アンダンテのだんだんと日記

ごたごたした生活の中から、ひとつずつ「いいこと」を探して、だんだんと優雅な生活を目指す日記

24調を通して聞きました

2017年08月13日 | ピアノ
いやぁ圧巻でした。24調を通して聞く(弾く)会。

   にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←24調セットで作曲した人ってのも案外たくさんいるもんだ

私は変ロ短調の担当でしたが、ひとり一調(っていうのか)担当して、24調ずらり並べる会。こんな会滅多にないです。運営はたいへんだったと思います…実際、ドタキャンが出た調は
「お客様の中でどなたか、ト短調の曲を弾ける方はいらっしゃいませんか~?」
ってなことをやらなければならず、その分は短い曲を搔き集めて「チームト短調」が担当するなんてふうにこなしてました。

調をどう並べるかだって、別に自明じゃありませんから、悩みますよね。

アルカンさんは、24調を二回りするにあたって、一周目と二周目で並び順を変えてますし
(彼のことだから、ふかーい理屈があるんだろうがよくわからん)

ショパンのプレリュードとバッハの平均律だって違うし…

今日の並び順は、シャープひとつからだんだん増えていって、
フラットの多いのからひとつずつ減っていき、
最後は調号なし(調合なしじゃないです)というふうに並んでいました。

オーラスはハ長調。ひとつだけ連弾の、サンサーンス動物の謝肉祭終曲で派手に締めくくって、いい感じでした。


それぞれ、調というものに本質的に「性格」はあるのか??

…平均律のピアノで弾くときに!?

とかいうと、そんな難しいことは知らんのですけども、
少なくとも作曲家が作曲をするその時に、調になんらかの意味を感じて作曲したんだとすれば、
いろんな曲がどの調にもランダムにばら撒かれたわけじゃないので。

たとえばモーツァルトはシャープとかフラットとかが三つくらいまでの曲しか書かないって決めてるらしいし、
ベートーベンは明らかに「この曲はこの調デショ!!」みたいのあるらしいし、
フラット多めの曲を探すとシューベルトになっちゃうし、
まぁなんかいろいろと偏ってますよね。

今日は、メジャーな作曲家の、耳馴染みのある曲のあれこれが
シューベルト、ショパン、ドビュッシー、モーツァルト
「おぉこの曲はこの調だったか」
とまた新鮮に聞こえてきました。

平均律のピアノで弾いたらどの調だろうが相対的にはいっしょだろう、と言われればそりゃそのとおりなんでしょうが、
少なくとも作曲家の「つもり」というのはあるということを感じました。

それと、この会の趣旨に賛同した人々がそれぞれリキ入れて選曲と演奏したのがまた素晴らしくて、それで全体として聴きごたえがあったという感じです。

弾いてみたい曲との出会いもありましたし…
一生弾けないけどいいなと思う曲(や演奏)もありました。

特に印象に残った曲メモ:
無言歌より「羊飼いの嘆き」/メンデルスゾーン
ピアノソナタ「月光」第一楽章/ベートーヴェン
亜麻色の髪の乙女/ドビュッシー
ノクターンop32-2/ショパン
ピアノソナタK.570/モーツァルト

さて私の今日の演奏ですが……
……ややこしい曲を二曲並べるのは無理だなって思いました(-_-;;

ま、もともとややこしい調に立候補したのがいけないんですがね。

ラフマは譜読みにすんごい時間がかかりましたがようやくあちこち「把握」できまして昨日あたりはずいぶん安定して弾けるようになってたんですよ。
でも、わかっているようで深く理解はできてないっていうか
いったん「あれ?」ってなっちゃうと回復できなくって
途中までものすごくよい雰囲気でしたが途中からわけわからんくなってしまいました。
私にとってはめちゃ集中が持続できないと弾けない曲で、ということは人前では無事に弾けないようです。

ラフマを一曲目にしたので、気を取り直してショパンはそれより無事に楽しんで弾き、
(…主観的には。ただし、くさぴあさんによればそんなんでもラフマのほうがよかったとか?)

助っ人出演の中田喜直はいい感じで弾きました(^^)


今日の録音…は、録音で聞くとちょっとツラい感じなんで
(ところどころいいところもあるけどアラがあらあらしすぎ)
参考録音(おうちでひとりリハ)だけ記録のためリンク(非推奨)
ラフマニノフ前奏曲op32-2
ショパンマズルカop24-4


にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子ども時代の幸せなピアノ | トップ | 違う調のAve Verum Corpus »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
えっ…? (でご)
2017-08-15 14:58:38
2曲ともすごくキレイに響いてましたよー! (変ロ短調スケールを弾いたあと横の席に引けてたので正面から聴くことができず残念でした…)
>でごさんへ (アンダンテ)
2017-08-16 07:04:56
ありがとうございます(^^)
でごさんの派手スケールのおかげでリラックスして弾き始めることができて、最初はイイ感じだったんですよね~
ややこしいところ、おうちでは弾けるようになってたのに、ハズし出したらわかんなくなって回復できず、カミカミだったので悔しい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。