弛まぬ空

酷く内面的な日記

飽和

2017-06-17 00:22:52 | 思考
経済学でも限界効用逓減の法則というのもあるし、何事にも飽きはつきものだ。

飽きたという名目じゃなくても、自然と離れていったものが沢山ある。

スポーツ・楽器・ゲーム・お酒・・・

基本的に職業にしなくてもいいものだから、問題はない。芸人、玄人、そんなものにもなる必要はない。
だが、最近、人付き合いというものに飽きを感じているかもしれない。
これは恐ろしいことだ。

だが、もっとも恐れることは、考えることに飽和状態がやってきてしまうことだ。
考えることを突き詰めれば哲学者になれる訳でもない。どれだけ考え、悩み、葛藤しても、その果てとして聖人、覚者なんてものに縁遠い人生もあるだろう。
それでも、考えなくなることは自分にとっての自殺だ。誰が何を殺すかはさておき。

願わくは、世界の側がいつまでも考える材料さえ提供してくれるように。
それさえあれば、食事と水以外にもはや必要なものはないかもしれない・・・
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 離ー人1 | トップ | 性別の無い世界 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。