弛まぬ空

酷く個人的かつ内面的な日記

砂粒の存在

2017-06-28 14:01:57 | 思考
存在脅威管理理論には以前触れたことがある。
文化(への適合)が人を死の概念の恐怖から遠ざけるというのものだ。

例の歌舞伎俳優の妻のあれやこれやも、一過性のもので、本質的に死を考える機会にはならないだろう。

それはさておき、経済的には親(遺産を残した亡き父を含む)によって庇護されているとはいえ、自分の存在自体が何からも守られていないことに気づいた。
常に死と対峙する日々。。

大衆文化には迎合できず、
伝統・地域社会に守る能力はもうなく、
家族にだって本質的な居場所がない。

友人とは付き合いがあるが、彼らは「あちら側」の人で、デイケアの人も(あそこはリワーク中心だから)、再び「あちら側」を目指す人達だ。

別に今さら、「あちら側」の人間になれるとも戻れるともーいや、戻りたい思ってないが、昔は精神科に通いながらも境界線付近にいた気がする。

風が吹けば、誰にも知られることなく、吹き飛ばされそうな砂粒のような存在。。。

何か、退院してから久しぶりに起死念慮が出ている気がする。
あんまり続くようだと、今度こそ踏ん張れる自信がない。

追記

精神病患者だからといって、大衆文化の享受者でないとは限らない。
mixiで時々見かけたが、長年患っていていい歳してアイドルの追っかけしていたり、アニメオタクなのは信じられなかった。
多分、「あちら側」かは、精神疾患かどうかはあまり関係ないのだろう。
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« co-vary~薬と調子の共変→瞑想 | トップ | misery loves miserable company »

コメントを投稿

思考」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。