望子のただいま稽古チュッ!

稽古、公演、プライベート
・・・オバサン役者、木村望子の日々。

稽古場ウラ写真・・・「何やっとんじゃ?」その2

2013-08-31 00:24:34 | 舞台・ウラ話

さてさて、昨日からご紹介しております、
何の変哲もない長机。


今回、この机は、間仕切りだけでなく、
もうひとつ、重要な役目がありました。


それが、これ。


いよいよわからない(笑)


実はこれ、エレベーターなんです。

物語の舞台となる家が、
エレベーターのある豪邸なんですね。



劇中では、このエレベーターが、
何度も上がったり下りたり、
そして人が出たり入ったりするため、

それを稽古中からちゃんとやっておかないと、
間も変わるし、芝居も変わってしまいます。


そこで、空いている役者が「よっこらせ」と動かして、
ドアの開閉(のつもり)をやるのです。


ちなみに、指を1本立てているのは、
「今、1階に降りた」というサインです。

どこまでアナログなんだと感動的ですらありますが(笑)


エレベーターは、もちろん本番中も手動。
本番中は、舞台監督さんがやってくれていました。


あっ、もちろん、
ホントに上がったり下りたりはしませんからね、念のため





人気ブログランキング
 ブログランキング参加中。
よろしければ、クリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

稽古場ウラ写真・・・「何やっとんじゃ?」

2013-08-30 00:38:32 | 舞台・ウラ話


アクティングスペースがわかりやすいように、
机で舞台の仕切りをしている、その下から、
うつぶせで稽古を見続ける1人の男。



私が撮った写真の中でも、
彼がこの場所にいる確率がすごく高いんです。

彼とは鈴木顕吉くん。
けっこういろんな表情を作りながら、
こうやって稽古を見ているんですが、

別に彼が変態っぽいワケではなく、

ここは何かと仕事があるんですね。


たとえば・・・、



これ、何だと思います?


毎度おなじみ、稽古場名物、代用小道具!
バケツに見えますが、ゴミ箱です

ま、その前のシーンでは、
掃除用のバケツとして使ってるんですけどね。


でも、ここでは、ゴミ箱です!

相変わらず仕事もせずにフラフラしている恋人、
恭平が置いていった競馬新聞を、
久美がゴミ箱に乱暴に捨てるというシーン。


それがね、意外なことに、
競馬新聞って、しっかりしてて、
バケツだとすぐ引っくり返っちゃうんです。

引っくり返ると芝居のテンポが崩れるので、
とりあえず、人力で押さえておくということに。

説明しなきゃ、絶対にわからない話



この机は、仕切りの他にも、
いろいろと変身するのですが、

この続きは、また明日にでも。





人気ブログランキング
 ブログランキング参加中。
よろしければ、クリックを!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

稽古場ウラ写真・・・「代役」

2013-08-29 00:32:26 | 舞台・ウラ話

みんなの記念写真に、なぜか白髪のおばあちゃんが!


うん、やっぱり10歳は老けるな。

いや、それはいいんですが、
もちろん代役です。

自分の衣裳のまま、
イールスのたまり場の、
スナック向日葵のママをやっています。


本当のママはこの☆のかた。


うーーむ、私、真ん中に行きすぎたな。
今さら遅いけど、反省・・・。


何故こんな、ベタな記念写真があるかというと、

ご覧頂いた方はおわかりでしょうが、
毎回、舞台上で本当に記念写真を撮っていたんです。


面白いのは、
ダブルキャストの2チームで違うのは当たり前として、

同じチームでも、
その日によってちょっとずつ違ってて。

毎回写真が残っていくという珍しい状態だっただけに、
その違いも全部、残ったんですね~。


演出上、一瞬で集まらなきゃならないので、
きっと、間に合わなかったりとか、
いろいろとあったんでしょう(笑)

そこが生の面白さです。



しかし、

「はーい、撮るよー。はいチーズ。カシャ!」

という、この「カシャ」の間に合わせて、
スマホや携帯を起動させるのが、
かなりの難物だったのだとか。


ずっと芝居をしながら、
頃合いを見計らって起動させ、
カメラモードにセットして、

絶対に間を外すことなく「カシャ」を出す。

これが、

「はいチー・カシャ!」でも、

「はいチーズ・・・・・カシャ」でも、

ダメなんですね。

この苦労話はあとから聞いたのですが、
なるほどなぁと、あらためて納得。

一緒にやってても、
人の苦労はわからないものです。

(うーーむ、平凡な締めじゃ。
 悔しいけど、何も思いつかん








人気ブログランキング
 ブログランキング参加中。
よろしければ、クリックを!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

稽古場ウラ写真・・・「ぽつり、と」

2013-08-28 00:32:38 | 舞台・ウラ話

ということで、ウラ話・ウラ写真、
そろそろスタートしたいと思います。

まずは、稽古場での「ウラ写真」から。
(ホントにこの名前、誤解受けそうだなぁ


以前にも書きましたが、

役者って、意外に1人が好きな人間が多いんです。

自分1人で考えなきゃならないことも多いし、
出の前に、もう一度台詞を頭で回してみたいし、

だから、

仲良くつるんで稽古を見る、
なんて面倒なことは、あまりしません。


 特に稽古も終盤になると、

あっちにぽつり、


こっちにぽつり、


けっこう、恐い顔をして、1人で見ています。



 こちらは出の前。


後ろを向いて、ひたすら集中。
絶対に声をかけてはいけない時間です。



 これは休憩時間。

左は頭を抱えて考え中。右はお休み中(笑)


お笑い系のキャラクターの人が、
意外にストイックだったりします。



老夫婦のように休憩中の2人。
でも夫婦ではなく、兄妹役です。


並んでるけど、それぞれ1人。


彼女は、私とダブルの大塚みどりさん。
やっぱり、白髪つけると老けますねぇ。

こうやって見ると、
あらためて実感します。

ということで、
次は私の「場違いな」白髪でもいきますか。







人気ブログランキング
 ブログランキング参加中。
よろしければ、クリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ただの思い出話を、まだ引っ張ってます(^_^;)

2013-08-27 01:02:42 | 演劇・舞台・小劇場

主役の太郎君が、
小ネタをひとつ入れるためだけに、
野球チーム・イールスのTシャツを作った話を、
延々と続けていますが、


いくら苦労しても、所詮、衣裳は衣裳。
終わったらそれでおしまいです。

それが当たり前。
 
 なんですが・・・、


千秋楽が終わり、セットもバラして、
みんなが楽屋で、ホッと座り込んでいたとき、

太郎君が、大きなスーツケースから、
ごそごそと何かのかたまりを取り出したのです。


何事かと思って見てみると、

  なんと!


山ほどのイールスTシャツ


キャスト・スタッフ、25人全員に、
作ってきてくれたのです。

それも、1人1人、サイズも合わせて・・・。



「これで何日、徹夜したのー?」
「もったいなくて着られないよー」
「夜中に1人で作ってる姿想像したら、泣けてくる~」
「いい奴すぎだー」

みんな感激を通り越して、
おかしなテンションになっていました。


「皆さんにお世話になったので」
・・・って、冗談じゃない!

彼の明るい演技に、
みんな、どれだけ引っ張ってもらえたか。

舞台を降りても、皆に気を配って、声をかけて。
痛々しいほど頑張ってくれてたじゃないか!



その上になんと、Tシャツだけでなく、
イールスの歌のCDまでつけてくれました。

そういえば、
音響さんと何か打ち合わせをしてたっけ。
ご丁寧にカラオケバージョンまでついてるよ~。


彼のことは「過酷」というタイトルで、
ご紹介したことがありますが、
まったく、もう、なんてヤツなんだ 


もちろん、
主役をきちんと務め上げた自負があるからこそ、
配れたのでしょう。

もし、舞台の方でコケたら、
「こんなもん、作ってるからだ」
になっちゃいますからね。



・・・と、これだけのハナシなんです。

感激した、ってだけの。

オチもありません。

でも書きたかったので、
書かせて頂きました。



これで思い出話は終わり。

次からはウラ話スタートです!

・・・ま、ボチボチと、ね 





人気ブログランキング

 ブログランキング参加中。
よろしければ、クリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思い出話のくせに無駄に引っ張ってます(^_^;)

2013-08-26 00:35:20 | 演劇・舞台・小劇場

さて、我らが主役の藤澤太郎くん。
尋常じゃない出ずっぱりの主役にもかかわらず、
こんな
イールスのTシャツを作って、
ネタをひとつ増やしてくれました。


もし、これが私だったら・・・、

もちろん若さは違いますが、
その役のプレッシャーだけで、
あとは何にもできなかったろうと思います。


公演中は、久美役の有田佳名子ちゃんの、
剥がれかけたアイロンプリントを、
マメに直して(洗濯すると剥がれやすい)
・・・まるで本物の恋人みたい。


そうなんです。
恋人役とか夫婦役って、
普段から仲良くしようと努力することが、
すごく大事なんですね。


といってもね~。

仲良くなんてできるかっ、みたいなヤツも、
中にはいて・・・、

顔見てニコッと笑われただけで、
もう、虫唾が走るわっ、みたいな・・・、


ととと、これはまた、
昔のウラ話のときにでも書かせて頂きます。


あ、でもね、
顔が気に食わないとか、臭いとか、
そんなことで、嫌ったりはしませんよ。

ただ、意識の低い人間がイヤなんです。

芝居に本気で向かっていないエセ役者は、
稽古場の空気も汚してしまいます。

その昔、嫌いまくった夫役も、
あり得ないほど意識の低いヤツで・・・、


あ、いや、だから、
別の機会に書くんでした、はい。


ということで、話を戻しましょう。

主役の太郎君が、
野球チーム・イールスのTシャツを作った話です。

小ネタのためとはいえ、
なかなかの出来で、苦労がしのばれましたが、

そうは言っても、
どんなに苦労したところで、

衣裳なんてものは、
終わったら、それでおしまい。

それが当たり前、なんですが・・・。


・・・なんて言ってるうちに、

・・・長いですね~。

すみませーん!
あと1日、引っ張ります 

ということで
     
   (つづく)






人気ブログランキング

 ブログランキング参加中。
よろしければ、クリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お詫びして訂正(笑)

2013-08-25 11:19:31 | 演劇・舞台・小劇場

私、昨日のブログで、

  だいたい「イールス」なんてフザケた名前のチームが、
  世の中に存在するとは思えませんしね。

・・・と、書きました。

・・・たしかに、書きました。

 ・・・


 あーーーん!

 ごめんなさーーい!!



お詫びして、訂正させて頂きます 


今朝、早速、読者の方から連絡があり、

教えて頂きました。

浜名湖イールスのHP

行ってみると、ものすごく立派なページで、
いやはや、失礼なことを書いちゃいました。


そうだよなぁ。
浜名湖といえば、まさに鰻だものなぁ。

若い頃、浜名湖の近くに暮らしていたこともあったのに、
すっかり忘れていました。
大汗でゴザイマス。


でも、ひょんなことから、
こういう風につながっていく、
って、楽しいですね。

近頃はネットの弊害ばかり言われるけど、
いやいや、私は恩恵ばかり受けてますよ。



今日はたまたま、
先日の公演の反省会、ならぬ「振り返る会」

イールスネタも含めて、
また盛り上がりそうですし、

皆さまに書いて頂いたアンケートも、
初めてじっくりと読ませて頂きます。
(これで盛り下がったらコワイけど





何はともあれ、面白かったので、

急ぎ <訂正とお詫び> まで 

イールスは永遠に不滅です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ただの思い出話です。すみません!

2013-08-25 01:45:21 | 演劇・舞台・小劇場

自分の思い入れだけで、思い出話をたっぷり書く、

なんていうブログを、
いつも心の中でボロクソに言っているものですから、

そういう思い出話を、自分が書くのは、
どうも気に入らないのですが、


あの・・・、

 ウラ話をスタートさせる前に、

ひとつだけ、思い出話を書かせて下さいませ。


やはり、今回の公演の話です。


私たちBチームの主役だった藤澤太郎君は、
自分で劇団も主宰している、なかなかの才人で、

劇中で野球チームのイールスが歌った歌の作曲も、
彼が手がけていますし、

主役カップル(恭平・久美)の着るTシャツも、
自分でデザインして、アイロンプリントで作って、
2人で着ていました。


監督が鰻屋だから「イールス」
だから、こんなかわいい鰻のイラストなんですね。


真夜中に突然現れたイールスの面々、


最初は彼らのお節介な騒がしさに辟易していたものの、
その優しさに触れて、久美はひとつの賭けに出ます。


この人たちと一緒にいれば、
遊び人の恭平も変わってくれるのでは?

そこでまず、久美が、
彼らと積極的に仲良くなっていくのですが、
それを表すために、
まず久美が着てみせるのが、このTシャツ。

だから、ご丁寧にも、
イラストのサインは「Seiji」
劇中のイールスのエース、
魚屋の清さんの名前になっています。


その後、恭平も着て登場するのですが、
<舞台でのみ生きるTシャツ>に、
なにか惹かれるものがありました。

だいたい「イールス」なんてフザケた名前のチームが、
世の中に存在するとは思えませんしね。


とはいえ、これって、
言ってみれば、ただの小ネタです。

恭平が、久美のイールスTシャツを見て、
「おい、何だよ!」
と驚く、という、ただそれだけ。

その「小ネタ」ひとつ作るために、

太郎君は、イラストを描き、プリントアウトし、
白のTシャツを用意して、
アイロンでプリントするという、
とんでもない時間と手間をかけたワケです。


彼は、ずっと出ずっぱりの主役の上に、
別チームでもガードマン役があるため、
稽古も本番も、一切休みなし。

そんな中で、いくら思いついたからといって、
よく作る気になったもんだと、みんなで驚きました。

「ようやるよ~」
「寝る時間あるのー?」


でも、彼の「ようやる」は、
それだけでは留まらなかったのです。


・・・と長くなったので、

ここで切って、明日まで引っ張ってみますか(笑)


ただダラダラと書いていても、なんですからねぇ。

ということで、この続きは明日に 



   (つづく)





人気ブログランキング
 ブログランキング参加中。
よろしければ、クリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅行の写真はこれで

2013-08-22 23:20:12 | 暮らし・花・趣味

昨日、帰って参りました。

知床で、世界自然遺産の原生林を、
ガシガシ歩いてきました。

写真はありません。

いや、いわゆる記念写真はあるんですが、
歩いてたときの原生林の写真がないんです。

というのは、

けもの道を、
自分の背丈より高い草や木をかき分けて進むので、
写真を撮るために立ち止まったりしたら、
虫の集中攻撃を受けるんです。

鹿の骨やら、ヒグマの足跡やら、
なかなかのワイルドぶりで、
滅多にできない経験ができました。

もう1回やるか? と聞かれたら・・・微妙ですが(笑)


ということで、関係のない写真を。

 題して、

<買わなかったけど、笑えたお土産>


「ヒグマ注意」の看板は、あっちこっちにあるけど、
たしかに、こっちの方が恐いかも。



やっぱりあるんですよね、この手のもの。
例の「ジンギスカンキャラメル」もありました。

他にも、

人へのお土産に、と一瞬思ったけど、
盛り上がったものの、ほとんど残ったりしたら、私が抱え込むことになる、
と思った時点でやめました。


これは、ちょっと「他人」とは思えなかったので、

例の花畑牧場のものにしては安かったし、
何より、美味しそう!!!

・・・と手に取ったところで、体重計を思い出して、また戻しました





それでは、すっかり時間が経ってしまいましたが、
明日?明後日?あたりから、ウラ話スタートしまっす







人気ブログランキング
 ブログランキング参加中。
よろしければ、クリックを!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

めでたーーーい!!

2013-08-17 17:17:20 | おしらせ

芝居と離れた失恋状態のまま、
明日の荷物をまとめていたとき、

落語研究会の後輩(といっても50代)から、朗報が届きました!


このクソ暑い中、岐阜で、また学生落語選手権があり、

総参加者数116名中、12名の決勝トーナメント参加者に、

我が後輩たちが2人も残り、

決勝トーナメントの結果、3年生の1人が7位、

そして、4年の元部長が3位に堂々入賞!


めでたーーーい!!!


鬱々とした気分が一気に晴れました(ま、そんなもんです



この前の選手権では、1人も決勝に残れず、
悔しい思いをしましたが、

ルールが非常に厳しい、今回の大会の方で、
こんないい成績が残せるとは!



彼らの稽古を見て、
成長を目の当たりにしてきた身としては、

もう涙涙でございます。


決勝に残れなかった子たちも、実力はあるので、
次回に期待したいと思います。

いやぁ、嬉しやな、嬉しやな



高校野球ほど、華やかじゃないし、

なんてったって「落語」です。

汗と涙の根性物語なんぞ、ありゃしません。
笑って頂いてナンボです。


でも、私のコメディエンヌとしてのルーツもここにあります。

なんか、自分までが認められた気がして、

こんなブログを書いちゃいました。

すみません!

嬉しかったもので、はい


それでは、明日から行って参ります!

わーい、嬉しいぞーー!





人気ブログランキング

 ブログランキング参加中。
よろしければ、クリックを!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

参加中。よかったらクリックを!

人気ブログランキングへ