アンダンテのだんだんと日記

ごたごたした生活の中から、ひとつずつ「いいこと」を探して、だんだんと優雅な生活を目指す日記

レッスンのときに使うピアノ

2016年10月13日 | ピアノ
今日は、排水管清掃があって家にいなきゃいけなかったので、「めるちゃん会」を合わせ技にしました。
(だって排水管清掃のためだけに休みたくない)

   にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←それにしてもいい曲だよマズルカOp.56-3

前回来たかったのに来られなかった、うさにさんがいらして幸せそうにめるちゃんを弾いていたので私もうれしかった(^^)
うさにさんは、たぶん私がめるちゃんを触る前に、既にショールームでめるちゃんを弾いてみてすごく気に入ってたんですよ。

うさにさんと私はピアノの好みが合うようです。
うさにさんが弾くめるちゃんは優しい音で鳴っていて、相性ぴったりでした。

ピアノって好みがかなり分かれますよね。たとえばshigさんちでは、プレイエル(shigさんピアノ)とベヒシュタイン(夜毎屋さんピアノ)が並んでいますが、これのどっちが好きかってのはけっこうキレイに分かれるもんです。私はプレイエル派で、おゆき先生はベヒシュタイン派なんですけど…

まぁなんだかんだいって、みんなみんな
「うちのこいちばん!!」
って思ってるもんです。よそのピアノにも「これいい!!」ってしょっちゅう浮気はしてますけどね。


さて、いつもはおゆき先生のおうちに行ってレッスンを受けていますが、
今日はめるちゃんでレッスンしてもらいました。初めてです。

おゆき先生のピアノはレアもののお宝ピアノで、すばらしいピアノなんですけど、私にとってはわりと苦手なピアノです。
調律(キルンベルガー)したてのピアノで、
手中におさまっている曲(ドミソドミソドミ、あるいはインベンション一番)を弾いたときは、
天にものぼる気持ちよさでしたけど、

レッスンに持って行く曲ってたいてい、じゃなかった、必ず、「手中におさまってない曲」なので…

「あれっ、こんなハズじゃなかった」

音が思わず出たり、思わず出なかったり、いろいろ翻弄されているうちに焦りが増幅されてきて、
いやぁ~難しいなぁ~
ってなところでレッスンが始まり、

あちこち修正していく中でようやく「そうそう、こんな感じ(^^)」となってきます。

余分な冷や汗はかきますが、これをやっておくと、苦手なピアノが出てきたときの練習会などでもわりとしっかり弾けるようです。
レッスンでは、非常にベーシックなところ(だいたいいつも同じ問題点)から、その曲ならではの演奏ポイントまで、幅広くカバーする感じで(だから大忙し)
レッスン中の変化はけっこう大きいかも。

一方、今日、初めてのめるちゃんレッスンでは…

譜読みにてこずって、音を並べるところに相当な怪しさが漂っているショパンマズルカOp. 56 No. 3でしたが、なにせめるちゃんで弾くので、最初から自分のベストくらいに弾けて、
なんだかその先からレッスンが始まったように感じました。

つまり、「いきなり難しいこといわれてるっ(o_o)」というような気がしたのですが、
実際は難しいことをいわれているというよりは、
「音が(ある程度)並べられてるフリしちゃった。やべっ」みたいな、
慣れないピアノで弾いたらぐっちゃんぐっちゃんになりそうな把握しかしてないのにそれを大して見せずに済んでしまった、というような、いいんだか悪いんだか微妙な感覚です。

でもその分、マズルカをこれからどう弾いていくべきなのかについてはしっかり話が聞けてそれはそれでおもしろかったです(レッスン中にはいくらも実現できてなかったけど…)
それと、先生がめるちゃんで弾いてくれるお手本フレーズが聞けるし♪

考えてみれば、レッスンのときにどのピアノを使っているかは、案外、レッスン内容に無視できない影響を与えているような気がします。

たまには河岸を変えてみるってのは新たな発見があるかもです。

にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
(今回もイラストはまたろう)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バロックでは暗譜しなくてい... | トップ | 易しい曲からもらえるもの »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ina-kibi)
2016-10-14 08:31:09
いいですね~、自分ちのピアノでのレッスンって憧れです~♪

安心していつもの演奏が出来そうだなということと、自分ちのピアノの知られざる音を引き出す(先生が・・・笑)こととあるよな~と思ってたのですが、まさに!!でしたか!!

私も実現したいな~♪
でも、環境整備が難しいですね・・・。
掃除しないと~~~・笑

最近は猫対策で、ピアノの上は布だらけですし・爆

それにしても、めるちゃんでのレッスン、よかったですね!これは恒例になって行くのかな~?楽しみです!!
> ina-kibiさんへ (アンダンテ)
2016-10-14 14:59:01
掃除…は、大きな問題です-笑
けど床はルンバくんが掃除してくれますし、棚の上とかにこじろうやはなひめの教科書なんかがごちゃごちゃしてるのはもうそのままで気にしないことにします(下手に片付けるとあとが面倒)

まぁあまり近くないのでおゆき先生はそんなに来たくないと思いますが(^^;; またそのうちピザで誘ってみます(?)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。