アンダンテのだんだんと日記

ごたごたした生活の中から、ひとつずつ「いいこと」を探して、だんだんと優雅な生活を目指す日記

いろんな作曲家の曲を弾きたい理由

2017年06月09日 | ピアノ
いろんなサークルでいろんな人のピアノを聞いてると、弾く曲が特定の作曲家に偏ってるタイプと、いろんな作曲家の曲を弾くタイプがいるでしょ。

   にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←リストか…とっかかりが見えない…

前者は、スクリャービンばっかりとか、ドビュッシーばっかりとか、モンポウばっかりとかの極端な人もいれば、ほかも少しは弾くけどメインが何々、といういう人もいますね。

あと、作曲家としては一人に決まってないけど、古いほうばっかりの人、新しいほうばっかりの人、ってのもいるし。

そういう人は、やっぱりそういう曲に愛があるわけだし、弾き慣れてもいくから、ナルホドと思う魅力ある演奏をしますね。

で、私はというと、いろいろあれもこれもひととおりは弾いてみたいと思っていて、偏るのが嫌というより、これまで弾いたことのない人(ジャンル?)はつぶしていきたいんです。

●これまで人前(練習会含む)で弾いたことのある作曲家
バッハ、モーツァルト、ベートーベン、シューベルト、ショパン、フォーレ、ファリャ、グラナドス、ブルクミュラー、ブラームス、アルカン、シベリウス、グリーグ、ラフマニノフ、ラヴェル、プロコフィエフ、プーランク、吉松隆

●人前じゃないけど弾いたことのある作曲家
ストラビンスキー、ギロック、ドビュッシー、シューマン

(今、ざーっと思いついた順に並べただけなので、漏れがあるかも)

なんでそういうふうになるべく幅広く弾きたいかというと、私がピアノを弾く意図というのがまず
・ピアノという楽器が好き。
・特に、めるちゃんが好き。

というところにあって、さらに順位は下がるけど
・演奏を聞く楽しみを広げたい(深めたい)。

というのがあって、
・自分がよい演奏をする
というのはさらにその次くらいだったりする。別にどうでもいいわけではないんだけれども。

だから、ピアノという楽器が、どんな曲でどんなふうに弾くとどんなふうに鳴る(弾ける)ってところがまずは興味深いし、
それがめるちゃんではどうで、ほかのピアノだとどう違うかというところもおもしろい。

それでいえば、できるだけ幅広い曲調の曲を弾いてみたいんです。

そうすることによって、演奏を聞くほうの楽しみも広がってくるしね。
(弾いてみると、よくわかる、という部分は大きいです)

今年、ベトソナとぐぐっとお近づきになれてほんとにうれしい(^^) 人生最後まで魔境で残るかと思った

…ということを考えると、これまで弾いてきた曲(作曲家)を並べたときに大きな偏り、ボコ穴があることに気がつきます。

リストさんがいません(o_o)

超有名作曲家に偏るヤマハ発表会でも、リストはかならずショパンと同じくらい登場してましたよ。そんなリストさんの曲を、ただの一度も弾いてない。

それと、同じ作曲家でもいろんな曲調の曲があるわけで、
作曲者名でなく弾いた曲で考えた場合、私が弾いたことのある曲というのは、
圧倒的にゆったりまったり系の曲、速いにしても軽い曲に偏っているということがあります。

めるちゃんで、「がんがんどぉーん」系の曲を弾いたらどうなるのか!?
弾けないから試したことない(^^;;

「幅広い曲を弾きたい」を信条とするならそこも開拓していくのか!?

にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出産「しなければ」という重圧 | トップ | あつい楽譜を買いました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ピアノ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。