弛まぬ空

酷く個人的かつ内面的な日記

祈り

2017-05-05 23:33:47 | 思考
救われるから祈るのではなく祈るから救われるのです、か。


おおよそ全ての祈りは欺瞞だ思っている。
祈りのための祈りを除いて。
しかし、それ自体を目的とした祈りに、若干でも救いの期待をかけないというのは至難の業だ。つまり、動機づけるものが何もないという・・

そもそも、誰に、何に、祈るのか。
もし、故人のことを祈るというのならば、それは自分の中にある表象を含めた故人の有象無象の欠片に祈るということだ。
でも、その時に誰のために祈るのか。
それはもはや自分のためにでしかなくなってしまう。

では、自罰的な祈りはどうだろうか。
それはただのサディズムだ。罰することで何かを得ている。

誰のためにも何のためにもならず、もはや対象すら明確なものを持たない祈りはかくも難しい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« sensation seeker | トップ | 中途覚醒ー疲弊 »

コメントを投稿

思考」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。