ひろぐ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

顎のその後

2017-04-29 | 日記
 顎を切った次女。
 縫っていない分傷が開きやすく、その状態で保育園に預けるのは危険なので
夫やばぁばにも協力してもらい、結局1週間休ませました。

 普段は保育園いややなぁとか言っている次女ですが、こけたらいけないので
暴れるな、走るな、ごはんこぼして顎を濡らすな・・・と、やいやい言われてもうウンザリ。
 週半ばには保育園行きたいなぁと言い出しました。

 まぁ寝込んでいるわけでもなく顎以外はすこぶる元気なので家でおとなしくできるわけもなく。
 火曜に病院に行って経過がよかったので、水曜は雨だったので家で過ごし、
木曜日にばあばに王子動物園へ連れて行ってもらいました。

 そして金曜にはまた病院へ行き、ついにテーピングをはがすことに。
 縫っていない分まだ十分傷は閉じていませんでしたが、それでも1週間でこんなに治るんだと驚きでした。
 子供の回復力は流石です。
 それでも顎はまだできたてのピンクがかった皮膚で頼りない感じだしまだじゅくじゅくした部分も残っていて、
更にテーピングするときは気づかなかったのですが、傷の横に青タンもできていました。
 よっぽど強く顎を打ったようです。

 今まではひたすら濡らさないよう気を付けていたのに、今度は逆にしっかりお風呂で
洗って清潔に保つよう言われました。
 朝晩薬を縫ってガーゼで保護し、また来週月曜に診察です。

 病院は遠いので車で行かないといけないし、いつも混んでいるので週2の病院通いも結構疲れます。  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こけた | トップ | 発表会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。