アンダンテのだんだんと日記

ごたごたした生活の中から、ひとつずつ「いいこと」を探して、だんだんと優雅な生活を目指す日記

「ピアニストの脳を…」元論文リンク

2017年07月17日 | ピアノ
実験いうてどんな実験したのかな。ということがわからないと信用できないぞという(物好きなまっとうな)人の便宜のためリンク貼っときますね。

   にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←議論になるような事柄であれば、モトに当たれは鉄則だよね。

「鍵盤の動きがどう加速するかによって、ハンマーのシャンク部分の「しなりかた」がわずかに変わることがわかりました」のところで引用されていたのはまずこれ:

From touch to string vibrations. II: The motion of the key and hammer
Anders Askenfelt and Erik V. Jansson

これ、なんかログインしないとPDFがダウンロードできないみたいだし、どうせダウンロードしたって英語の論文読むのは面倒だと思う人は、同じ人のレクチャーのほうが読みやすいです。

From touch to string vibration
Anders Askenfelt & Erik Jansson

私も論文読んでないけど(おい)そのレクチャーのほうでいうと
「This is due to the "ripple" resonance, which is seen to influence the hammer motion during the last milliseconds before string contact, i.e. after "let-off." In this way, it is possible that a hammer resonance could serve as a "memory" of the history of the hammer motion.」
つまり、ハンマーがフリーになっちゃってからもシャンク部分のしなりがフリーになるまでの動きの「メモリー」として働く可能性があると述べられています。

まぁ、控えめな記述です…
「In summarizing the present results, we cannot rule out the possibility that the pianist's touch may have an influence on the character of the piano tone.」
ピアニストのタッチが音色を左右する可能性は否定できない、と。

あともうひとつが
Acoustics of pianos
Hideo Suzuki, IsaoNakamura

これまた、なんかお金払わないとダウンロードできませんが

「腕全体の筋肉に力を入れて硬く打鍵した場合と、筋肉を弛めてやわらかく打鍵した場合とで、ピアノの音色がどう変わるかを調べました」のところに引用されている

Spectrum analysis and tone quality evaluation of piano sounds with hard and soft touches
こちらはそのまま無料でPDFが見られます。

で、おい日本人のくせにまた英語の論文かよ、ってげんなりした人のために、この鈴木さんが日本語で書いてくれた記事
ピアノ音響学の未解決問題
日本音響学会誌 73 巻 4 号(2017),pp. 257–258

をお勧めしておきます(^-^)

これは新しいですね。今年書かれたものです。これを読むと…
「結局のところ、わかったといってもこれくらいのことかい」
って思うんじゃないかと思います。

これよりは自分の耳のほうがよっぽど詳しいことがわかるよって思うかも。

まぁとにもかくにも、客観性を持って語れる部分を一歩一歩増やしていくのも意味あることだと思います。


人体のことや進化のことや、はたまた宇宙の起源のことならともかく、
こんなすぐ身近にある物理のことも人間ってまだ案外わかってないんだなと…

思ったので今日図書館でこんなものを借りてきました(笑)
「物理学はこんなこともわからない」(川久保達之)
(注: ピアノの話は載ってません)

たとえば「樹木はなぜてっぺんまで水を吸い上げるのか」なんて話が載ってます。こないだ娘に訊かれて結局よくわかんなかったばっかりなので、どうわからないか確認しておこうと思って(^^;;


にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イメージと音色、そして少し物理 | トップ | やっぱりメトロノームに追い... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実験(ちょっと横道) (ぴあのけものみち)
2017-07-18 11:38:05
「音響工学のひと」と呼んでいるオーディオマニアの人にこの話をしたら、興味を持って色々教えてくれました。

タッチの話から電子ピアノの違和感に話がうつります。
すると逆に、電子ピアノの違和感からアコースティック・ピアノのタッチの差がわかったような気がしました。

①アコースティック・ピアノの音は、たとえ打弦速度を一定にしても一回ごとに波形が異なる。
つまり厳密に同じ波形は(現実的な時間内では)二度と現れない。
しかし、周波数成分(と、その時間的変化)は、ほぼ同じなので、人間は同じ音であると判断している。

一方、
②電子ピアノの音は、鍵盤が静止状態から下がりきるまでの時間が同じなら、同じ波形が再現される。(時間は0~255の幅に分割)(*1)
当然、周波数成分(と、その時間的変化)も同じ。

③周波数成分(と、その時間的変化)=スペクトルの時間変化で人間は音の違いを判断していると考えられてきた。
だからオーディオも周波数特性を重視していた。

しかし、近年
④波形の違いも人間は聞きわけられることがわかった。
だから最先端のオーディオでは波形再現を重視するようになった。

⑤電子ピアノに感じる違和感はここに原因がある。(*2)

⑥日本音響学会の論文ではスペクトルを重視してるようだが、それでは不十分である。

ということで、これを使って実演してくれました。
ハンディ・オシロスコープ
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se376225.html
スペクトラムアナライザー
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se085448.html

説得力ありました。


(*1)最近の高級機種では一工夫あるらしいが、あまり長くない時間内に(ほぼ)同じ波形が必ず現れる。

(*2)電子ピアノは最初の一音はいいんですが、弾き進むうち違和感がでてきます。ちょうどCDを繰り返し聞くような、「あっ、同じ音」みたいな感じです。それですぐ飽きてします。
アコースティック・ピアノは同じ音をポツポツと繰り返し弾いても味が感じられます。
> ぴあのけものみちさんへ (アンダンテ)
2017-07-19 21:48:47
すごい!! 詳細にありがとうございます。
なるほど、周波数成分だけではなく波形の違いも聞き分けられると思うといろいろ納得です。

電子ピアノとかエレクトーンとか聞き疲れしますけどそれって音色が単調なのもあるかもしれませんね。

コメントを投稿

ピアノ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。