アンダンテのだんだんと日記

ごたごたした生活の中から、ひとつずつ「いいこと」を探して、だんだんと優雅な生活を目指す日記

必死になるほど弾けなくなる

2017年07月11日 | ピアノ
前回、モーツァルト二台のピアノのためのソナタをやったときは、とにかくせっせせっせと練習しないとマッタク弾けなかったし、そうやってせっせせっせと練習するとけっこう腕とか指とか疲れていた。

   にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←必死にやればできることばかりではない

今は、この曲を練習してても「めるちゃんきれいだね、かわいいね」とうきうきわくわく弾いてる分にはぜんぜん疲れない。つまり自分のペースで弾きたいように弾いてる分には、ということだ。

それでも、前回メトロノームを小刻みに上げていきながらせっせせっせと練習したのよりやや速く弾ける。

何が違うのかというと、まぁ弾く姿勢や指の動きとか違うのかどうか、そういえば録音は残っててもビデオがないのでそのへんはあまりはっきりしないけれど(*)、ともかく結果として、無駄な力があまりいらなくなったということだろう。

昨日、おゆき先生と合わせをしているときも、順調に弾けているときは自分ひとりで練習しているときと同じく、あまり力の入らない弾き方をしていたと思う。

それが、ちょっとミスタッチしたり、一瞬、指使いがわからなくなってアレってなったり、自分の想定テンポより速いまま難所に突入して焦ったり、そういう微小事故で「おっと」となると、そこからなんか必死になって…

姿勢は前のめり、
腕や手はガチッと力が入り、
心臓はどきんと余計な拍を打ち、
昨日は暑い日ではあったが冷房は効かせているのに別な汗が出る(笑)

こうなると、ただでさえやっかいな十六分音符のカタマリが余計弾けなくなり、崩壊する。

弾けなくなるというのは、
・指が速く動きにくくなり、
・頭が冷静に働きにくくなり、
・ミスタッチしやすくなり、
・ミスタッチしたときのリカバリーがしにくくなる

ということだ。悪いことがまとまって襲ってくる感じ。

つまり必死になってもいいことはホントまったくないわけなので、ちょっとアレッて思ったときも、そのまま気を楽にして、いい姿勢と楽しい気持ちを保ち、余分な力を入れずに、ラクーに弾いたらずっとマシな結果になりそうだけどね。

実践となるとなかなか難しい。なにしろ、弾けなくなるときのパターンというのは、よく考えてみると人間が危機を乗り切るための生理的反応とでもいうべき由緒正しいものなので…たぶんそうやってアドレナリン出して敵と戦うなり素早く逃げるなりするのに役立っていたのよね。

でも、二台アンサンブルする役には立たないので、ぜひその危機スイッチを入れないですらーりと行きたいものだけど。なかなか頭でそう思ってもできない。

別に敵と戦ってるわけじゃないし、いくら崩壊したっておゆき先生も取って食いやしないだろうけどねぇ(たぶん)。


(*) 録音からでもわかることは、音がきたないということだ。

にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« えっ、そのテンポでいくの!? | トップ | 猫が鍵盤を歩いても »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。