望子のただいま稽古チュッ!

稽古、公演、プライベート
・・・オバサン役者、木村望子の日々。

だまされたワケじゃない、と思うんだけど

2016-06-03 18:54:43 | 暮らし・花・趣味

この前、「人の振り見て」というタイトルで、
ブログの記事を書いたときのこと。
(少々のタイムラグはご容赦をm(_ _)m)


「人の振り見て我が振り直せ」
といえば、

「人のよくない振る舞いを見て、自分の振る舞いも反省しよう」
そういう意味だと思っていました。


ところがこの前見た、
たしか北斎の番組で、

 着物の長襦袢の袖(の振り)が、
 着物の袖(の振り)から出ている姿が見苦しい。

 そういう 姿を見て、
 自分の振りも直さねばと思う、

ということで・・・、

  と、着物の専門家が語っていて、


ええええ、そうなの?
もしかしてそれが語源??

といたく感動致しまして、

よせばいいのに、娘にまで吹聴して、

それでも足りなくて、
この前の記事を書くときに、

「実はね~、この言葉は・・・知らなかったでしょ」

と、自慢げに書こうと思ってたんです。


で、まさに自慢げに書いてから、



   ・・・・・・



一瞬、不安になったんですね。



ホント・・・だよね?

だって、NHKで喋ってたんだよ。

まさかね~。


いや、でも・・・。


  と、


今はラクですね~。
ちょいっと検索すればいいんですから。


はい、検索してみました。

そしたら、まぁ、あなた!

やっぱり、私が昔から思っていた、
「振る舞い」であって、

着物の「振り」なんて、
どこ探してもなかったではないですか!



おいおいおいおい、

もしかして、私、聞き間違えた?

でも、そういう風に聞こえたんだけどなぁ。

おかしいなぁ。

ま、とにかく、気をつけなきゃ・・・。


ということを、

まだ娘に訂正していないことを、
今、気がつきました

彼女もえらく感心してたから、
早く言っておかないと。

って、こんなもん、書く前に言うべきか(笑)




 ブログランキング参加中 
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

参加中。よかったらクリックを!

人気ブログランキングへ