弛まぬ空

酷く内面的な日記

高まる将来への不安

2017-05-17 12:22:46 | 思考
とにかく、今は障害者枠でも正社員は厳しいし、就労移行支援も厳しい。
絶望的に睡眠のリズムが悪いし、日中の調子も良くない。疲労感が常にある。

大学院という進路は今年度中は貫き通したいが、これにも悩みはつきない。
出身大学と同じレベルの研究重視の大学院に行きたいが、そうなると独り暮らしをせざるを得ない。そうなると費用的には実家からの倍近くかかる。
元から奨学金で賄うつもりでいるが、アルバイトもするつもりだった。

だが、今の調子だと、大学院のプログラムをこなすのにいっぱいいっぱいで、アルバイトなど出来ない。しかも、もといた大学の所在地ならともかく、関西圏だと気候や文化や地理に適応するのぬ一苦労だろう。
もといた大学も東北地方なので冬は季節性のうつが酷くなる恐れもある。

そうして大学院の博士まで中退せずにいくと、5年。
その後順調に職が見つかればいいが、そうならない可能性が高い。

入学金25万
学費52万×5=260万
家賃5万×60=300万

食費抜きで600万の借金を背負うことになる。
相続した手持ちのマンションを売れば何百万にはなるらしいが・・

あとは、学術振興会の研究員とか非貸与型の研究費用とかでしのぐしかないが、これにも選ばれる自信はない。

家族との仲も険悪だから、実家から出たいが、出ない方がリスクが低い。
その代わりに大学院のレベルが下がる。

しばらく、迷いそうだ。
リスクテイキングというものは正常な気分の時にするものだが・・
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 断念ー入眠恐怖と中途覚醒 | トップ | 特別視ではなく個別視 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。