すっぴんハート

心の声、つぶやきを思うまま綴ります

パンツの一周年

2017年05月20日 | 思うこと

1年前、新しいパンツをおろしました。

履いてみると、しっかりとした生地で体にフィットするナイスな奴です。

そのパンツを旅行に持って行きました。

あれから1年、そのパンツを履きたおし、よれよれになって、全体のゴムが伸びで、倍の大きさになってしまったんです。

ちょうど、替え時です。

いつでも替えることが出来たんですけど、是非、そのパンツをおろした一年後に替えよう。と、よれよれになり可哀想なパンツをもたせました。

やっと、新しいパンツに履き替えることになります。

なんか、気持ちも晴れ晴れで、「おニューなパンツを履くことが出来る。」という歓びが沸いてきました。

そういえば、こんなにパンツに執着することは今までにありません。

少し「よれっ」としたら履き替えるパンツを1年も持たせたんです。

なんか、自分が妙にせこくて、偏った人間のように感じるのです。

しかし、こういう、「あの時、旅行の時に下ろしたパンツとお別れ。」の気持ちに浸ってしまうのです。

普通の人は、こんな思いをしているのでしょうか。

パンツを履き替えたら、思い出と一緒にゴミ箱へ放り込むような気分。

なんか、今の私は変に清々しい気持ちで、値札をはずして、大きめのパンツを広げているのです。

 

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミステリー | トップ | 頭が固いのは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

思うこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。