという火縄銃で世界を伺っている 移動式の要塞

Sometimes it be that way

2016-10-14 23:51:09 | 


郵便局で、郵送したいCDの入った専用封筒に


口頭で、わざわざ『CDが入ってます』と言ったのにも関わらず


『ハサミで開封して、中身を見せてください』と言われた



警察の職質でも考えて怪しい人間を質問するが、

郵便職員が検閲できる権限が、法律でいつ制定されたのだろうか



袋も有料だし、破損するであろうし、この国は北朝鮮かと思ったね


近頃では郵便物を検閲する時代になったらしい




中身は炭疽菌でなくて、当然、自分のCDなんだが、開封後に郵便職員は謝りもしなかった

プライバシーの侵害だ


これは政治の力が必要だ 郵政公社に抗議文を送った


その他諸々なこと、あるよね




今日は、最近の日本のミュージシャンが書かない

政治色の濃い歌が急ピッチで進んだ

悪政は、他のみんなも嫌な思いをするから、誰かが声をあげないと

ダメになってしまう 島国根性だから、そんな感じ



キーが高すぎて、チューニングをかなり下げて自分自身を落ち着けたんだけど

だいたい、歌っていて感情的になってくる歌は良いんだよ

いろいろ、ああしたい こうしたいって詩も含めコードも同期して出てくる

インスピレーションが湧いてくるんだよね 


同期して、こんな日も時々あるよね




ディランのノーベル賞を受賞したときのコメントは一切ないらしい



Zepp Nagoyaで生でライブを見たとき

何を歌ってるのかも

彼が、どれだけ凄いのかも、自分の音楽レベルでは、さっぱりわからない



自分の不平不満を、そのままレコードにしてるだけだが


一つわかることは
 


活動休止のときも、復帰したときも 地位と名誉は、表現世界には


自分の生きてるペースには、何も関係ない

ブレてないし、変わらないことだ


Jewel singing at the Roxy - Sometimes it be that way (With Story)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パイオニア | トップ | 十五夜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL