アンダンテのだんだんと日記

ごたごたした生活の中から、ひとつずつ「いいこと」を探して、だんだんと優雅な生活を目指す日記

またろうの夏休みはエンドレスではなかった

2009年09月30日 | 高専生活
またろうの夏休みに、修羅場はなかった。

下馬評ではエンドレス・エイト再来は固いとささやかれていたのだが、意外なことに、夏休み最終日の夜九時をもって、またろうの宿題は粛々と終了した。

しばらく前の状況(参照「またろうの夏休みの終わり方を占う」)ではかなり寒そうな状況だったが、予想と違ったのは、またろうの「段取り力」と「文章力」である。

二つとも、逆さにしてふってもまたろうからは出てこないと思われていた「力」だが、「今日は一日部活を休んでCOCET3300を片付ける」という宣言のあたりから、まぁやっている間の集中力は続かずだらだらと、母の目から見るとイライラする調子で物事が進んでいるとはいえ、それなりに必要な時間を確保して宿題を片付けようとしていた。

何がどうなっていれば「オンスケ(予定通り)」といえるのかという把握について多少助言はしたが…今回、あまりバトルはなかった。本人がちゃんと宿題を終わらせようと思っていた。これはすごいことだ。

宿題指示のプリントをなくして手が付けられないという事態はいつもどおりだけど、それでちゃんと友だちにコピーさせてもらってゲットし、間に合うようにやっつけた。

今回の宿題は文系科目が中心。特に、倫理「死刑制度について」とか、国語の文学作品紹介とか、これまでであればすべて親が口述筆記をするしかなかったような課題がてんこもり。

文学作品紹介では、自分に割り当てられた作品を、みんなに宣伝するA4一枚を作るというもので、これまでのまたろうであれば読むことすらできなかったと思われるとっつきの悪い作品だったので心配したが、この一枚はなんとまとめ方についても文章についてもまったく親がタッチしないまま、またろうが自力で書き上げた。「キャッチ」「内容」「感想」「最後に」の四つの部分があって、それぞれピリリと効いた言葉もちりばめられ、おもしろく仕上がっていた。

今回、一番時間をかけたのは、国語の自由研究。またろう本人の希望により、ラノベと文学作品を対比した研究(?)になったが、要するに「ラノベだっていいじゃん!!」という主張がテーマ。なんでも、高専の図書館で、生徒たちのリクエストで本を買っているとラノベばっかりになってしまうので、○○文庫はリクエスト禁止、とかの決まりがあるそうなのだが、ラノベを差別するいわれはないよ、というもの。

テーマはちょっとなんなのだが、これを主張するには、材料集めから、論の立て方から、ずいぶん工夫しないといけない。母は見たこともない作品が大半なのでノータッチ、この自由研究の指導はすべて父がやった。

父の指導は、まず全体の構成を考えるところから始まって説得力ある展開から細かい表現まで微に入り細にわたって、いつ果てるともしれない長時間の自由研究タイムになった。こじろうの家庭科レポートのときと同じなので私は温かく見守って(=ほっておいて)いただけなのだが、前回と違うことに、ちゃんと終わったんですよまともな時間に。

断言してもいいが、高専の一年生が出した国語の自由研究で、またろうのが一番力作だったと思う。ここまで時間をかけるやつはいない。もちろん、よしぞうがそこまでやらせたという面はあるんだけど、またろうも自分の展開したい「論」のためにほんとにがんばったし、言うなりに進めるんじゃなくて、自分の気づきや自分なりの表現をどんどん盛り込んでいた。

…というわけで、またろうネタなのにオチがありません(o_o)
提出物も、全部前夜のうちに慎重にまとめて全部学校に持ってったんだよ!! やったね!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またろうの作り方: 耳鼻科い... | トップ | またろうの作り方: 待つこと... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ふーん (Buckeye)
2009-09-30 09:35:43
>> 母は見たこともない作品が大半なのでノータッチ、
>> この自由研究の指導はすべて父がやった。

よしぞう氏って、そういうのも読むんだ……

いや、私も読むんですが(^^;)
夢と希望が! (milktea)
2009-09-30 10:20:22
>予想と違ったのは、またろうの「段取り力」と「文章力」である。

>提出物も、全部前夜のうちに慎重にまとめて全部学校に持ってったんだよ!! やったね!!

うう、すごい成長に、私まで夢と希望がふくらみます~。
おめでとうございます!
えーーーーーっ! (シトロン)
2009-09-30 15:09:48
>またろうネタなのにオチがありません(o_o)

素晴らしい成長に感動するとともに、うちに住んでいる後輩が高1までにこの域に達するのだろうか?・・・とデッドラインを設定された感じですごーく焦ってます。
ああ、でも、母たるもの、こんなネガティブ・シンキングじゃいけませんね。ゆ、夢と、き、希望に、む、胸をふくらまして待ちます。・・・待ってるだけだと不安だから、埃の被ったチェロ引っ張り出して練習始めることにします。すごく上手くなっちゃったらどうしよう?
Unknown (こまたろう母)
2009-09-30 15:32:40
すばらしい!!!
三年後のこまたろうに期待して良いのか?
本日は母が宿題(?)修羅場中につき、やはりこれは一生続くのだろうか・・・
> Buckeyeさんへ (アンダンテ)
2009-09-30 20:25:11
読みますよ。
(漫画・アニメ含め)守備範囲広いです。いや、私から見ればってことですが(フ、フォローになってる??)
> milkteaさんへ (アンダンテ)
2009-09-30 20:25:58
そうなんです。もちろん、いきつもどりつはあると思いますが、とにかく本人なりに成長してるんだなぁと。
> シトロンさんへ (アンダンテ)
2009-09-30 20:27:20
すごくうまくなっちゃって、うちのホームコンサートに弾きに来てください。
だいぶ待たされると思って構えておくほうがいいと思うし(^^;;
> こまたろう母さんへ (アンダンテ)
2009-09-30 22:28:25
修羅場は、やっぱり続くと思います。
なにしろまだよしぞうだって修羅場体質ではありますもん。そりゃ昔よりはマシになってるでしょうけど。その「マシ」のhow toを一部伝授したりとか、親ができるのはそのくらいでしょうか。
Unknown (ania)
2009-09-30 22:32:21
そういえば、昔々の話ですが、
私の弟(高専進学)は、中学低学年時代
「この子はいったいどうなっちゃうんだろう」
と、両親が心配するくらいのまったり&成績低迷度だったのですが、
中3くらいになり、突然何かがつながったようで、
めきめきと飛躍的に育ちました(精神的にも成績的にも)。
その話は、いまだに家族の間で出るほどです。

「男の子不連続成長説」あるのかもしれませんね。

希望の光 (メゾフォルテ)
2009-09-30 23:30:55
…いや、宗教みたいな題名になっちゃいましたが、本当にまたろう君みたいに高1でなってくれるのなら嬉しいこと限りなし。豚児は勉強も今一つ、スポーツも今一つの子、と既にあきらめ気分でしたが、あぁこんな感動的な高1になってくれる可能性もあるのかもしれない、うっとり~。
で、本日息子の命名をしました。既にこまたろう君はいらっしゃるので、共通の石ころ趣味があり遺伝的にも近いかもしれないので(まさか^^;)「孫またろう」(マグマ太郎みたいですが)と。
さー、無事、孫またろうは育ちますか。

コメントを投稿

高専生活」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。