望子のただいま稽古チュッ!

稽古、公演、プライベート
・・・オバサン役者、木村望子の日々。

オールディーズ・ちょっぴりウラ話・フレディの髪、誕生秘話

2017-12-07 13:24:40 | 舞台・ウラ話

昨日、口がすべって、いや、筆がすべって、いや、指先がすべって?

ま、どっちでもいいんですが、

「つづく」みたいなことを書いてしまって、
後になってちょっと後悔した木村です(笑)

でも、喋りたいことも確かなので、
ちょっとだけ、今日もウラ話を。


衣裳合わせの日のことです。

私は最初から、大体自前のもので用意できて、
すんなりと決まったのですが、

予想通り、一番難航したのが、
フレディのような、つまりオカマちゃんの衣裳。

・・・と、真っ白な天使の衣裳。

どちらも自前では難しくて、
カラーチャイルドさんの衣裳をいろいろ着てみたりして、
あーでもない、こーでもないと、
試行錯誤が続きました。

再演なのでイメージはあるんだけど、
でも役者が違うと、また変わるんです。

で、この2人用の衣裳を机に積んで、
みんなでワイワイやっていたのですが、

ふと、フレディ役の野口大輔君が、
天使用に用意された、白いフワフワの帽子をかぶったのです。

「これど~う? 似合う~?」

たぶん、本人はお遊びのつもりだった、と思うんですが、

突然、みんなの視線が集中しました。

「あ・・・、これ、フレディ、いけるっ!」

そうなんです。


本当はこれ、カツラじゃなくて帽子なんです。

そして、天使用だったんです。

まさにひょうたんから駒で、どんどん話が進み、
結局、これはフレディがかぶることに。

平山美紗樹ちゃんの天使の帽子としても可愛かったのですが、

これで強烈なキャラクターのフレディ誕生となりました。


メイクもして、フレディちゃんが出来上がると、
女子たちに囲まれて、突然の撮影会が。



「いいよ、いいよ」
「うん、可愛い、可愛い」

・・・って、ホントなんだか、からかってるんだか(笑)

でも、ちゃんとポーズを決めるのは、役者の性。

しかし残念ながら、これも公演前には出せませんでした。
(撮っている方もみんな衣裳なので)



そうなんです。
衣裳って、ほとんど決まっていても、

まさか、というところから意外なものが転がり出て、
玉突きのように全部が動いていく、なんてことが、
決して珍しくないんです。

衣裳さんがいる公演でも、
「あ、これ!」
みたいな変更はいくらでもあります。


それでいて、完全に決まってしまえば、
その衣裳以外、考えられなくなっちゃうんですから、
面白いものです。



そして、もうひとつ、オマケの写真を~。

霊媒師と用心棒のコンビ、撮影中。


霊媒師役の農塚誓志さんは、
コミカルな役が多いのですが、実はすんごくカッコいい人。

その写真をスマホで撮って、
ご満悦のバリモア婦人役、ガチコ(萩生田真千子)ちゃん。


こうして、衣裳合わせ&プログラム撮影は進んでいったのでした。


  <おしまい





 ブログランキング参加中 
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを!
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オールディーズ・ウラ話、と... | トップ |  40歳以上限定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台・ウラ話」カテゴリの最新記事