弛まぬ空

酷く個人的かつ内面的な日記

感情・・・・

2017-07-08 00:42:30 | 思考
1月の親友との飲みで、

自分を苦しめているのは何か。それを対象化して捉えないと、いけない気がする。

と答えた。その時、それは「社会」であったが、社会など実在しない(※異論在り
それに、私は嘘をついていた。

社会-人間関係の前に、「私」を苦しませているものが「ある」とするならば、それは感情だ。
そして、感情というのは人類が環境への適応と自己保存のために、進化の過程で身につけた何かだ。

感情は希薄化している-そのために自殺願望も希薄化している。
だが、何より、そもそも他人のも自分のも、強い感情の発露に対して、一歩引いて眺めてしまう傾向にある。昔から。
特に、異性のは根深いものがあり、装い・欺き・打算で彩られたようにしか感じられなくなってしまった。

閑話休題。
昨年から、もし新しく交際して結婚まで至るような異性がいるとすれば、あおれはある意味「聖性」を帯びた女性だろうな、ということを思っていた。
だが、その聖性とは何なのか。

明日は実りある話し合いが出来ればいいなあ。
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貯まる澱と膿を最小限に | トップ | 黒い炎ー自死と自殺 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。