望子のただいま稽古チュッ!

稽古、公演、プライベート
・・・オバサン役者、木村望子の日々。

チョイ役について、語らせて下さい

2013-07-31 20:55:14 | 演劇・舞台・小劇場

昨日、
「明日、語らせて下さい」と言ったのが、これです。

世に言う「チョイ役」の話です。



役に大小などない。
どんなに小さな役も、主役と同じだけ大切だ。

・・・と、よく言われます。

 ま、きれいごとです。

だけど、真実でもあります。


本当に役の大小って、関係ないんです。


今年の春に観た芝居でも、
若手中心に進む流れの中で、

超ベテランの、そこの劇団主宰が、
ほんのチョイ役で、

それも本筋とは関係のないシーンで、
ちょこっとだけ出演したんですが、

完全に、
全部をさらっていっちゃいました


いや、そのシーンのみならず、
お芝居を観終わったあとも、
彼のところだけが印象に残ってて、

作品全体のバランスから言えば、
ある意味「目立ちすぎ」でしたが、
要するに、そういうことなんですよね。



だけど、そうはいっても、

やっぱり小さい役は、若手かキャリアの浅い人、
というのが常識で、

そりゃぁ、
「わざわざ呼ばれて、この役かい!」
って思いは、誰だってしたくありませんし、

また、
自分でやりたいと思っても、
お客様のことを考えると、やはり二の足を踏んでしまいます。



で・・・、今回もひとつ、
言ってみれば「チョイ役」があるんです。


なかなか面白い役なんだけど、
出てくるのは10分弱、かな?

もちろん、劇団によっては、
台詞なしで、欠かさず稽古場に通わせて、
思いっきり働かせて、ドサッとノルマをかける、
なんて所もたくさんあるわけで、

これだけの役でも、
若手の役者には十分すぎるくらい。

それも、いじりがいのある、面白い役なんですが、

「この役だけで役者を使うのはかわいそう」

と思ってしまうのが、
こちらの主宰の久間さんで(優しい方なんです)、


Wキャストで2チームあるのを利用して、
主役の男性2人を、
別チームの、その「チョイ役」に当てました。


今回は何度も書いているように、
男女2人の主役が出ずっぱりなんですが、

その主役が、裏役として、
いわゆるチョイ役をやることになったんです。


もちろん、主役を務めるくらいだから、
実力のある2人なので、
これがまた、面白い!

わずかの出番なのに、
しっかり場を盛り上げて帰っていきます。



もし、これを、「チョイ役だから」と、
駆け出しの役者にやらせたら・・・、


たぶん、このシーンの魅力は半減するでしょう。


これぞ、まさに、

 <どんな役でも重要>

の意味するところだと思います。



でも、最初から、

「たったこれだけの出番で、いい役者は呼べないよな」

・・・というのも現実。

ここが難しいところです。


でも今回、ダブルのおかげで、
理想的な形になりました。

主役の彼らは、本当にきついと思いますが、
2人とも、けっこう楽しんでやってくれてます。
いや、本当に楽しい役なんです。


男性の役だけど、
いつでも代役ウェルカム!だったんですが、

なぜか一度も代役はできず。

それもそのはず。
私も一緒に出てました

ははははは。
おあとがよろしいようで 





         

東京ストーリーテラー8月公演「ラストシャフル」
詳細はこちら

         
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

稽古場風景 ネクタイ

2013-07-30 23:23:42 | 演劇・舞台・小劇場

なぜか、黒猫くんにネクタイを結んでご満悦のみつるくん。



100均で買ったネクタイなのだそうですが、
稽古以外の芸にも使われてます(笑)




このネクタイ、彼が使います。

彼は主役なのですが、かといって、主役のときには使いません。

・・・意味不明・・・すみません!


ネクタイの使途についてはバラせないのですが、
意味不明の説明だけは、
明日、少々語りたいと思います。







         

東京ストーリーテラー8月公演「ラストシャフル」
詳細はこちら

         
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

稽古場風景 棚からぼた“ブタ”??

2013-07-29 23:22:07 | 演劇・舞台・小劇場

コマーシャルフォトのように、

金色の豚さんをもってほほ笑んでいる喜多川季子ちゃん。


何なのじゃ、これは、って感じですよね?


先日、稽古開始の寸前でした。


「え?私、こんなもの持ってきてる!」

という季子ちゃんの声が、稽古場に響き渡りました。


何事かと思って見てみると、

彼女の手には、大きな金色の豚の貯金箱が・・・。

「こんなもの入ってたんだ・・・。重いと思った」

そりゃ、重いでしょう。
けっこう、じゃらじゃらといい音がしてましたから。


それにしても、どうして?

「これ、いつも棚に置いてるんです。
 で、このかばん(横のピンクのかばん)が下にあって、
 棚から落ちた拍子に、中に入っちゃったみたい」

なんと、みごとな豚ジャンプ!

気づかれずに稽古場までやってきた、って、

落ちた途端に、奥の方まで入ったんでしょうね。


「季子ちゃん、ごちそーさま!」
「今日、稽古場でこれ割るんでしょ?」
「そのために持ってきたんだよね」

とか、さんざん言われてましたが、


「だめーーっ! 
 これ、地震のときに持って逃げるんだから!」


 なるほど!(笑)


少々重たくても、緊急時にすぐ目につくのは、
お財布よりも豚さんかもしれません。


もちろん、帰りにはまた、
無事、彼女のかばんの中にしまい込まれました。

めでたし、めでたし 








         

東京ストーリーテラー8月公演「ラストシャフル」
詳細はこちら

         
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

稽古を見る

2013-07-28 23:37:34 | 演劇・舞台・小劇場

そでで稽古を見ています。



みんな、妙にあたたかい笑顔。



というのも、見ているのが、こんなシーン。



演出家も、微妙な苦笑い。


彼らの名誉のために言いますと、

ここは決してきれいに揃ってなきゃいけない、
ってほどの動きではないんです。


それはそうなんだけど・・・、

この懸命さと、このグジャグジャ加減が、

見ている者を、あたたかい笑いにさせるのです(笑)








         

東京ストーリーテラー8月公演「ラストシャフル」
詳細はこちら

         
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビンタ!!(昨日のつづき)

2013-07-27 22:03:51 | 演劇・舞台・小劇場

昨日は途中で失礼しました!


さて、私のように、
ビンタが苦手で、イヤでしょうがない。

でも、やらなきゃいけないから、やる、

・・・と、どうなるか、というと、



ビビって勢いがないから、音が出ないんです。

⇒これ、芝居には致命的です。


そして、ビビって、きっちり入らないから、

⇒相手はすごく痛い!

もう、ゴメンナサイというしかない!



上手い人は、反対に、
いい音出すけど、痛くないんですね。

音が出なくて痛い、って、
やられる方はやられ損ですから。



もちろん、稽古のときには、叩いたりしません。

通しくらいになってから、
やっと本当に叩きます。

そりゃそうですよね。

何度も同じシーンを返して稽古するのに、
その度に引っぱたかれたんじゃ、
顔が腫れちゃいますから。


でも・・・、やりたくないもんだから、

私、通しになっても叩かないで、
叩くフリをしてたんです。


そしたら、さすがに演出家に注意されまして、

「苦手なら、余計やらなきゃダメですよ」

・・・おっしゃる通りです 


うぅぅぅぅぅぅぅむ。


今のところ、相変わらず、
< 痛いけど、音が出ない > 状態 

今日も今日とて、
通し稽古で「ボテッ」みたいな音を出しておりました。
(叩かれる彼、ごめんね~



でもね、これを考えているうちに、
ちょっとした法則を発見しちゃいました。

あくまでも私の独断なんですが、

やっぱりね、

<女優っぽい女優は、ビンタがうまい>

んです。


日常生活でも引っぱたいてるだろうな~、この人、

って雰囲気の女優さんって、いるじゃないですか。

こういう人にビンタをやらせると、
まぁ、惚れ惚れするほど決まります。



まぁ、ね、

私も「女優」じゃないことはないんだけど、
「役者」の方がしっくりくるし、

どっから見ても「平和なタヌキ」だものなぁ。


でも「ビンタ」シーンも3度目の正直。
当然、打率10割を目指します。

似合わないけど、頑張って、
「ビンタのうまい女優」をお見せしますぜ 


とかいいながら、
爪が当たらないように、ちゃんと切っとかなきゃ、
などと思う私なのでありました 








         

東京ストーリーテラー8月公演「ラストシャフル」
詳細はこちら

         
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

早替えよりも、何よりも、苦手なこと

2013-07-26 17:42:44 | 演劇・舞台・小劇場

さんざん「早替え大変だ~!」って騒いじゃいましたが、

あ、いや、確かに今回、かなり大変なんですが、


実は・・・、



もっともっともっと、苦手なものがあるんです。



そういえば「ウラ話ネタ」にも、書いたことなかったなぁ。


実は・・・、




私ね、人をひっぱたくのがダメなんです 


いわゆる「ビンタ」ってヤツですね。
ほっぺたをパッシーン という。

芝居って、けっこう「ビンタ」のシーン、あるんですよね。

それが、久しぶりに、私に回ってきちゃいました



私、こう見えて(?)暴力が大嫌いで、

口では「ひっぱたいたる~」なんて怒ったりもしますが、
実生活で、人をひっぱたいたことはありません。

「ダンナさんに暴力ふるってたりしませんか?」
とか言われるけど、そんなことはしません。

・・・っていうか、
なんでダンナじゃなくて、私がDVを疑われるんだ?!




それが、

今回、ある人の頬をひっぱたきます。


もう、これがイヤでイヤで。


役者だから、何でもやって当たり前だろ、
と言われたら、まさにその通りなんですけどね。

でもやっぱり、苦手なものってあるんですよ。


どうこう言って「ビンタ」はこの作品で3回目。
でも何回やっても、全然慣れません。



で、苦手だとどうなるか、というと・・・、



・・・と、もう時間がない!

今から出なきゃいけないので、また明日!



え? ねらって切った? まさかぁ 






         

東京ストーリーテラー8月公演「ラストシャフル」
詳細はこちら

         
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超早替え2連発!!

2013-07-24 22:14:49 | 演劇・舞台・小劇場

まったく、もう~~~~。


このトロい私に!

 早替え大嫌い人間の私に!

なんで、こんなに、超早替えが続くのか


5月の公演に続いて、またしても、

<衣裳の、ものすごい早替え>

に挑戦することになりそうです。


今回、チラシにもイラストがあるように、
野球チームの連中が、半分くらいいます。


彼らはもう、ほぼ衣裳が決定、なのですが、

他の出演者は、これからイメージを作って、
演出家に相談しながら決めていくことになります。


私が今、一生懸命作っているのも、
早く演出家に見せて、OKもらって、安心したいから。


まぁ、どうこう言っても、
久しぶりの洋服の衣裳、やっぱり楽なんですが、

ずーーーっと頭に引っかかってるのは、当然、



  < 早替え >



それも、立て続けに2回も!

衣裳を決めるのに、これも考えなきゃならない。


その上、上手にハケて上手から出るため、
狭い上手のソデで着替えるしかない。


上の写真は去年の公演のとき、裏の通路から上手ソデを見たところ。
(右側の黒幕の向こうが舞台です)

要するに、通路の広さしかないんですね。


今回セットの関係で、これ以上にソデが狭くなりそうで、

さあ、どうしたものか・・・。



あっ、それに、
早替えメンバー、あと2人もいるじゃん 


  ひぇぇぇぇぇぇぇぇ!


衣裳を置いておくだけでも大変だわ




またウラ話のネタの宝庫になりそうな・・・。

いやっ、そうはさせぬぞ。



でも、終わったらこの話、いろいろと書きたいと思います。

ご覧下さる方、ぜひぜひ、
このあたりの衣裳もインプットしておいて下さいませ~。



けっこう頑張って、

 一瞬で着替えて出てくる・・・予定です 


  ・・・たぶん、ね
 (間に合わなかったらどうしよう








         

東京ストーリーテラー8月公演「ラストシャフル」
詳細はこちら

         
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とりあえず1個だけ完成!

2013-07-23 22:12:30 | 演劇・舞台・小劇場

今日はオフ・・・って、お昼も書きましたよね 

それで気がゆるんで、また更新してますけど、


いやいや、本当は、
こんなことをしているヒマはないのだ!


まだまだ、
衣裳作りは始まったばかりなんだから!



今回、また、怒涛の早替えが2回もあって 

その手順も考え合わせながら、

とりあえず揃えたものを、
今回の役のキャラクターに合わせて、

直したり、新たに作ったり。



これが意外に時間と手間がかかります。


といって、せっかく作っても、
演出家に却下されたらおしまいなんですが、

まぁ、たぶん、いけるだろうという皮算用で、


まず小物から。

1個、完成!



我ながら、いい出来です(自画自賛)


この時間かけて、たったこれだけ?
なんて言うなかれ!

主婦業もやっておったのですぞ。



とはいえ、
まだまだ、直し物、作り物はたくさん!

ネタバレにつき、
これ以上はお見せできませんが、



< 登場だけで客席がどよめく >



・・・ような衣裳を制作中でございます 


 ふふふ。

 これ、絶対受けるぞ・・・。





         

東京ストーリーテラー8月公演「ラストシャフル」
詳細はこちら

         
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オフ!

2013-07-23 15:01:23 | 演劇・舞台・小劇場

お仕事中の皆さま、すみません!
稽古中のみんな、ごめんなさい!


今日は私、オフでございます。

なもので、久しぶりに朝からプールに行って、
ガシガシ1キロほど泳いで、

お風呂なんぞに浸かり~の、で、
帰って参りました。

それだけやっても、所要時間1時間半。

稽古場に行く片道・・・と思うと、
稽古場の遠さを考えてしまいますが、

もっと遠い人もたくさんいるし、
ま、文句は言えません。
とにかく好きで通ってるんだから



それでも、移動に時間を取られる分、
家での時間が短くなるため、

これから本番にかけての猛烈な日々を前に、
このオフは貴重です。


なのに、

こういう時間を有効活用せねばっ!
この時間を絶対に無駄にできないっ!

とか思うと、かえって、無駄にアセって、
うろたえてくるんですよね。



あ、あの人に返信してない、
あそこ、片付けとかないと、
夕食を何日分か仕込んでおかなきゃ、

あー、台本、もう一度読み込みたい!
いろいろとじっくり考えたい!

なんて言ってるうちに、もう3時~。

アセる、アセる、アセる、アセる


無駄にアセりながら、
なぜか、こんなもん書いてる(あほか)



いやいやいやいや、違うぞ違うぞ!

これからやるのは衣裳なのだ!

衣裳を直したり、作ったり。

演出家に見てもらうまでに、
自分のイメージを形にしないとね。



あ、洗濯物、片づけなきゃ。
6時になったら夕食の支度か・・・。


くそっ、主婦業もオフにできんのかっ!
(逆ギレです。スミマセン







         

東京ストーリーテラー8月公演「ラストシャフル」
詳細はこちら

         
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チロル・抹茶パフェ

2013-07-22 22:26:13 | 暮らし・花・趣味

稽古中は、毎日、どこかのコンビニに顔を出すので、

チロルに遭遇するチャンスも増えます。


というところで発見したのが、



 <抹茶パフェ>


いつも思うんですが、

チロルを開発している人って、
ひとくちで食べるのを基本にしているんだろうか?


チマチマ食べると「?」なのが、

一気に口に入れると「納得」っていうのが、

けっこうあるんですよね。


これもまさに、そのパターンで、

ひとくちでガシガシ食べると、

<おおっ、なんかわからんが、抹茶パフェだぞ>

という味になりました。


うん。これ、なかなか、です 







人気ブログランキング

 ブログランキング参加中。
よろしければ、クリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参加中。よかったらクリックを!

人気ブログランキングへ