あなたを見つめて。。 monochrome life

モノクロ自家現像の写真を左のカテゴリー一覧からご覧ください。
当ブログ掲載の写真及び記事の無断転載・複写は禁じます。

Filmの逆襲    ロシアンカメラ kiev4 Rodinal 1:50 20℃ 1hour Stand development (無攪拌・静止現像法)

2011年02月06日 09時38分05秒 | フィルムカメラ・現像・RODINAL・XTOL

〈 見つめる 〉 Zeiss Jena Sonnar 5cm f1.5(1937年製 Noncort) AGFA APX-100 ロジナール静止現像(1:50 20℃ 1時間)




〈 見つめる 〉 Zeiss Jena Sonnar 5cm f1.5(1937年製 Noncort) AGFA APX-100 ロジナール静止現像(1:50 20℃ 1時間)



このkiev4(50mmF2つきで6500円)が買って2ヶ月で今週壊れてしまった(泣)

いや2ヶ月といっても実働は3回くらい日曜の夕方から持ち出しただけだった。

初めは1本のうち1/50秒から低速がシャターの後幕が下りなかったりするのが2,3コマだったのに、

(シャッターボタンを押し込まないとこの症状がロシアカメラでは出るそうだ)このフィルムは半分くらい駄目だった。

そして、先週の夕暮れにカラーフィルムを詰めて大阪の海抜0メートル地帯を写真散歩にでかけた。

撮影者なら誰でも年に数回は手応えのあるシーンに出くわすだろう。

僕もあるけれど、この日はそれが何度も訪れた。

夕日が遠く伸びた防波堤を逆光のなか少年がスケボーに乗ってこちらに向かってきた。

レンジファインダーは不思議なものでプリズムを介して覗くからか自然に構えても平気で相手を写せる。

相手と視線が合ってもあまり気にならない。

これは二眼レフにもいえることだが、ストレートに相手を見つめないことで心の中に安心感が働いているのかもしれない。

こちらが堂々とカメラを構えていると相手も自分を撮られているような緊張感はかえってないようだ。

これがデジ一の大きなズームレンズだとこうはいかない。

次にやくざ屋様のお兄さんを夕日をバックに写させて頂いた(こちらは恐いので背中だけ(笑))

そして海抜-0の路地を高台から見下ろしているとランプを点滅させながら疾走していくパトカー等々。

この日は他にEOS1-VにDistagon28mm付きを持っていたが、良いのはすべてこのkievで撮っていた。

期待してネガ現像(カラーの時はネガ現像のみ)を取りに行ったら、なにやら紙が入っていてシートにネガが見えない?

ケース長巻のままだ?あぁライカM3でもときどきあったコマ間を機械で切り出せないんかな?と

がぁ~ん!!

全コマ感光してました!シャッター膜が開いたままでした!

帰ってkievを調べるとシャッター音はちゃんとしているのにシャッター膜は下りず途中で止まったままだった(泣)

74年前に天才ベルテレによって造られた孤高のハイスピードレンズZeiss Jena Sonnar 5cm f1.5(レンズコーティング無しで安値)と

戦後の混迷期Zeiss Opton Sonnar 50mm f1.5 T(絞り値重く安値)を買っていたのに(どちらもライカと比べて人気無くライカの1/3~1/4の価格)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

① あらかじめ22℃~に暖めた部屋にロジナールを50倍に溶いた20℃の現像液、ステンタンクを予熱しておく。

② 慎重に泡を立てないように注ぐ、前攪拌も泡取りのタンクを叩くこともしない。

③ そのまま20分ほど様子を見て熱ければ濡れタオル冷たければドライヤーでステンタンク内を調整しながら温度変化がないようなら1時間そのまま。

④ 結論は、8~13分の現像と僕にはあまり違いが判りませんでした(笑)

⑤ ただ露光オーバーのネガ濃度が濃いコマもハイライト部が潰れたり、ハイコントラストになったりはしませんでした、無攪拌でも現像ムラはありませんでした。

⑥ 希釈率と時間ではネガ濃度は変わりますがある濃度以上には進行しないということが分かりました、ただ温度を上げる、前浴する、攪拌でコントラストは上がります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Filmの逆襲        ... | トップ | 見送る        Rolle... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (poem)
2011-02-06 20:47:20
ご愁傷様です。
直輸入にはこの危険があると誰か言っていましたが。
現実に!!
私はこんな良い写真撮れないのに
長生きです。
世の中矛盾だらけ
Unknown (M)
2011-02-06 20:55:21
手応えがあったフィルムが・・・

オールドモデルでは時々ありますよね
自分も数回
最近ではミノルタハイマチックFで電源故障で未露光
帰ってきたフィルムは真っ黒でした(T^T)
でも、止められないフィルムカメラです
poemさん (ゆう)
2011-02-07 19:54:55
フィルム1本駄目だったのは初めての経験です。
も少しこの白黒フィルムを現像していれば、カラーを詰めずに済みました。
で結局はCONTAXⅢのボディのみを15000円で買ってしまいました(笑)
kievはレンズがまあ良かったから、今回はレンズ代+勉強代と考えることに。
Mさん (ゆう)
2011-02-07 20:02:18
ミノルタハイマチックってよく写るんですよね、まあライツレンズのOEMをするくらいの会社だったですからね。
Mさんは『フィルムを月に1本使うの会』メンバーだったのですか?
僕は趣旨に賛同してネット会員させてもらいましたが、まだ何処にももアクセスせずです(汗)
リンクありがとうございます。
ブックマークさせて頂きました♪
あらら・・・・ (バク)
2011-02-08 14:50:22
なんと残念な・・・・(^^;
それにしてもこの撮影地は面白そうです。
大阪も南の方はカメラを持って出かけたことないので、
今年はいつもと違う世界を探しに南下してみようかなぁ。
バクさん (ゆう)
2011-02-10 17:26:45
このイコン?絵画風落書きは僕の近所の阪和線高架下です。
たまたま自転車でとおりかかったら、先週までなかった落書き。
実物は濃いブルーと黄色で描かれてました。
翌日の昼休みにカラー詰めて自転車で行ったら、真っ白なペンキで塗り直されてたので、これは貴重な写真(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL