望子のただいま稽古チュッ!

稽古、公演、プライベート
・・・オバサン役者、木村望子の日々。

「餅は餅屋」って本当だ

2017-12-03 17:07:02 | 演劇・舞台・小劇場

今日は、
ズッキュンで共演した若い友人の朗読劇へ。

彼女、元々、声優の卵で、
それはわかっていたんですが、

朗読劇の最初の一言で、

「おおおおおっ」

と、椅子から転げ落ちそうになりました。


だって、

 目の前に広がるのは、完全にアニメの世界なんです。

これまで、
役者の朗読劇しか知らなかった私には、
ぶったまげるほどの違いでした。


まず、目の前にマイクがある!

我々は客席の向こうまで届くようにトレーニングをしますが、

彼らはマイクにちゃんと乗る声をトレーニングするんでしょうね。

声優さんといっても、まだ若い、卵たちなんですが、
そんな彼らでも、
我々には、逆立ちしても出せないような、マイク用の声が出るんです。


   おおおおおっ!

   めちゃくちゃ新鮮だ!


日ごろから、狭い世界に住んでいることは、
折に触れ感じてきた、とはいえ、

あらためて、感じました。

  芝居の世界って、狭っ!


その中で、
新劇だの小劇場だの商業だのって、自分たちでテリトリーを作って、

あの人の芝居は違うだとかなんだとか。

   小っさっ!


まあ、どの社会でも、
おんなじようなモンだろうとは思いますが、

たまに、こんな経験をすると、少々考えてしまいます。


もちろん、それが専門性でもあるわけで、

私は絶対に声優はできないと、
あらためて感じたのでもありました。


と、まあ、こうやってちゃんとわかっただけでも、
今日行った甲斐があったんですが、

あ、でも、2年前にも同じようなことを書いてました!

ってことは、結局、学習能力がないだけ?
(でも、毎回反省するんだから、いいよね




 ブログランキング参加中 
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを!
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スターウォーズ! | トップ | やぶへび »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

演劇・舞台・小劇場」カテゴリの最新記事