アンダンテのだんだんと日記

ごたごたした生活の中から、ひとつずつ「いいこと」を探して、だんだんと優雅な生活を目指す日記

イメージと音色、そして少し物理

2017年07月16日 | ピアノ
…というわけで、昨日書いたように、ハンマーのシャンク部分のしなりによって物理的に差が生じうること、タッチを変えると実際に倍音成分が変わることが観測されたという研究が出たので、

   にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←ほんの少しの理屈がほしいの

ピアノという楽器は、鍵盤への触れ方、すなわち「タッチ」によって、本当に音の音色が変化するのでしょうか? その真偽については、ピアニスト、指導者、音響学者、心理学者を巻き込んで、長いあいだ議論がなされてきました。ピアニストや指導者は、「タッチを変えれば音色が変わる」と強く信じており、一方で、音響学者は物理学の観点から、理論的にピアノの音色を変えることは不可能である、と考えてきました。
---- 「ピアニストの脳を科学する(古屋晋一)」より

この混迷の状況にピリオドを打ち、「物理的に音色は変わる」という結論になったってことでいいんだろうか。

なんとなく…すっきりしない…と思ってる人は多いと思う。私もそうだし(^^;;

「シャンク部分のしなり」ってほんとう?

そういう、直感的にわかりにくい物理現象で、というか、際どくたったそれだけの要因で、こんな多彩な音色が出るものなのかなぁ…
たいていみんな物理的には理解してないわけだけど、にもかかわらず、多くの演奏家が「イメージ」に合った音色を出せているのはなぜ??

そんなこんなのモヤモヤ感の元となっているものが、私の思いつく範囲で3つある。

(1) 雑音の有無と、音色の話が分けにくいこと。
弦の鳴り方ではなくて、タッチによって生じる雑音として、
・指と鍵盤のぶつかる音
・鍵盤を押し下げて底にぶつかる音(下部雑音とか呼ばれる)
の2つある。初心者がどたどた弾いて「うるさい」のはこの雑音が豊富に鳴っているのだけど、この雑音の有無とは別に、音色に変化が生じるのかどうかをつかまえにくい。

(2) 物理的には解明しつくされた、とはとてもいえない。
周波数成分を機械に表示させてわかる違いがすべてかどうか怪しい。人間の耳か何をとらえているのか、ほんとにわかったわけではない。
特に、音が変わる仕組みについては「シャンク部分のしなり」かも、ってくらいで、確かめられたわけじゃない。

まだわかってないことがいろいろありそう。

(3) ピアノの表現の豊富さを支えている要因の中で、「音色」って(相対的に)思ったほど大きくない。
演奏をなんとなく聞いているときに「音色」が美しいと感じていてもその実態は単音の色合いというよりは、音量バランス、ペダルコントロール、前後のつながり、タイミングなどの総体であったりする。

こういう状況の中で、
・物理的にどういう説明がつくのかなんてことに関心がない人(「りん」「和太鼓」程度のたとえで満足している人を含む)であっても、
・物理的に納得できる説明を求めるあまり、タッチで音色が変わることを認めない人であっても、
・はたまた大がかりな実験を重ねて物理的な理解を極めた人であっても、

結局のところ、
雑音なく弾くタッチを習得し、
音楽的な理解をしたうえで豊かなイメージを持ち、
耳でフィードバックして求める「響き」を作る。

ということで素晴らしいピアノ演奏ができるようになることは可能であり、またこれ以外の方法はない。

…そう思っているなら、なぜ長々とこんな話をしてきたのだ? と思われるかもしれないけど、多少なりとも理屈が気になる派(笑)としては、いったい「タッチで音色はほんとうに変わるのか?」「変わるなら、どうすれば変えられるのか?」って知りたいよやっぱり。

ヤマハのときの先生は、ほしい音のイメージを描くことでちゃんと多彩な音色で演奏ができる人だったけど、とにかく理屈はナイ人なので(^^;; 「ここはクラリネットの音よね?」といったり、「王子様がお姫様を助けに来たかと思ったけど結局逃げちゃった」といったり、私にも自分独自の「妄想」を迫ったりしたけど、私はどう妄想していいかも思いつかなかったし、クラリネットの音色にするにはどうすればいいかもわからなかった。それでまぁついていけなくなっちゃったんだけど。

今はイメージの描き方(単なる妄想ではなくて楽譜から読み取れることで)であれ、
打鍵の方法や方向であれ、
ずいぶん具体的に教えてもらっているし、
ピアノから得られるフィードバックもずいぶんわかりやすくなっているから(めるちゃんが来たから)、

昔よりはずっと…音色のことを考えているけど、
まだ「開通」した感じには程遠い。

もちろん、理屈で解決するとも思っているわけではないんだけど、多少なりともせっかくの自分の得意であるところの「理屈」を生かして進みをスピードアップできたらいいのに、とは思う。その助けにするには現状わかってることって力弱すぎる。

にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 物理的に、タッチで何が変わ... | トップ | 「ピアニストの脳を…」元論文... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Nekoushi)
2017-07-18 18:33:50
このシリーズ、とても興味深く読ませていただきました!
私は、アンダンテさんがこの記事で書いてらっしゃる、特に(2)と(3)に同感です。

単音のスペクトル解析で大きな違いがなくても、実際の演奏では、微小な差が累積されて違ってくるのか、倍音などが重なって来て差異が出てきたりするのかも…。これは多分、(2)的な考え方でしょうか。

でも、ピアノ弾きが「音色」と感じてるのが実は耳の錯覚で、正体は(3)で書いてらっしゃる内容だったとしても、それはそれで納得できますし…。

いずれにしても、ハンマーの運動とピアノの音の力学的関係って、解明されていないに等しい感じですね(^^;;
宇宙とか遺伝子よりも分かっていないかも!?笑
> Nekoushiさんへ (アンダンテ)
2017-07-19 21:50:45
はは(^^;;
気にし出すと気になっちゃいますよね~

こんなこと気にするより練習しろよって感じですけど(笑)
今の物理学の非力さにびっくりです。
もっとあるんですけど、それをネットに書くべきかどうかは悩むところで、、 (Megumi)
2017-07-20 17:55:35
このシリーズ、素晴らしいです。良く調べられましたね!
そして、仰る通り、物理に関しては「現状わかってることって力弱すぎる。」に同感です。

ただ、、、、、

雑音を出さないこと等も大事ではありますが、「これ以外の方法はない。」とは言えなくて、あるんです。
そして、音色の違いというのは、ホールで弾けば凄い違いになります。(ホールの響きも楽器の一部と考えられます)

複数の方法のひとつは、ここで「しなり」と言われているものです。「しなり」という言語表現だと大きなことに思えますが、非常に小さな動きで、しかも速いので、「ぽわんぽわん」と動くように見えます。その「ぽわんぽわん」と動く弾き方と「カキッ」と動く弾き方は違います。そして、それ以外にも、ダンパーの動き方の違いはあります。「ダンパー踏んでいれば指は離してOK?」の記事にあるように、市販されている書籍で、それを否定しているものがあることの方に、もの凄くびっくりしました。(@@)

よく生演奏を聴きに行く人達が言いますが、大ホールの上の方の席では多くの日本人ピアニストの音は届かない、とのこと。

私が伝えている音は届く音なのですが、でも、「それは、大きなホールでコンサートする人にしか需要ないよ、」と言われたらそれまでなんですよね。(^_^;)

でも、部屋の中でもチガイは分かります。

タッチについて、人生かけて分かったこと(複数の外国の先生のレッスンをミックスしてホールで何度も実験)を、全部ネット上に書くことが良い事かどうかは、まだ悩んでいるところです。

それでも、アンダンテさんが紹介してくださった情報を知ることは、「タッチ」に無頓着だった人々に、いつもとは違う角度から「やはり大事なのだ」と分かってもらうために、重要な助けになると思うので、、またリンクさせてくださいね。有意義な記事ありがとうございます。
訂正 (Megumi)
2017-07-20 18:12:02
すみません。文中、「ダンパーの動き方の違い」は「ハンマーの動き方の違い」の間違いです。訂正させてください。
> Megumiさんへ (アンダンテ)
2017-07-21 09:09:23
そりゃもう、「調べる」「ちゃっちゃと文章にまとめる」とかは得意中の得意ですからね(^^) 実際にピアノ弾くのは別問題だけど(-_-;;

確かに、読んだだけでわかるわけはない、けど聞いただけでもわかるとも限らない、読んだり書いたりして考えたことを生かしながら聞いたり弾いたりするとわかることも多いですね。

ただ、私は読んだり聞いたり弾いたりして考えたことをいくらでも書くけど(書くことまで含めて趣味だから)、別にわかったことを丸々開示するのは義理でもなんでもないわけで…

けど私はMegumi先生の記事を楽しみにしてます。

あの、ピアノの「遠鳴り」ってなんでしょうね。バイオリンも近鳴りと遠鳴りってあるそうですけど。ストラディバリはたった一人のバッハ無伴奏が数千人規模のホールの隅まで届くとかそういうの。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。