望子のただいま稽古チュッ!

稽古、公演、プライベート
・・・オバサン役者、木村望子の日々。

私もやってみよ

2016-11-08 00:45:51 | 演劇・舞台・小劇場

友人のツイッターを読んでいたら、

こんなことが書いてあった。

 --------

〇〇〇(有名な役者さん)は、

役にのぞむ際、
そのシーンのちょい前に、
その人が何を食べていたか、考えるらしい。

この映画では何を食べていたんだろう。

 --------

へぇぇぇ。

今、そこに存在している人が、何を食べてきたのか。

そんなこと、考えたこともなかったなぁ。


でも、

自分は今、何食べて、ここにいるんだろうって、想像してみると、

全然違う切り口で、その人の日常が見えてきそう。




わーい、いいこと聞いちゃった~




 ブログランキング参加中 
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを!
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目出度い、目出度い | トップ | トシにこだわらないなんて、... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もしかして、あの…、 (Log)
2016-11-09 21:39:11
はじめまして。
やっと「木村もちこ」さんと出逢えたような気持ちです。
プロフィールから推理して、もしかして木村さんはテレビ朝日の「邦楽手帖」の司会をなさっていた方では? 私が住んでいる地方では、「邦楽手帖」は日曜日の深夜、「タモリ倶楽部」が終わってからの放送。「邦楽手帖」が終わったら放送終了、という時間帯でした。
「もちこ」さん、というお名前も、「何度読んでも、ももこではないし、どんな文字を書くのだろう…?」とずっと疑問でした。
時折、コメント致しますので宜しくお願い致します。
なんと! (望子)
2016-11-09 23:56:25
Logさま

ありがとうございます。
今はただ、驚きと感謝で一杯になっています。

あんな昔の番組を覚えていて下さったこと。
そしてなおかつ、あの番組では、ほんの一言二言しか喋らなかったにもかかわらず、私の名前まで何十年と覚えていて下さったこと。

もう奇跡としか思えません。
今は完全に舞台だけになっていますが、見つけて下さったご縁を大切に、これからもよろしくお願いいたします。

いや、ホントに、もう、なんていったらいいのか・・・。
今、びっくりと感謝でぼーーーっとしています。

この出会い、もしお差し支えなければ、ブログに書かせて頂きたいのですが、だめでしょうか?
いや、こちらこそ感激です。 (Log)
2016-11-10 06:53:02
いや、こちらこそ大感激です! ブログに書いて下さい!
追々、いろいろ書いていきますが、私は音楽が好きです。基本的にはジャズ。他にも何でも。
落語は見る機会がなかなかありませんが好きです。前から沖縄民謡が好きです。あまり踊りまくるような曲ではなく、どちらかと言えば、日本の邦楽、長唄、小唄、お座敷唄に近いタイプの。
前から興味があるのが、幇間の屏風芸ですね。タレントの中村有志さんも昔一時期、テレビ朝日の深夜番組でやっていました(あの方はパントマイムもなさるので)。
末長くお付き合いを…。
ありがとうございます (望子)
2016-11-11 00:58:14
ぜひ近いうちに、この「奇跡」を書かせて頂きます!

私もジャズ、そして沖縄民謡が好きです。
カチャーシーやエイサーを、昔、芝居の中で踊ったこともあります。

また、いろいろ書いて下さいね。
そして、一番謎の、どうして私を見つけて下さったのか?
そのあたりもまた、教えて下さい。
落語 (Log)
2016-11-11 04:38:35
本当は書きたい事が雪崩のようにあるのですが、一遍に書くととりとめが付かなくなるので、少しずつ書きます。
小さい頃、家に落語のカセットがありました。志ん生師匠の「火焔太鼓」のマクラだったと思いますが、「エ〜、落語ってぇ物はシャレてぇ物が重要で、シャレを言って分からねぇと、「なんでぇ、あの野郎は…」なんて言われたりしますが。お稲荷様の初午の行灯なんか、なかなかオツな洒落が多うございまして。お地蔵様が電話かけていて地蔵電話ですとか、ゴミ取りに目が付いていてゴミ取りマナコですとかな。中にはヘビから血が出てヘービーチーデーなんて事を申したり致しますが」を暗記して、しゃべっていました(笑)
中には幼稚園の卒園式の余興に「平林」を演じた友達がいるから、上には上がいる。
お後がよろしいようで…。
冷たい手。 (Log)
2016-11-11 05:59:25
昔、女優の太地喜和子さんが近松ものか何かの道行きの芝居をした時の事。
他の役者が太地さんの楽屋を通りかかると、洗面器に氷水を張って、その中にじっと両の手を浸けている。「それ、何しているんですか?」と尋ねると、「これから男と心中に行こうとする女の手が温かいとおかしいでしょう?」と、役に成りきっていたのだ。
役作りのために体重を増減させるロバート・デ・ニーロ、前歯を抜いた三國連太郎、どの方も素晴らしい。
志ん生! (望子)
2016-11-11 16:38:22
すごいですね!
志ん生らしいマクラですね~。
子供の記憶力のすごさを立証するエピソードですね。

そして「冷たい手」。
歌舞伎の女形も手を冷やすと聞いたことがあります。
名優はかくして名優となれり。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。