すっぴんハート

心の声、つぶやきを思うまま綴ります

自転車のタイヤに空気を入れる

2017年06月15日 | 思うこと

だんだん自転車が重くなってきました。

私の足の力が衰えたのだろうか。とも考えたんですけど、「もしかしたら、自転車のタイヤの空気が抜けているのかも。」ということも考えました。

昨日、愛犬の散歩のときに、自転車に乗ったおじさんが、しきりにタイヤの空気圧を見ていたんです。

タイヤ自体そんなに空気が抜けているようではないのですが、気になったのでしょう。

そういうこともあり、朝からタイヤに空気を入れておいたのです。

たぶん、本当に空気が抜けているようで、空気入れのポンプがシュッシュと、簡単に下がるんです。

ついでに、母の自転車のタイヤにも空気を入れておいたんですが、これは本当に抜けているようで、ポンプがめちゃめちゃ軽く、何度もポンプを押して空気を入れました。

空気の入れたての自転車は乗るとき、ちょっと怖いのです。

ハンドルがとられ、まっすぐ前に進まないのです。

でも、やけに自転車が軽くなり、「快適、快適。」と、ペダルをこぎます。

ちゃんとムシを締めているにも関わらず、空気は抜けていきます。

定期的にタイヤに空気を入れて、メンテナンスをしないといけません。

ずっと、放っておいたせいで、自転車が重く感じることになってしまいました。

ここ数日、自転車を乗りまわして、やっと気付いたことです。

「ちょっと、ダメだなぁ。」と、自転車の気持ち(?)も感じ取れるようにならないといけませんね。

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅茶 | トップ | 窓ガラスを拭く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。