端布に恋した私

小さな端布を 縫い集めてつくるパッチワークは 
私の楽しい趣味の一つです。

歯ぎしり

2017-03-21 | 趣味

ちまちまと作っている 袋を見てもらいたいと 不純な動機で始めたブログですが いくら私がおしゃべりでも 

毎日のブログでは参ってしまいます。

田舎の生活は そんなに変化のあるものではありませんし 普通の凡人の 高齢者の生活ですから そんなに面白いこともありません。

毎日の おかずも そんなに豪華なものではありません。

家族のことばかりだと のろけのように思われそうだし gooは ブログ開設4189日だと 表示しています。

休めば悔しいし 何か忘れ物をしているような気になります。

そんな私 加代子さんの小物をネタにしようと カメラに 納めました。

素敵でしょ。

板かるた 古銭 昔の蚊帳の吊り輪 これには彫刻がしてあります。 きっと本麻の上等の 蚊帳についていたものでしょう。

赤いサンゴが いい色です。

地味な 細い紐縫うのも大変ですが ひっくり返すのがまた難儀な仕事です。

本物の 古布の絹の布でないと 出来ません。

二つと 同じものがないのが すごいですね。  歯ぎしりしながらため息をついている私です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お大師さま | トップ | 紙 袋 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
山サンゴ? (RIN)
2017-03-22 08:27:32
このサンゴは先日の山サンゴと同じ様なものなんでしょうか?(山サンゴ、先日初めて知りました)

御大師様の所のお料理の中でツヤツヤした卵の黄身、金柑の甘露煮、のようなもの何なんでしょうか?

昨年末、70になりましたので3月末で営業マン生活、おしまいにしようとその旨話ましたがもう少し頑張って と言われましたので続けます、今月、気持ちを引き締めるため穴熊の女房さんに教わった浅草 二天のBOROに寄りたいと思ってます(以来 3回ぐらい行ってます)たるんだ気持ち、奢った気持ちを正されます、
RINさんへ (穴熊の女房)
2017-03-22 08:57:20
ありがとうございます。
テレビのアメリカ対ジャパンの始まりを待っていつつ ゴロゴロのごみ取を動かしつつ パソコンを見ています。
お大師様のごちそう
ご飯は 小豆を入れた普通のお米のご飯です。
もち米でないのは 伝統です。
たくあん 高菜の漬け物 イカン手の即席漬け
切干大根の甘酢づけ などの漬け物
きんかんは 半分に切って種を取って 焼酎砂糖で煮たものです。
黒砂糖の蒸しパン 紅茶のケーキ とデザートです。
白和えは こんにゃく 人参 ふだん草をゆでて 少し味付けし お豆腐 ゴマ落花生で味を調え和えたものです。
料理上手が 采配を振るい 若いものが従います。 30代から80代まで 交流の場です。
一昔前までは 葬式 婚礼 節句 年忌と ご近所に手伝ったもらって 済ませていましたが 今はそれもありません。
浅草の ボロの博物館 私も一度は行ってみたいものです。
49歳です (はな)
2017-03-23 20:26:50
わたし毎日こちらのブログを楽しみにしてます。
手足を動かし美しい縫い物、 美味しいものをつくれる穴熊の女房さんを人生の先輩としてあこがれています。手間をかけるってやっぱりいいなって思います。元気に楽しんでブログ続けてくれたら嬉しいです。
はなさんへ (穴熊の女房)
2017-03-24 07:45:40
ありがとうございます。
お若いですね。 私先週78歳になりました。
順調に 年寄りになりつつあります。
この年齢になっても まだもがき あがいています。
なるようになるわーと 開き直って過ごす 毎日です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。