夢で愛ましょう!すべてのひとが幸せにあるために  姫野修一郎

どうしたら幸せに暮らせるのか。ご一緒に考えてみましょう。あなたにたくさんの祝福がふりそそぎますように!

洛北 蓮華寺をお参りする。

2017-05-17 23:44:10 | Weblog
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 5・17(水)


   洛北 蓮華寺をお参りする
            
                
 姫野です。
 今日京都は気持ちのよい晴れの一日でした。
 

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。
 京都では田植えが始まっています。


   風そよぐ 可愛や苗の 初五月

              修一郎

  (意)
   まだ植えたばかりの苗が初めての
   さつきの風にゆれています。
    秋に無事に豊かに実ってくれることを
   願います。


 今日は洛北比叡山のふもとの八瀬の入り口
 にある、蓮華寺にお参りに行ってきました。
 (拝観料 400円)

 散歩がてら家から自転車でぶらぶらと行くことに
 しました。
     
  八瀬大原へ行く道を川沿いに、叡山電車沿い
 にのんびり行き、三宅八幡の赤鳥居を過ぎると
 すぐにあります。


 先日乗ったタクシーの運転手さんがお薦めと
 おっしゃっていて、僕はまだお参りしたことが
 なかったので、今日出かけました。


 場所も悪く、小さなお寺です。
 加賀前田藩の老臣今枝民部が先祖を弔うために
 建てたお寺です(1662年)。
 このお寺は何がいいのかというと、かかわっている
 文人がよいのです。

 石川丈山、狩野探幽、木下順庵などが建物・作庭に
 かかわり、小さいながらなかなか味のあるお寺です。
 かかってある「書」もどれもなかなかです。
 味があります。


 本堂の阿弥陀如来も鎌倉時代作とのことですが
 金箔もきれいに残っておりなかなかです。

 ただ、お金の問題もあるのでしょうが
 建物が相当に傷んでいるのがちょっぴり残念です。

 ゆっくりお参りいたしました。
 (まあ僕の評価は100点満点の60点というところ)

 皆さんに、「ぜひに」とお薦めするまでには
 いかないかな~。というところです。


 さて
 幸せのために、ブッダの言葉です。


 自己を制し、他人を利益し、慈しみに
 満ちていることが法である。

 それは今世においても、後世においても
 果報を生み出す種子である。
 

 自分というのは
 あらゆるものとの関係性の中で存在しています。
 縁起の中でつかのまの今、その姿を結んでいる。

 といえます。

 今のあなたは
 縁起の中で、かりそめに今のあなたとして
 存在していると言えます。

 変えたいときは、自分の縁起を変える。
 しあわせになりたければ、縁起を変える。


  縁起を観るものは 法を観る


 あなたは今、日々どんな縁起を結んで暮らして
 いるでしょう。
 慈しみに満ちているでしょうか

 慈しみのこころは
 無理にそう努力するものではなく
 人の本来の属性だと僕は感じます。
 

 あなたは本来仏さまなのです。
 ですから、しあわせになるのに
 もう手遅れということはありません。


  
 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 案ずるな嘆くな必ず救うてやる!
 大乗仏教のこころです。

 ひとしく人として生まれて
 不幸な人など
 この世にいてよいはずがありません


 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
⇒ http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 あなたは身体ではありません。

 できると信じればできる。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 龍安寺の石庭に想う | トップ | なまけ者がさとる道 »

あわせて読む