アンダンテのだんだんと日記

ごたごたした生活の中から、ひとつずつ「いいこと」を探して、だんだんと優雅な生活を目指す日記

教材扱いされてる名曲

2016年12月07日 | ピアノ
マイミクさんのつぶやきを読んでびっくりしたんだけど
「メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は教材扱いされていて名曲であることが忘れられている、グリーグのピアノ協奏曲のようなものだ」(「クラシック音楽館」にて、ジョシュア・ベルの発言)

   にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←だいたい「一本のものさし」なんてちっとも音楽的じゃないよ

メンコン(メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲)が名曲であることが忘れられてるですって!?(o_o)

…っつか、グリーグのピアノ協奏曲が「教材扱いされて名曲であることが忘れられている」かというとちょっとまさか(^^;;

とりあえず、メンコンをハイフェッツの演奏でどうぞ:
Mendelssohn Violin Concerto e-moll op.64

これ聞いて、「なんか易しい曲弾いてら、子どもっぽーい」って思う人はいないと思うが??
それがなんで「教材扱いされてる」って話になるかというと、ピアノ弾きの人にはピンとこないと思うけど
「メンコン」ってそちらの業界(?)ではわりと子どもが弾くらしいんですね。

コンクールとかでは小学校高学年の課題曲になったり。

これが「チャイコン」になるとだいぶ難しいらしい。もちろん技術的な意味での比較ですけど。

でも子ども「も」弾くからといって、大人が弾くに足らない曲だとか、
よい演奏をしても感動できない曲だとか、
あるいは素敵に弾くのが簡単な曲だとか、
そんなことは一切ないのであって。

でも、まじめにヴァイオリンを「勉強」していく中で、学ばなければいけない(というか、学ぶとたいへん役に立つ)題材として出てくるという意味ではまさに「教材」なわけだし、その「教材」列の中ではそんなに「後」のほうに位置しないとすればそれを軽く見る人というのがいるものかもしれませんね。

そういえば昔(高校生のとき)、ふだんピアノ弾いてないのに突然思い立ってチャイコフスキー四季の一月を弾いて発表会に出たんです。その話を聞いた、母の友人(同じピアノ科出身、ピアノ教師)が「あらすごいじゃない、十月とかじゃ簡単だけど一月は」って言ったの。

ここで、彼女は別に私の演奏を聞いてすごいとかすごくないっていったわけじゃないんです。あくまで、十月なら(高校生が弾く曲としては)簡単すぎるが一月ならわりと難しいから、ずっとブランクあったあと発表会でる場合としては十分じゃないかというニュアンスでした。

十月っていうと、つい先日、私が内藤コンサートで感動した曲ですよ。確かに、「音符が立て込んでない」白い系の曲で、だからもう、内藤先生が弾くとめっちゃ素敵だったんだけど…まぁたぶん当時の私がもし弾いてたら悲惨だったろうなとも思うので、十月を弾かなくてまだしもだった(かもしれない)。

チャイコフスキーの四季が特に教材扱いされてる曲だってことはないけど、仮に教材扱いしてみるとすれば(ピアノの先生の頭の中としては、どの段階の生徒にどの曲を弾かせることが可能かってのは重要なことだろうから)、正しい順序でとにもかくにも打鍵するという、その一点において一本のものさし上に曲が並び、その順序の中では十月はものすごく手前のほうにある。

で、いつもその判断を正確にすることに心を砕いていると、じっさいその曲がどう弾かれたか、聴く人の心にどう響いたか、ということが頭から抜けてしまう…とまではいわないにしても、「ものさし」上で扱える話じゃないから脇に置いてしまいがちってことはあるかも。

でも、要するに「教材」としてのものさし上ではぐぐっと手近に存在する名曲ってのは、これはもう大人ピアノ的にはとてもおいしい曲の宝庫といってもいいんじゃないでしょうか。

「手に当てる」のが易しくて、その先をじっくり工夫できますからね…

教材として易しいけど単に駄作ってんじゃダメですよ(^^;;

元々、「教材」って別にけなし言葉じゃないですよね。その曲から学べることがあるという意味ですから、プラスの表現です。

シューマンのユーゲントアルバムの解説によれば、クララ・シューマンの日記にこうあるそうです:
「子供たちがふつうピアノのレッスンで習う作品はとても良くない。ただからローベルトはほんとうの子供のための小品集を作曲し、出版するという考えを持った」

教材であり、優れた作品であるものを、世に送り出そうとしたのですね。実際、この曲集はよく売れたそうです。

(易しい)教材扱いされてる名曲をどんどん探して弾いてみましょう♪(^o^)/

にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
(今回もイラストはまたろう)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 演奏してから飲むか、飲んで... | トップ | ピアノ協奏曲とヴァイオリン... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (an)
2016-12-07 19:27:46
定番曲って、よくかけてますよ〜。
取っつきはいい割に深く知るほどハマる、弾くうちに技術的にも音楽的にも成長する、さらに、YouTubeには上手いお子ちゃまから同じような境遇のアマチュアの方さらにはプロまで沢山アップされているから励みにもなりやすいといいますか。

バッハのインヴェンションとシンフォニアも、モーツァルトのトルコ行進曲も、シューベルトの即興曲も、メンデルスゾーンの無言歌集も、チャイコフスキーの四季も、私は全部大人から出会いましたが、どれも大好きでCD集めるくらいハマってます。
でも、練習会とかで弾くと、教材扱いで聴かれる方もいて、「弾かれた曲は○○(曲集)の中では簡単な曲ですね」「昔○番まで弾いた」みたいな感想をいただいたことも…

そんな曲を、教材の枠を超えてハマったからこその演奏をしたいなというのが、私の目標かもです。
子供の頃に弾かされて、トラウマになって終わりだなんてもったいないです〜〜
> anさんへ (アンダンテ)
2016-12-07 22:07:27
> 取っつきはいい割に深く知るほどハマる、弾くうちに技術的にも音楽的にも成長する、
そうそう。お得感たっぷりですね。

教材としてよく知られた曲だと、名曲だろうがなんだろうが
「簡単/難しい」
の軸にしか落とし込めない見方の人ってのもいるんでしょうけどもったいないですね~ コンクールとか出る場合はその軸「も」重要なんだと思いますが。

まぁ気にするこたぁないです。素敵な曲を楽しく弾けばいいことです。
Unknown (ちひろ)
2016-12-10 23:27:22
子どものバイオリンお稽古に付き合い出してから、それこそメンコン=教材曲という感覚がよーーく分かるようになりました。
でも、それは教材曲だから軽んじられるとか名曲ではないという感覚ではなく、はっきり言って耳タコ状態でお腹いっぱいな感覚ですかね(笑)
子どもが小さい頃はまだ若干親も夢見がちで、高学年ぐらいでうちもメンコン辺りを弾くのだろうなぁとも思っていましたし。。。
ただ小学生でメンコンを弾くお子さんというのはかなり優秀な部類ですが(結局うちの中1息子はメンコンまでの道のりはまだ遠い)、そういう方たちこそ「小学生で弾くメンコンはまだまだ幼いメンコンで、この曲は一生取り組んでいかねばならない作品なのだ」という認識も明確なように感じます。
そういえばビバルディのバイオリンコンチェルトA mollもお稽古曲として定番中の定番ですが、あれは埋もれていて全然弾かれていなかった曲を鈴木鎮一が発掘したと聞いたことがあります。(真偽不明ですが(笑))
> ちひろさんへ (アンダンテ)
2016-12-11 20:08:45
そんな感じなのね~
まさに「耳タコ」(^^;;
勉強にもなり、素敵に弾けば文句なく名曲。

> この曲は一生取り組んでいかねばならない作品なのだ
いいですね。おなじ曲をまた弾いてみるというのは案外成長がはっきりくっきり見えるものですよね。

> 埋もれていて全然弾かれていなかった曲を鈴木鎮一が発掘した
そうなの?? あれ、私好きなんですよ~
私でもなんとか弾ける曲なのに、ホンモノ感のある曲。発掘した方に感謝です。

コメントを投稿

ピアノ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。