アンダンテのだんだんと日記

ごたごたした生活の中から、ひとつずつ「いいこと」を探して、だんだんと優雅な生活を目指す日記

これは弾いちゃいけない曲

2016年12月13日 | ピアノ
今日は、「めるちゃんれんしうかい」でした。つまり、通常はねこカフェで行われる「れんしうかい」を出張で、めるちゃん囲んでやろうって会でした。

   にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←ミニレッスンといいつつ盛りだくさんで二台コーナーまで到達せず

しかも、いつもの「オショーズ」(shig+夜毎屋+udurann)に加えて、おゆき先生まで来てくれるというゴージャスプラン。
生徒のほうは、私入れて四人。(先生と生徒が同数…)

私は、おゆき先生にシューベルトの即興曲Op90-3冒頭をお願いして、
shigさんにはライネッケのソナチネの合わせをお願いしました。

そういえば、私がこのシューベルトにずっきゅーんってきた話を書いたら、おゆき先生が
「弾いちゃいけない曲というのがあるとすればこれ」
みたいなことを言っていたのですが、そんなことを聞いたからといって取り下げるような素直な生徒じゃないのでそのままにしていました。

まぁそりゃ内藤先生が弾くのを聞いたらすんばらしかったといっても、自分で素敵に弾くのは難しかろうってことはわかります。
でもそんなこといってたら一曲も弾く曲なくなっちゃうので(^^;;

そういやたとえばエオリアンハープとか
(バス+とけあう内声+メロディ、って点では同じ)
似たような感じの難しさの曲もあったけど、それは特にやめとけと言われなかったので

とりわけなぜこの曲? と、本日真意を聞いてみたところ、

「長い」

…あーーそれな

素敵でなく弾かれた場合に聞いてるほうがよけいつらい。エオリアンハープはまぁまぁ早く終わる(笑)

この曲をメリハリなくノリわるく、だらんだらん弾かれたひにゃー、あぁまだなの?? って気分にもなろうってもの。
ナルホド

でも、とりあえずこの曲をめるちゃんで弾くと幸せな気持ちになるからいいじゃん?? 人前で弾くかどうかはこれから考えるよ。

ということでそのまま見ていただきました。ミニレッスンなので2ページだけ(というかそこまでしか練習してない)。

弾いてみると、おゆき先生の予想よりは内声がひどくなく(爆)
その点はまぁまぁなのでとにかくまずはメロディの歌い方。
忙しい内声に気がいってると切れ切れになりやすく。

(内声とメロディの弾き方の差については、
内声は「底」まで弾ききらない感じ
メロディは「底」まで弾くけど速やかに抜く感じ(すくいあげるような)
というふうに説明していました。)

メロディを歌うためにはまず、つなげないといけないのですが、音をつなげるってことは意識をつなげることで
メロディ打鍵→内声いそがしいいそがしい→メロディ打鍵→
というように、メロディの一音目から二音目の間に「よそごと」考えるようじゃダメ(笑)で、
メロディに継続的に意識を振り向けて、フレーズの形をちゃんと考えてないとね。

…えぇまぁリクツはそうかなと思うんですけどなかなかそうならないんだよね…

そしてベース。こちらも実はけっこう美しいメロディになってたりして、それでいて山谷は上のメロディとずれているのよね。
こちらもきちんと歌ったうえで、二つを合わせる。

…えぇ、えぇ、そうあるべきでしょうね。なかなかそうならないけど。

それと、強弱。だんだん小さくなってp(ピアノ)になるところと、急にピアノになるところとあるが、そういう切り替えをしっかりする(それが、全体を聞いたときに退屈するかしないかの分かれ目のひとつであろう)とか。

…それがどうも、難しいんだよね~

というわけで、ちゃんとそれらが無理なくできるようになるまで弾き込んでくださいよせっかくの名曲なんだから!!

というのがおゆき先生の本日最もイイタイコトでした。はい。
もう弾くなとはいわないから(言ってもきかないし!!)、弾くならじっくり取り組んでくれと。


ところで、shigさんに2nd弾いてもらった連弾、ライネッケというのはふだんあまり聞かない作曲家ですが、フルートでは有名曲があるんですよ(激ムズの曲)。このソナチネは、ねこカフェ発表会のソナチネコーナーで聞いて知った曲なんですが、今日合わせてもらった3番は、1stのほうだと、三楽章あるうちの第二楽章は「一音」しか弾かないんです。そして第一楽章と第三楽章は、指替え/ずらしなしで「五音」だけしかないの。超簡単なのにおもしろい曲で、たいへんお得です。

こんな曲→Reinecke Carl - Sonatina Nr.3 for Piano 4 Hands

にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
(今回もイラストはまたろう)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソナチネみたいに弾かないで | トップ | 腱鞘炎になるくらい練習して... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ピアノ」カテゴリの最新記事