本日、快晴。

映画中心雑記。後ろ向きなポジティブが売りです。

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ【映画】

2017年07月27日 | 【映画】


@新宿ピカデリー

-------------------------------------------------
2017年東京。
看護師の美香(石橋静河)は病院に勤める傍ら
夜はガールズバーで働き、漠然とした不安や孤独の中で日々過ごしていた。
一方、工事現場での日雇い仕事に従事する慎二(池松壮亮)は、
常に死の気配を感じながらも何とか希望を見いだそうとしていた。
排他的な都会で生きづらさを抱えつつも、
懸命に生きるすべを模索する二人が出会い……。
-------------------------------------------------

原作は詩集。
だとすると、物語は、監督の創作がほとんどかな。

甘ったるいラブストーリーを観なくなったものの
恋愛モノがキライじゃない私が、
非常に好きな空気感の映画でした。

感情の動きが、見えなそうで見える感じとか、
ぶっきらぼうでも、愛が感じられるセリフ回しとか、
ストライクでした。

池松氏は、恋愛モノ向かなそうなのに、
やはり、上手いのでしょう。
ヒロインも、ナチュラルな感じが良いです。
もう少し可愛い子でも良かった気がするけど、
普通っぽさが彼女の魅力かなと。

台本がどうなっているのか分かりませんが、
漫画実写化が続く中、
こういった、自然な会話を成立させる映画は、とても貴重です。

ストーリー性はあまりないですが、
個人的には、ものすごく好き。オススメです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無垢の祈り【映画】 | トップ | BLAME!【映画】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

【映画】」カテゴリの最新記事