望子のただいま稽古チュッ!

稽古、公演、プライベート
・・・オバサン役者、木村望子の日々。

ご不幸ウラ話・・・いろいろあった「怖い話」<その7>

2016-10-14 20:37:14 | 舞台・ウラ話

<笑いが怖い>

生理現象よりも何よりも怖いもの。
・・・それはお客様なんですね。

もちろん、常に一番怖い存在なんですが、
時によって、
また違う怖さが現れることもあって・・・。


今回、どうしようかと思ったのは、
お客様の笑いでした。

笑ってもらって困る、なんて、
こんな贅沢な話はないんですが、

一度、
やたらと笑いの多い回があったんです。


何人かのお客様が、かなり笑う方で、
もう本当に、何やっても笑いがくるんです。

もちろん、笑いをとるシーンもたくさんあるので、
前半は、

(うわ~、楽だな~、ありがたい)

と調子にのっていたのですが・・・。

なんというか、
坂道を駆け下りて、止まらなくなっちゃう感じ?

ここは絶対に静まり返って、
おい、こいつ、ヤバいぞと、
固唾をのんでいただきたいシーンで、
なぜか、数人のお客様が大爆笑 

客席全体が、
ぎくしゃくした空気になってしまって。

(どうしよう・・・)

正直、そう思いました。


自分たちで解決できることならいい。

でも相手はお客様。

だけど、このまま笑い続けられたら、
この芝居、成立しなくなっちゃうぞ

(ここは気持ちを静めてもらうしかないな)

間のびするのは怖いけど、
笑いがおきるよりマシと割り切って、

間を長くするなど、少し芝居を変えながら、
冷静になって頂けるのを待ちました。


おかげさまで、
だんだん落ち着いてこられて、
ホッとしましたが、
こういう怖さは初めてでした。


楽しみ方は人それぞれなので、
こちらが文句を言う筋合いではありませんが、

芝居が、
こちらの意図と違う方向に行ってしまうと、
他の大勢のお客様に迷惑になる。
難しいですね~。


完全なコメディをやっているときに、
滑りまくって、客席が静まり返る、
あの情けなさは、夜中にうなされるほどで、

それを思えばありがたいんですが、

そうは言ってもね。

お客様の笑いを貯めておけたら・・・って、

切実すぎて、これは笑えないわ(笑)


「役者殺すにゃ刃物はいらぬ。
 あくびのひとつもすればいい」

昔の人はうまいことを言ったもんです。


   <つづく>




 ブログランキング参加中 
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを!
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご不幸ウラ話・・・いろいろ... | トップ | ご不幸ウラ話・・・最後に思... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。