のんびりでいいじゃない。

日常の雑事やら、宝塚やら、色々と…。

雪組DC『ブラック・ジャック 許されざる者への挽歌』 2/9 3時 初日

2013-02-09 23:10:27 | Weblog
観てきました。

まさか、“かわらぬ思い”が3度も聞けるなんて感激です!少しアレンジは変わっていましたが、テーマ(曲)は健在でした。
大劇場公演と違って、時間やヒロインがいなくてはいけない制約がなく、正塚先生の言うところの「ブラックジャックと登場人物との様々な関わり」が原作のイメージ通りで正に“ブラック・ジャック”でした。冒頭こそ、“喋るコロス”がうるさくて(^_^;)、落ち着きませんでしたが、物語が進みはじめると、すっかり引き込まれました。

まっつにブラック・ジャックはピッタリでした。クールなものいいと言い、雰囲気と言い、今回漫画ソックリの見た目もポイントが高かったです。一見、大金だけが目当ての医師のようで、自身の経験から誰よりも命の大切さを知っている人。言葉の端々に優しさがにじみ出ていて、特にピノコへの愛情深い言葉は心に残りました。歌もたくさんで今日は歌声を堪能するだけでしたが、次は正塚先生の深い詩をじっくり聞き取ってきたいと思います。

ともみんはこのモノクロな舞台にまさしく彩を添える人。一人でコスチュームプレイ状態で、それがスタイル抜群なのでよくお似合いでした。ちょっと特殊な人物で(?)それゆえ苦悩しています。それでも、思いを貫く情熱的な人でした。主演公演でもここまでラブシーンは見てないなぁ(笑)、と思える場面多数でした。

せしるはともみんの恋人。わけありで最初は幻想のダンスのみですが、それでも存在感たっぷりでした。元男役とは思えない美しさを振りまいていました。セリフを話出すと、やはりその低い声で男役を思い出しますが、ともみんと共に大人の雰囲気が漂うラブシーンが素敵でした。

ホタテは正塚作品では重要な役を担います。大真面目でもあり、それでいて“間”で笑いも取れる。完ぺきでした!まっつとのGPSのやりとりはまるでコントのようでした(笑)。ピノコとのやりとりも楽しかったです。こんなホタテが大好きです。

さきなも正塚作品では印象的な役を演ります。足の不自由な不良少年。生い立ちを嘆き、ひねくれていましたが、ブラック・ジャックに助けられ生まれ変わります。彼を思う人もいて、きっと幸せになれそうな雰囲気が微笑ましかったです。そのやりとりの中であゆみがさきなの問いに「うん」「うん」と答えるところがいかにも正塚作品らしいなと嬉しかったです。

ぎゃびぃもさりげない存在感が良かったです。彼女もうまい人ですね。

忘れてならないピノコ。1幕終わりのインパクトに客席は静まり返りました(^_^;)。拍手し損なうぐらいに(笑)。難しい役ですが、前のめりに倒れたり、体を張った演技に引き込まれました。喋りはじめるとブラック・ジャックとのやりとりが見ものでした。ケーキのろうそくに長らく願い事をする姿が印象に残りました。まっつとの間合いがもっと合えばますます良くなると思います。

あと印象に残ったのは「…ごんす」連発(笑)のザッキー。同じ人物なのかと思ったら、全部違う役なんですね。意味不明ですが、とりあえず目立っていることだけは確かですね。

来週も観るのが楽しみです(^ ^)v。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花組 宝塚大劇場公演 休演... | トップ | 花組『オーシャンズ11』 2/1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。