望子のただいま稽古チュッ!

稽古、公演、プライベート
・・・オバサン役者、木村望子の日々。

ご不幸ウラ話・・・暗闇でドッキリ<その4>

2016-09-15 16:20:40 | 舞台・ウラ話

エチュードのような稽古は、
4人の気持ちがちょっとズレると、
なかなか進まなくなってしまう・・・。

というのも当たり前なんですね。


普通、台詞というものは、
無駄がないように書かれています。

無駄のようなセリフも、
ちゃんと計算されて書かれている。

それを即興でやろうというのですから、
そりゃ、迷走もするんですよね。


計算された決まった台詞を言うのでも、
ときにはダレたりすることもあるのに、

無駄だらけの即興台詞でダレないように、
お客様が飽きないように続けるって、

やっぱり時によって、
出来不出来が出てきちゃうんです。


なので、本番では、
エチュード部分もかなり残しつつ、

ダレそうなところは、
自然発生的に、ほぼ決まっていきました。
(そりゃ、こわいものね


でもね、この方法のすごい点は、

変な間ができてしまったり、
何らかのトラブルがあっても、

 <ぜんぜん問題なく進んでいける>

ことなんです。


普通、変な間ができたり、トラブったりすると、

それを、どうやってフォローするか、
役者同士で瞬時に、
コンピューター並にアタマを働かせます。

決まった台詞を生かそうとする、
役者の習性がありますから、
そこに何とか戻ろうとするわけです。


でも、この方法なら、元々決まっていないから、
いくらでも対処できる。

台本の何行目に戻さねば!
みたいなのがない。

アタマを働かせなくても、
その役の自分がいれば、何も怖くないんです。

もちろん、それなりの実力がある人たちだから、
それが可能だったわけですが、
これは、想定外のうれしい副産物でした。



   が!

 ひとつ、大きな問題が・・・。


 ・・・代役がきかないんです。


覚えるべき台本が、あってなきが如き、だから、
急に代役で入るワケにいかないんです。

だから私が休んだときには、
ずっと前半の4人のシーンを繰り返したとか。

今さらだけど・・・すまぬっm(_ _)m


   <つづく>





 ブログランキング参加中 
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを!
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご不幸ウラ話・・・暗闇でド... | トップ | ご不幸ウラ話・・・ご存じ、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台・ウラ話」カテゴリの最新記事