ワールドメイト ハッピー ! ! !

ワールドメイトってどうしてそんなに楽しいの?ギャグの天才、深見東州(半田晴久)先生とワールドメイトのハッピーな活動を紹介

ワールドメイトでは、掃除と整理整頓は基本だよね!

2016-10-11 | ワールドメイトっぽい日々

ここ5,6年の間に、断捨離の流行や、あるいは掃除や整理整頓をすると運が良くなるとか、そんな本をいろいろな人が書いてきた。

掃除や整理整頓の励行は、いろいろな意味で良いということを、ワールドメイトでもずっと前から言われてきたけどね。世間では誰も気が付かないような、素晴らしい効果がある話もいくつか聞いた。


深見東州先生は、ワールドメイトができる前からお掃除やお片づけ、いらないものを捨てるということを徹底して実践されてきたようだから。

特に先生の恩師である植松愛子先生は、ある程度の期間使わなかったものは、もう使わないということで、思い切りよく捨てられていたようだ。


ということで、このシルバーウィークは、自分の家や支部の整理整頓に時間を割いてみた。

すると、こまめに片付けていたつもりでも、いろんな使わないものが溜まっていた。その時は、まだ使うからと思って取っておいたものも、結局使わないことがけっこう多い。

そんなものを思い切り捨ててみたら、すごくスッキリしてしまった。


あと、買った時にそこそこ良かったものやお気に入りだったものは、古くなっても捨てきれないでいた。なんだか捨てるのがもったいない気がするからね。

でも、1、2年も使ってなかったら、やはり捨ててもいいかなと思った。おそらく今後も使わないだろうからね。


掃除はできるだけ毎日やるようにしているけど、それでもいらないものが溜まってくると、気の流れも悪くなるようだ。いつの間にか良くない気まで溜まってしまってたように思う。

そろそろ片付けをしなければいけない、そう思っていたところだったから、この休みの間に、家もワールドメイトの支部もかなりスッキリとなって良かった。



ところでお話は変わるけど、地球温暖化対策の新たな国際枠組み「パリ協定」が、来月4日に早々と発行することが決まった。

これは、予想以上に早かったみたいだ。とても良いことだよね。


アメリカと中国の2大排出国が、この問題に関しては足並み揃えて協力し、早々と批准していたからね。そしてインドまでが、それに続いていた。

でも肝心のEUが、EU内の各国の割り当てのことなどもあり、全加盟国がそれぞれの国内で批准の決定をするのは、年内は無理だと言われていた。

だけど特例措置で、各国内における批准の決定はしなくても、EU全体として批准をするという決定を下した。

それですでに国内で批准することが決まっているドイツやフランスなどが加わったおかげで、発行に必要な要件を満たすことができたそうだ。


ただ、残念なことに日本は、批准案の国内での決定が遅れてしまっている。今日、やっと閣議決定をしていた。

でも国会日程にはTPPの審議もあるし、批准の手続きを終えるための国会審議の見通しは立ってないようだ。

そうなると、協定の具体的な規則に関する議論には、未批准の国は加われないため、不利なことになりかねないとの懸念が出ていた。

まぁ、日本は地球温暖化の抑制に貢献できる技術はたくさん持ってると思うけど、日本に過剰な負担がかかるようなことにならなければいいけどね。

京都議定書の時も日本にとっては苦しい条件になっていたし、今回はなんとかならないのかなと思う。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワールドメイトで聞いた、宇... | トップ | ISPSとタスクの「タイム・フ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (makoto)
2016-10-12 07:03:32
ほんまに、ワールドメイトは素晴らしい所ですね!こんなに自分が何も知らず、何も出来ていなかった事に気づかされます。。1年前の自分には、考えられない自分がいます。いやいや、感動です!
Unknown (ANCO)
2016-10-14 19:18:46
ええ、ほんまにスゴいところですよ。それに楽しいしところだし。☆♫ ٩( ´ᆺ`)۶♫ ★

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。