アンデルの日々手帖

暮らしの中の小さな発見、小さな幸せをすくいとるブログです。今日をもう一度愉しむための、ショート・ショート集!

焼栗に感動した今年の秋

2016-10-19 16:04:01 | おいしいもの



毎年、季節がめぐるごとに思うのは、あぁ〜この季節すきだなという素直な喜びだ。
春がくれば春の、初夏になれば夏の、
秋がめぐるとやっぱり秋だと、
寒くなればツンと透きとおった冬の空気に…、というように
その季節が一番いいな、とみっともなく浮気してしまうことである。



秋はなんといっても、空気そのものが、かぐわしいのが素晴らしい。
夏の終わりから鳴き始めていた鈴虫やコオロギの声が
急に弱々しくなってくるあたりから、
私の町では金木犀やくちなし、色々な実を付けた植物から、一斉に放たれる香りが、あたりを包む。
散歩していて自然の香りが、甘い香りで満たされるなんて、なんて誇らしいこと。

先週はだから、気をよくして、丹波篠山の味まつりというイベントに出掛けた。
メイン会場自体は普通だったが、商店街や普通の露店で売っていた黒枝豆や栗、焼栗、柿、黒豆茶や。
和菓子屋さんでは、栗大福や栗餅、栗おはぎなどを見つけて心がウキウキした。
結局、黒枝豆も焼栗や生栗や柿をふんだんに仕入れて、




それらを毎日1品、ふだんのメニューに組み込んで秋を楽しんでいる。


篠山の味まつりで、一番おっ!と心から驚いたのは焼栗のおいしさだ。


ほくほくした栗は、加工された甘味ではなく(天津甘栗のような)
野性的な匂い立つ甘味があって、そこにやられた。
栗の木っぽさが、後味に感じられた丹波栗はすごい。
高熱の中で無理やりにはじらかされた栗の実よ。
ああ、いいものを食べた、と感動していたら。
同伴してくれていた主人が、先程歩いてきた道を1人で引き返して、
あと1袋(大入り)をお土産に買ってくれた。
「これだけ美味しい、美味しいと言われたら買わないわけにはいかない」と言っていた。



先週末は、これら秋の味覚をお重につめてお弁当を娘と一緒にこしらえた。




本当は彼女がピクニックにいくというので、手伝っただけなのだが。
夜のうちからステーキ肉をマリネしたり、金平ごぼうを煎ったりして。張り切ってこしらえた。


食欲の秋というが、この季節は台所に立つのが、ふだんより楽しく明るくなれるのは、食材の持つ豊かさにふれられるからなんだろうな。

これからは、海鮮ものや冬野菜を煮るお鍋の季節がやっくる。

ここ数日、個人的に心配なこと、気重な事柄が頭をもたげていて、
眠れなかったり、朝は床を離れて起きたくない瞬間が多いのだけれど。
いざ、一日が始まれば秋はこんなにもキラキラとしている。
それを忘れないように、こうして書きてみた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山田真萬さんの器 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。