望子のただいま稽古チュッ!

稽古、公演、プライベート
・・・オバサン役者、木村望子の日々。

産みの苦しみ

2007-11-27 14:45:10 | 演劇・舞台・小劇場
今回の私の役は、ジャズクラブのタップダンサー

それについて、演出家や作家や他のキャストから、たくさんのイメージをもらっています。

酸いも甘いも噛み分けて、何事にも動じずに全体を俯瞰できる女。

鉄火肌。ハンサムな女。

「アンタッチャブル」の映画に登場するような、
ハードボイルドな女。

クールでドライだが、根っこのところは情に厚い女。

生活感のない、死ぬまで女であり続ける女。

波乱に富んだ生活と男遍歴を経たからこそ、にじみ出る貫禄のある女。

そして、

ヨーロッパの高級娼婦のような、洒落た女。

はい。
私のどこをどう切っても、こんな女のカケラも出てきません。

だからこそ、あこがれはあります。
たとえ舞台の上だけでも、こんなかっこいい女になってみたいって思います。

でもね。私がやると、

人のいい世話好きなオバサン。

生活感あふれる実直なオバサン。

周りの些細なことにもすぐオタオタするオバサン。

・・・になるんです。間違いなく。
は、は、は、は。
って笑ってる場合じゃない

いや実は実は、本気で苦しんでいます。

この数日、演出の知念さんが不在のため、役者だけで稽古をしています。
同じシーンを何度も返しながら、問題点を探りつつ、みんなでプランを出し合って・・・という稽古を夜の10時まで。

もう最後の方はみんな、目がごそっと落ちくぼんで、気力だけで続けていたりしますが、
だんだん形になりつつあるシーンも出始めています(ややこしい言い方!)。

なのに、

私、まだキャラクターさえつかめないでいるんです。
こうなってくると、上手い役者さんの中にいることが、自分を苦しめる結果になります
自分が足を引っ張っていることが見えるから
もちろん、みんな苦しんでいるんですが、でも私が一番遅れてることは確か

そうなるとアセるんですよね。
すると、もっと目茶苦茶になります。
そう。ドつぼにハマる、ってヤツです。 

だいたい、そういうアセり方をすること自体、役の人物と思いっきり離れてるわけで、ホントに私って、気のいいオバサンなんでしょうねぇ。
は、は、は。
どーする、私
ぐウわァーーおおおおーーー(叫び)

明日は出てくるかな~、いい女。
ちょっとくらい、顔を見せてよ、いい女。
何でもいいから、何でもするから、
いい女ぁ~~、出てこ~~~~い






コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

!チケット予約、開始いたしました!

2007-11-19 23:01:13 | 演劇・舞台・小劇場
日記はこの下にあります

 「貴方と嘘と夜と音楽」 

 2007年12月19日(水)~24日(月・祝)
  photo/
                     Kazuhide Sekine
中野スタジオあくとれ

演出・振付  知念正文 (劇団鳥獣戯画) 

出演   池田火斗志 石坂史朗
     那珂村タカコ(ヘロヘロQカムパニー) 
     松井裕子  磯見 藩  才勝誠司    
     宮川浩明  佐藤祐治
      柳 一至 多田 聡 佐々木恭祐 高木裕平
     木村望子  山岸諒子(離風霊船)

 
「貴方と嘘と夜と音楽」
今日からチケット予約開始致しました。
ご予約方法は、この下をご覧下さい。

<開演時間 >
 19日(水) 19:30
 20日(木)14:30/19:30
 21日(金) 19:30
 22日(土)14:00/19:00
 23日(日)14:00/19:00 
 24日(月・祝)14:30

<料金> 全席自由
前売 ¥3,200 (当日¥3,500) 
ペアチケット¥6,000  学割¥2,800

下の内容をお書き添えの上、ご予約は下のアドレスをコピーしてお使い下さい。
(スパムメール防止のため、ご面倒ですがお願い致します) 
    → ana23132@mail.goo.ne.jp

 お名前、ご連絡先アドレス
 日時、枚数、券種(前売、ペア、学割)

<チケットの受け取り方法>
 当日、受付で、チケットと引換えに代金をお支払いください。

 今回は先にチケットをお送りするシステムをとっておりません。
 勝手ながらご了承くださいませ。


お申込みいただいた場合は、必ず確認のメールをお送りしますが、
3日以上返信のない場合は、お手数ですが、今一度ご連絡くださいませ。



  クリスマスにお送りする、
             大人のためのJAZZ芝居
  皆様のご来場を、
           心よりお待ち申し上げております

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

チケット予約開始と知念さん登場

2007-11-19 22:14:14 | 演劇・舞台・小劇場
とうとう今日から、チケット予約を開始致しました

というほどの大げさな公演じゃないんですけど
でも、こういうのはケジメも必要なので

どうぞ皆様、よろしくお願いいたします


そして稽古のほうも、昨日から、演出の知念さんが登場。
本格的な芝居の稽古が始まりました。

言ってみれば、昨日が顔合わせ。
普通の稽古なら、昨日、それぞれが「はじめまして」と挨拶をして、台本の読み合わせをする日なんです。

それを思うと、なんだか、胸がキュンとなってしまいます。
私たち、もう7ヶ月も一緒に踊ったり歌ったり、汗だくになってやってきて、既に仲間、戦友、それ以外の何ものでもないほどの結束力を手に入れている・・・これって、なんて幸せなことなんだろう、って。

そして、稽古は、最初から台本を離しての立ち稽古&通し稽古
知念さんの「できるよね」のひと言は、岩をも通すのです。
きっと脳内メーカーなら、全員、「?」と「不安」だけで埋め尽くされていたでしょう。

頭の中で、必死で次のシーンを思い出しながら続ける芝居・・・。

ところが・・・

みんな、生きてるんです。

いや、そりゃ、生きてるんですけどね、実際に。

でも、台詞も危なっかしいし、動きはメチャクチャだし、頭の中は大混乱のはずなのに、生きてるんです。
既に、役の人物で・・・。

私、今回の公演には、絶対の自信をもって「いい役者さんが揃いました」と公言してきました。
そこ、なんです。
とにかく、リアルに人間が生きている。
忘れた台詞はアドリブでつなぎ、忘れてなくてもアドリブ全開。
でも、きちんと、その役の人物が動いて喋っている。

あ~~、芝居、続けてきてよかった。
いや、生きててよかった。
大げさじゃないんです。
それほど幸せを感じたんです。

もちろん、まだまだまだまだ、お見せできる形にはなっていません。
これから1ヶ月かけて、あーでもない、こーでもない、とやって、やっと何とか、形に・・・なると、いいな・・・って状態です。

でも、こんな巧い役者さんたちと芝居できる現場って、まずない、かも。
それはきっと、これまで7ヶ月かけて培った信頼感が土台にあるんでしょうけど、でも、こんなとんでもない稽古をすることも、もう二度とない。

ってことは、この今が本当に本当に大切な時間なんだ・・・、って。

なんか、ものすごい自己陶酔の日記になっちゃって、すみません。
昨日の幸福感が体中を巡ってて、誰かに聞いてもらいたくなっちゃいまして

でも、これからはそんなこと言ってられない
信頼あるからこその、本気と本気のぶつかり合い。
全く気を抜けない稽古が続くと思います。

知念さんはとっても優しい方で、なおかつ、妥協を絶対に許さない人。
にっこり笑って、こちらが青ざめるような注文を出す演出家さんです。
それでも、みんな、知念さんの大ファンです。

いろいろあるでしょう。
でもいくらでも頑張れそうな気がしてます。
きっといいものになる。
本当の意味でのRose Gardenの季節が始まりました。

どうぞ皆さま、見守ってやってくださいませ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホームページ リニューアル!

2007-11-16 10:47:23 | 演劇・舞台・小劇場
つい数日前まで本番中だった、主宰のりょーこさんが、
やっと(?)私たちの元に戻ってきてくれました。

ということで、はいっ
2日前から、また自主錬を開始しています

そして日曜日からは、いよいよ知念さんの演出稽古スタートです。
もう~、ドキドキです
でも、みんな、すごくいい顔をしています 

そして、やっとRose GardenのHPが
       大幅リニュされましたーーーーーっ

夕べ、というか、今朝までかかって作り上げた、
   りょーこさんの力作です(おつかれさまーーー)

携帯ではまだ見られないようですが(ごめんなさい
PCの方、ぜひ下のURLをクリックしてみてくださいね

  http://www.libresen.com/rosehp/rgtop.htm

予約開始は19日からとなっております。
皆さまのご来場を、心よりお待ち申し上げております 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

悪口じゃなくて辛口・その2

2007-11-15 00:49:16 | 演劇・舞台・小劇場
前日からの続きです。
 初めての方は、これのひとつ前からお読み下さい

「ふふふ」
意味ありげに笑いながら、彼女の言った言葉は・・・、

「いやねー。今度のもっちたちの舞台。
     これと逆さまなんだろうな~、って」

 ~~~~~ガ~~~~~~ン~~~~~~
 
そういえば・・・、私。  
これだけダンスや歌のレッスンを続けながらも、心のどこかで「自分たちは芝居がメインだから」って、逃げ道を作っていたところがあったかも。
なかなか上手くならないことを「いいのよ、役者の踊り、役者の歌ってのは、技術じゃないのよ。芝居で見せるの!」とか何とか言って・・・。

しかし、彼女からボロクソに言われた某劇団の人たちだって、もしかしたら「自分たちは歌とダンスの専門家なんだ」って思っているかも。

お、お、お、お、お、お、お、

見ないようにしていたカサブタを、
            ベリッと剥がされたような・・・
   い、いたい・・・。

「あれ?落ち込んじゃった? 
 ごめんねー。でも楽しみにしてるからねー」
って、おいっ
 私たちの歌やダンスを見て、また「思考が止まった」とか言う気かいっ

「でもね。小劇場の場合、一生懸命やってる姿が感動できるのよね。それはそれでありだな、って」
期待するのは、それだけなのかいっ

「昨日の舞台の何にハラが立ったかって、あの芝居を『これが完成品でござい』って顔で観客に見せてることが許せなかったのよ。
一生懸命やってはいるんだけど、その裏に、満足感、安定感、安心感、みたいなものがしっかり根を下ろしてる。そういうのって、客席に伝わるのよね。
お前たちなぁ、こんな芝居見せて、それはないだろ?
ってハラが立ったの。  
でも、もっちたちのところは安定してないだろうから」
「な、なによっ、それっ!」

「でも変に安定するよりずっと魅力を感じるのよ。
舞台はナマ物だから、安定した、と思った時点で、もう上に上がれなくなるし、人を魅了する力もなくなるものね」

「それって・・・褒め言葉?」
「そうよ~。当たり前じゃない。
それじゃーね。公演は、たぶん初日に行くからねー」

ほとんど捨て台詞のような言葉を残して、彼女は帰っていきました。

・・・くそぉ~~。
よりにもよって初日に来るとは・・・。
またいろいろと言ってくれるんだろうな・・・。

・・・でもね。
彼女のような人がいるからいいんです。
負け惜しみじゃありません。
しっかり舞台を観て、愛あればこそ厳しいことも言ってしまう。

悪口じゃない。辛口なだけ。
 
この差って難しいですよね。  

「愛」があるか否か、ってことなのかなぁ。

  ・・・でも、
     ・・・でも、やっぱり、
          初日に彼女の顔は見たくなーーいっ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悪口じゃなくて辛口・その1

2007-11-12 23:22:13 | 演劇・舞台・小劇場
ちょっと長くなりそうなので、
             2日に分けて書き込みます
  またかいっなんて怒らないでね
 
昨日、友人が某有名劇団の、某有名ミュージカルを観て来たのだそうです。

「どうだった?」
「いやぁ。日本もダンスのレベルが上がったね
 日本人もここまでできるようになったんだ、って
 感動したわよ」
「そんなに?」

「昔からの名作じゃない。だから振付も決まってる。
 それがよかったんだよね。
 新作って、ともすると、これでもかって難しい振りを
 付けたりして、観てる方はまるっきり楽しくない、
 ってことあるじゃない?
 『あ~~、わかったよ。オマエは上手いよ』って
 言いたくなるような」
「わかるわかる。あるよね、そういうの」  

「それがない分、安心して楽しめた。
 歌もよかったよ
 歌い方はかなりクラシカルだけど、
 元々、映画でもクラシカルに歌ってるしね。
 みんな巧かったなぁ。粒ぞろいだった」
「おおっ、それはすごいね」
「ただ・・・」
「ただ?」

「芝居がひどすぎるーーーーーーーーーっ

よほど溜め込んでいたのでしょう。
もう「堰を切ったような」とはこのことか、
         といった勢いで彼女は喋り始めました。

「いや。元々、芝居には期待してなかったわよ、そりゃ。  
 だから動じないつもりでいたんだけど
 でも、いくら何でも、ありゃあんまりよぉ。
 最初のダンスナンバーが終わって、
 初めての会話シーンになったとき、もう本当に、
 どーしようかと思ったわよぉ。
 
 普通さぁ、あいつは下手だが、こっちは上手いとか、
 あるでしょ?
 それがないのよ。
 全員が全員、同じレベルで下手っ
 粒ぞろいっ
 突っ込みすら入れられないっ」  

「吐きそうなほど?(笑)」
「ううん。吐き気すら飛んでった。思考が止まった。
 なまじ歌とダンスのレベルが高いだけに、
 芝居のシーンとつながらないの。
 歌やダンスが終わると、
 『お、おいっ。また台詞を喋る気かいっ
 と思っただけで怖かったわよ。
 あれは字幕にするべきだ。
 自分がどんな役をやって、今どんな状態なのか、
 わかってないんじゃないか、って思った」
「はぁ~、そこまでかい?」

彼女は役者ではないのですが、我々の間では、辛口で有名な人です。
いや、役者じゃないからこそ、あんなに厳しいことが言えるんだ、とも思います。

本人曰く
「でも、悪口は言ったことないわよ。
 未来の演劇のために、あえて厳しいことを言ってるの」
だそうです。

確かに、どんな辛口の感想でも、
彼女の言葉には、舞台への愛情がひしひしと伝わってきます。

「いやぁ、それはお疲れさん。災難だったわねー」
「でも、歌とダンスでチケット代は惜しくなかった、
 かな?」
「そりゃよかった」

「ふふふ(含み笑い)」
「何?」
「いや、別に」
「何よー、気になるじゃないの。話しなさいよ」
「いやね。ふふふ」

意味ありげに笑いながら、彼女は私に向かって言ったのです。

   ・・・・・・・・・・・・・・・
              続く 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男の手が、女の・・・

2007-11-09 00:00:20 | 演劇・舞台・小劇場
ふふふ
このタイトルが気になって、思わず覗いたあなた。
         ・・・正しいリアクションです(笑)

実は、アブナゲなタイトルをつけると、
      ヒット数が激増することを発見しまして。
はい。また狙ってみました~
あ、でも、もちろん タイトルに嘘はございません。

「貴方と嘘と夜と音楽」公演の・・・
あ・・・、でも考えてみると、
           これって、長いタイトルですねぇ。
私もときどき順番を間違えます

ととと、ま、そんな話はいいんですが。
この公演の(指示語で省略)チラシが、
      少しずつ世の中に出回り始めております。
まぁ、ささやかなものですが

もちろん、一番見たがっているのは、当のキャストたちなので、まずはキャストへ一斉送付をしました。

真新しいチラシを折るときって、なんだかワクワクします。
線がついてしまうのが勿体ないんだけど、でもそれがスタートの合図のような気がするんですね

1枚折っては「むふふなかなかセクシーじゃない」

2枚折っては「セクシー街道大爆走よん」

3枚折っては「ん?私の首すごいシワ」

4枚折っては「もしかして私怖いぃぃ?」

なーんて、上がったり落っこちたりしながら、作業は進んでいくのですが、途中でふっと、手が止まりました。  

ボーイズ。ヤバイかな・・・

今回の座組みには、ダンスをメインに出演してくれるアンサンブルの男の子たちがいます。


この体型で(!)なぜかダンスの上手い年長リーダーのカズシの下、演劇を学ぶ専門学校の学生さんが3人、という合計4人です。

そのハタチそこそこの学生さんが、タカコおねーさまの

   あらわな太ももを触り~の
      ウエストに手をまわし~の
        と、ねっとりと接触しているのです 

ううううーーむ
もし自分の息子がこのチラシを持ってきたら、
母としては、かなり動揺するかも。
「どんな芝居をやってるんだろう」とビビるかも。

もしかして、配りにくいチラシ作っちゃった?
他のメンバーがあまりに「大人」なんで、ついその雰囲気で作っちゃったんだけど、悪いことしたかなぁ。
って、言うか、この絵柄を決めたのはカメラマンのSさんなんだけど(責任転嫁・・・

あの~~、
もし、今後チラシをご覧になった方がありましたら、ヤバイかどうか、感想を聞かせてくださいまし。

どの世代までOKなんだろう
  男女の感覚の違いはどうなんだろう

ちょっと気になるところです。


   (photo/Kazuhide Sekine)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

はぁ~

2007-11-03 22:54:14 | 演劇・舞台・小劇場
昨日、吉祥寺にあるライブハウスに行ってきました。
友人のakaneちゃんが出演するジャズライブ。

あ~~~
これだよね~、ジャズって・・・
この歌、この演奏、
そして、この雰囲気、この空気。
これがあるから、ジャズなんだな~。
粋だなぁ~。
私も少しわかってきたかもなぁ~

そんないい空気の中。
帰りの出口で、

    ずずず、ずっ、こーーーん

             と派手に転んだ私・・・・・

ここまで雰囲気を壊す女って、
           ちょっと珍しいかも。

ははははは(笑うしかない)

しかし、今晩浸ったジャズは、
転んでもこぼれなかったぞ
頭から体から、今でもぐるぐる回っているぞ 

はぁ~、ははははは
道は遠いわ~。
遠すぎるわ~。

でも、あと2週間で本稽古開始。
そして来月は本番なのよね~。
どうする?私

その上、akaneちゃん、観に来てくれるって。
おーい。どうするみんな

さぁぁぁ、あとは火事場の馬鹿力を信じて、
頑張るっきゃないーーっ

頑張ろうね(って、問題はお前だろっ!)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参加中。よかったらクリックを!

人気ブログランキングへ