望子のただいま稽古チュッ!

稽古、公演、プライベート
・・・オバサン役者、木村望子の日々。

ご不幸ウラ話・・最後に思いを込めて <ホントに最後です>

2016-10-17 00:16:30 | 舞台・ウラ話

最後に1日遅れた~~
ま、仕方がない。
関係なく続けて参ります!


さて、

感謝ばかりの、この公演でしたが、

ひとつだけ、

私にとって、
猛烈にショッキングなことがありました。


その話を知ったのは、小屋入り寸前のある日。
「黒の人々」チームの、
通し稽古を見学したときでした。

同じ公演といっても、
稽古はまったく別々だったため、
「黒の人々」の芝居を観るのは、
このときが初めて。

大笑いしながらの、ラストシーンで、

そのショッキングな事実が告げられたのでした。


「劇小劇場もなくなります」


(えーーーーーーーっ!)

(まさか、まさか!)


通しが終わるのを待つようにして、
すぐにプロデューサーにその真偽を聞きました。


本当のところは、
なくなるのではなく、
改築のため、しばらく閉館するとのこと。

改築であれ、
「あの劇小」はもうなくなってしまう。

(本当だったんだ・・・)

ショックにしばし呆然

そりゃあ、もう古いさ。
かなり傷んでもきてるさ。
今どき、板の間に座布団を敷いて使うような、
そんな楽屋はまずないさ。

だけど、そんなこと関係ない。
私はとにかく、今の劇小が好きなんだ。


清潔で、小洒落れてて、快適な、
そんな劇場、いくらでもあるじゃないか。

古くても、汚くなっていない、心地よい椅子。

2階から見るときの、独特の芝居小屋の雰囲気。

そして、適当な距離感を持ったまま、
必要な時は必ずフォローしてくれるスタッフさん。

古くなっても不快な印象を与えないのは、
スタッフさん達が、この小屋を、
丁寧に守り続けてきたからに他ならない。


確かに何かと不便なのかもしれない。
今どきないよ、と言われるものが、
たくさんあるかもしれない。

だけど、
これまでもさんざん書いてきたけど、
何を見ても劇小さんを持ち出してたけど、
こんなにこの小屋を愛している役者もいるんだよ~。

本当に、
自分の演劇人生を、
共に歩んできたような小屋だったんだもの。

もう、今の形の劇小に立つ事はないだろうけど、
来年、この小屋を閉めるときには、
必ず見に行こう。

この小屋と、スタッフさんに、
一言なりともお礼を言わなくては。

劇小を卒業する、一役者として。

感謝を込めて。

育ててもらった新米役者は、
今も何とか、舞台で生きています、と。

           


長い長いウラ話にお付き合いいただきまして、
まことにありがとうございました!





 ブログランキング参加中 
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを!
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たかがこんなことが嬉しかっ... | トップ | 地元民 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。