望子のただいま稽古チュッ!

稽古、公演、プライベート
・・・オバサン役者、木村望子の日々。

ご不幸ウラ話・・・いろいろあった「怖い話」<その6>

2016-10-13 22:31:58 | 舞台・ウラ話

生理現象は仕方ないとはいえ、
カーテンコールに遅刻するという、
とんでもないことをやらかしたアフリカン寺越くん。


ただ、たぶん、運も悪かったんだろうなと、
ちょっとだけ同情の余地もありました。

というのも、
劇小さんは、楽屋にトイレがなく、
私たちも、ロビーのお客様用トイレを使います。

でも、開場してお客様が入られたら、
役者は絶対にお客様の前に出られません。

そこで、ロビーにお客様がいないことを確認して、
ドドッとトイレに走り、
また、ドドッと戻ってくるんです。

ところがタイミングが悪く、
ずっとお客様がロビーにいらしたり、

よし行こう!と思ったとたん、
遅れてきたお客様が入ってこられたりしたら、

  行けない・・・


仕方ないと舞台に・・・出たら出たで、
またビールを飲んで追い打ちをかけて。

その上、ずっと出ずっぱり・・・。

これは、かなりキツかったと思います。

だけどね!
それなら、人のまで飲まなきゃいいでしょ!

とみんなで突っ込んだのは、
言うまでもありません。



そして、私の方は、
まったく別の生理現象がありました。

ある回の、私が固まっているシーン。
これから箱を投げ飛ばす、
嵐の前の静けさのとき。


突然、涙が出始めたのです。

たしかに、かなり目を見開いていたとはいえ、
これまでも何度もやっているシーン。

一度も涙なんて出たことなかったのに。

体調だったり、そのときの乾燥具合だったり、
いろいろ原因が重なったんでしょうが、

猛烈にアセりました。

何が何でも、絶対に、
ここで泣くわけにはいきません。

もし涙が出て、それがポタッと落ちたら。

・・・そして万が一、それをお客様に見られたら、

ホラーではなく、
「かわいそうな大家さんのお話」になってしまう。


だからといって、

固まったままでいる姿を見て、
「どうなったんだ?」と注目されているシーンで、
体を動かすわけにもいかず

目を微妙な半眼にして、
投げ飛ばしの番が来るまで、
ひたすら祈るように待つばかり。

はい、おかげさまで、
何とか「涙ぽとり」は回避できました。

動き始めれば、ちょっとした涙くらいは、
簡単にゴマかせますから。



 ・・・と、ここまでは生理現象。


実は、こんなに怖い生理現象以上に、
怖いものもあるんです。


何よりも怖いもの。

  それは・・・・・・。


   <つづく>


「ご不幸」舞台写真より




 ブログランキング参加中 
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを!
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご不幸ウラ話・・・いろいろ... | トップ | ご不幸ウラ話・・・いろいろ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。