本日、快晴。

映画中心雑記。後ろ向きなポジティブが売りです。

永い言い訳【映画】

2016年10月18日 | 【映画】


@TOHOシネマズ新宿

『ヒメアノ~ル』べた褒めの私ですが、
今年は間違いなく、邦画の当たり年だと思います。

洋画に手が回らないくらい、
邦画ばっかり観ています。

そんな中でも、本作は頭ひとつ抜けている気がする。

どうしよう。
今年のランキング、すでに物凄い混戦なのですけども。

------------------------------------------
人気小説家の津村啓こと衣笠幸夫(本木雅弘)の妻で
美容院を経営している夏子(深津絵里)は、
バスの事故によりこの世を去ってしまう。
しかし夫婦には愛情はなく、幸夫は悲しむことができない。
そんなある日、幸夫は夏子の親友で旅行中の事故で
共に命を落としたゆき(堀内敬子)の夫・大宮陽一(竹原ピストル)に会う。
その後幸夫は、大宮の家に通い、
幼い子供たちの面倒を見ることになる。
------------------------------------------

何が良い、というより、
悪いところが見当たらない作品。

傑作だと思います。
私は、西川監督作品の中で、一番好きです。



物語の展開は、
妻を愛せなかった男が、
失った後にその大きさを知る、という
比較的、シンプルな、話。

しかしながら、そのシンプルさが、本作の強みであり、
西川監督の手腕が光るために必要な要素だったのだと思います。


「因果応報」
「自業自得」
という言葉で表現するのは余りにも陳腐ですが、
"戻れない"中で、人がどう後悔し、前を向いていくのか、
不器用で、人間味がある登場人物達を通して、
淡々と続く日常が、丁寧に描かれています。

嘘くさくない程度に、ドラマチックな要素もいれつつ、
フィクションとリアリティの配分が、ちょうど良い。

人間だから、そんな簡単に割り切れないけど、
人間だから、経過する時間を無視もできない。

押しつけがましいメッセージは一切なく、
でも、人間の強さと弱さを、描いている作品です。



それと、個人的に特筆すべきは、セリフ。

冒頭、居心地の悪い夫婦の会話劇を観て、
ああ、この映画は当たりだぞ、と確信。

作中に語られるセリフが、1つ残らず、素晴らしい。

善意も、悪意も、
作中のセリフに、しっかり感情が入って発せられているというか。
シンプルな言葉がリアリティを帯びているというか。

言葉の選び方とか、単語の並べ方とか、
奇をてらわない表現だからこそ、
非常に美しくて、自然に感情移入してしまう。

言葉に感情が乗っていて、観客の胸にストンと落ちる感覚。

何だか、物語とは別のところで
素直に感動しました。


役者陣については、言うまでも無く、全員素晴らしい。
細部にまで手を抜かず、圧力的なものとも縁遠く(見える)、
手堅く成功したキャスティングですね。



近い作風だとは思いますが、
師匠とされる是枝監督は、あまり負の要素を全面的に出さない印象です。
だけど西川監督は、
キレイな日常の中に、結構しっかりと人間の醜さを混ぜてくる気がする。
そこが好きなんです、個人的に。


いやー、大満足。


もう1回観たい‼というより、
1回で十分、腹に落ちる映画です。素晴らしかったです。

DVDとかでも良さは変わらないけど、
こういう映画は、もっと評価されてヒットすべきと思うので、
是非とも皆様、映画館でどうぞ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーバー・フェンス【映画】 | トップ | お父さんと伊藤さん【映画】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。