3Dの立体視でフィギュアを眺めるブログ

立体視は全て交差法。
大元の権利者の方に迷惑かけなければリンク、転載はご自由に。
フィギュア立体視流行るといいな。

2017年5月14日の秋葉原フィギュア立体視あれこれ(後編)

2017-06-13 | フィギュア立体視
2017年5月14日の秋葉原のショップで撮影してきたフィギュア立体視をあれこれと。
後編です。

まずはボークスのねんどろいど展示から。

ねんどろいど 鏡音リン 中秋明月Ver.
発売時期: 2017年09月



ねんどろいど 鏡音レン 中秋明月Ver.
発売時期: 2017年09月



ねんどろいど この素晴らしい世界に祝福を!2 ダクネス
発売時期: 2017年10月



ねんどろいど この素晴らしい世界に祝福を!2 アクア
発売時期: 2017年10月



ねんどろいど けものフレンズ サーバル
発売時期: 2017年10月






ねんどろいど 魔法少女まどか☆マギカ 巴マミ 舞妓Ver.
発売時期: 2017年09月



ねんどろいど 艦これ 吹雪改二
発売時期: 2017年10月



ねんどろいど 冴えない彼女の育てかた♭ 加藤恵
発売時期: 2017年05月




ここからはAKIBAショールームでの展示


プレミアムバンダイ フィギュアーツZERO「うずまきナルト」「うちはサスケ」絆Relationシリーズ
受注期間は終わってるようです








プレミアムバンダイ フィギュアーツ ナッパ
こちらも受注期間は終わってるようです











一応本編はここまで。
ここからはカメラの話。


最近、新しいデジカメで何を買おうか迷ってます。
今のカメラは、FujiFilmのX-A1なんですが、フルサイズにしようかX-T2にしようか。
で、店頭でちょっと撮り比べしてみました。

まずはX-A1、レンズはXF60mm F2.4 R Macro
ISO-1600、f/4、1/160秒、WBは手動



続いて、X-T2、こちらもレンズはXF60mm F2.4 R Macro
ISO-1600、f/4.5、1/125秒、WBは自動



X-T2の方がピントあってない。
でも何となく差があまりないような?これに十数万円は厳しい。
ホワイトバランスの設定とかも気になるので改めて確認してみたい。
カメラレンタルでも行ってみるかなぁ?

続いて、気になってるソニーのカメラ。

まずはX-A1、レンズはキットレンズのXC16-50mmF3.5-5.6 OIS
ISO-1600、f/5.6、1/160秒、WBは手動



つづいて、α7 ILCE-7
ソニーのデジカメよくわかってなくてα7です。レンズは多分キットレンズ
ISO-1600、f/5.6、1/400秒、WBは手動



シャッタースピードに差は出てるけど、、、うーん
α7IIがお買い得な感じが結構してますが
ソニーはレンズからになるので20万円以上かかりそう、うーん

まぁ、今買い替えるのは時期的にかなり中途半端でダメな感じなので
α7IIIとかEOS 6D Mk2とかの情報が出てきてからって感じなのかなぁ


ブログランキングに参加してます。
よろしければ1クリックをお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへにほんブログ村

以上、2017年5月14日の秋葉原フィギュア立体視あれこれ後編でした。
『フィギュア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年5月14日の秋葉原フィギ... | トップ | wave アイドルマスターシンデ... »

コメントを投稿

フィギュア立体視」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL