心と体を通して見えてきたもの

個人的な生まれ変わりの体験談。心とは?カルマとは?人間の本質や使命とは?
といったことを考えてます。

第3章 光とともに ナンバー1576

2017-06-16 20:56:32 | Weblog
「カシミール効果」が働くのは、金属板のあいだのわずかなすき間の中だけです。
この金属板と同じような働きをするものが宇宙空間に存在していれば、特定の周波数の光だけが存在する空間ができることになります。
そのような空間で、水素原子だけが引力によって集まり続ければ、ヘリウムのかたまりをつくり始めるでしょう。
こうして星が誕生したと現代物理学は言っているようです。
この銀河宇宙にはたくさんの星がありますから、より効率的にたくさんの星を生むために、水素自身が持つ重力に頼るだけでなく、水素以外の力が外部から加わったり、急激に膨張している空間の中でもっと星をつくるのにふさわしい環境をつくって水素を集めたりすることが必要だと思います。
星が誕生するための環境を万全に整えることで、「カシミール効果」も効率的でより有効に働くことができると思います。
では、こうした「カシミール効果」が生まれ、働きやすくするための働きをする物質とは、何でしょうか? 
それは現在の宇宙にも存在していて、この宇宙を形づくり維持するための効果を発揮しているものと考えると、暗黒物質や暗黒エネルギーが思い浮かびます。
「カシミール効果」は2枚の金属板の内側だけである特定の限られた周波数の光だけが存在することで働きます。
同様に暗黒物質の内側で一つの銀河がまとまることができているのは、その銀河に必要な周波数の光だけが存在できるように、周囲を暗黒物質によっておおわれているからではないでしょうか。
ナンバー1577につづく

ひとりごと
みなさま、今日も一日お疲れ様です。
仕事の後、急いで帰宅して、書きました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第3章 光とともに ナンバ... | トップ | 第3章 光とともに ナンバ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事