望子のただいま稽古チュッ!

稽古、公演、プライベート
・・・オバサン役者、木村望子の日々。

ご不幸ウラ話・・・いろいろあった「怖い話」<その5>

2016-10-12 13:53:35 | 舞台・ウラ話

実は、我々役者にとって、
本当に怖いのは「霊」ではないんです。

本当に怖いもの・・・今回もいろいろありましたが、
たとえば、コレ、ですね。
     

<ホントに怖い生理現象>

何が怖いって、生理現象ほど、
怖いものはありません。

咳とか、くしゃみとか、
自分では、いかんともしがたいだけに、
舞台上でおこると、
本当にどうしようかと思います。

そして、
その最たるものが・・・やはり尿意で・・・。


私以外の4人は、舞台上で、
ビールや缶チューハイを飲みました。

普通の芝居なら、中身は入れ替えるのですが、
今回は、あれ、本当のアルコールだったんです。

舞台上で本当にアルコールを飲ませるなんて、
まずないことなだけに、
酒飲みにとっては、またとないチャンス。

そこで張り切ったのが、
酒好きで、お酒に強いアフリカン寺越くんで。

自分の缶ビールはあっという間に飲み干し、
それでも足りずに、
恋人役のまちこちゃんの、缶チューハイまで、
飲んでしまうという、やりたい放題。

飲まれてたまるかと、
まちこちゃんがずっと缶を握っていても、
一瞬離した隙に、取っていってしまうという(笑)

私は裏にいるので、
その攻防戦は見られなかったんですが、
なかなか熾烈だったようです。


でもね・・・、

   そうなるとね・・・、

      待っているのは・・・。


ある日のこと、公演が終わって、
これからカーテンコールというとき。

先にはけた私が、裏に待機して、
ラストシーンまで出ている4人を待っていると、

突然アフリくんが、すごい形相で、
楽屋に続く階段を走り下りてきたかと思うと、

待っている私の横を、
通り過ぎていくではありませんか!

「ちょっと! どこ行くのよ!」

「すぐ戻る!」

と捨て台詞を残して、
すごい勢いで消えました。

行くところはわかってます。

だけど、カーテンコールの出番は、
あっという間に来ます。

「カーテンコールまでに戻れるかな?」
「無理でしょー」

という予想通り、
なぜか1人足りないご挨拶に。

カーテンコールでのおしゃべりが始まってから、
なぜか1人、列の中に入ってきたのでした。


ラストシーンは、かなり長時間のストップモーション。
きっと体が震えてたんだろうな(笑)

ただ、この劇場の構造上、
同情すべきところも、なくはなかったんです。


   <つづく>

「ご不幸」舞台写真より





 ブログランキング参加中 
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを!
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご不幸ウラ話・・・いろいろ... | トップ | ご不幸ウラ話・・・いろいろ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。