望子のただいま稽古チュッ!

稽古、公演、プライベート
・・・オバサン役者、木村望子の日々。

昔の「見よ」ウラ話・舞台のドアが壊れた話(その1)

2018-01-23 15:58:31 | 舞台・ウラ話

昨日の雪、すごかったですねぇ。

雪もすごかったけど、
電車の混み方も尋常なもんじゃなかった

電車に乗ってて、あまりに押され過ぎて、
足が地面から浮いたりしてました。


でも、帰りの夜道は本当に素敵でした。
とても写真を撮るような余裕はなかったけど、

パウダースノーだからフワフワしてて、
雪の白さで一面が明るくて、

やっとウチに帰れるという嬉しさと相まって、
足取り軽く進みました。


が、今日は一転。地獄の雪かき!

体じゅうガタガタで、
なぜか指が震え続けてます


まぁ、何であれ、本番が雪でないことを祈るだけです



さて、

それはそれとして、
こちらのブログでは、この3日間、

「見よ飛行機の高く飛べるを」の思い出話を、
さんざん語りまくったわけですが、


その、十数年前の「見よ・・・」の公演で、

実はとんでもない「事故」がおきたんです。


それを、後になって、ウラ話で書きました。

読んでくださった方もあるかもしれませんが、
もう一度、この機会にアップさせていただきます。

今だからこそ笑って話せますが、
そのときは、全員が青ざめた、
忘れられないウラ話でゴザイマス。


   *     *     *

そのときの劇場は、かなり広い所でした。

そこで、舞台に向かって左側に、部屋をひとつ、作りました。
(部屋といっても、壁で真ん中を仕切るだけですが)

その部屋のドアを開けると、廊下があって、
右側には大きな階段。



これだけのセットを作りこんだんです。
それも、プロを頼まず、役者たちだけで。

それにしてはすごくいい出来で、
仕上がったときには、みんなで拍手喝さいでした


壁の途中にあるドアは、すごく立派な造りで、

ここからの出たり入ったりが、
芝居の大きなポイントになっていました。

そりゃそうですよね。

舞台のど真ん中にドアがあるんですから、
ここで芝居せずして、どこでする、って感じです。


しかし、
やはり素人とプロの違いはあるもので・・・。


   初日が開いて、2日3日と過ぎるうち・・・。


    (つづく)




 ーーーーーーーーーーーーー
           
   ことのはbox 第6回公演
 『見よ、飛行機の高く飛べるを』
   詳細はこちらに
           
 ーーーーーーーーーーーーー
 ブログランキング参加中 
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを!
 ーーーーーーーーーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「見よ飛行機の高く飛べるを」について、あともう少し、語らせてください!

2018-01-22 19:57:29 | 演劇・舞台・小劇場

*まず先にひと言*

ご心配頂きましたが、
夜の稽古は、結局中止となりました。
ということで、
こんな時間にのんびりと家におります。


なもので・・・すみません。あと1回語ります


強い思いにも関わらず、
上手くいかなかった「安達先生」という役。

いつかリベンジできたらと思いながら、
十数年が過ぎた、去年の1月。

今度は、ことのはboxさんから、
この作品のオファーを頂いたんです。


  よっしゃぁ、リベンジだっ!


恥ずかしながら、

 一瞬、そう思っちゃいました


でも・・・そんなこと、あるワケない!(笑)

当時でも「安達先生」をやるには、
トシをとりすぎていたくらいなのに、

それから十数年たって、できるワケがないんです。


はい、やっぱり、違う役でした。
私の年齢にぴったりの「菅沼先生」という役。

そりゃそうだよね・・・。
と思いながらも、

あ~、あと20年若かったらなぁ、
もう一度やりたかったなぁ、

という思いは、なかなか消せませんでした。

いや、それどころか、
最初の読み合わせのときにも、

自分の体の中に、まだ「安達先生」がいて、
本当の役である「菅沼先生」と、
行ったり来たりしていたのです。


こんなことで、
マトモに菅沼先生を演じられるわけがない!

とにかく必死で追い出さねば!

なーんて、
こんなこと思ってる間は、
絶対に追い出せやしないんですよね(笑)


しかし、読み込んでいるうちに、
これまで全然気づかなかったことが見えてきたんです。


それは、
安達先生をやっていたときには、
まったく気づかなかった、菅沼先生の深い愛。

あ、ストーリーも何もお知らせせずに、
勝手に何言ってるんだ、なんですけど、


つまり、
年齢も考え方も違う2人の教師。
でも、その2人をつなぐものがある。

そのことを、
菅沼先生を演じてみて、初めて気がついたんです。

あ~、安達先生をやってた時に、
なんで気づかなかったんだろう。
遅いわ~~

と嘆いたものの、
それをきっかけに、
完全に安達先生が吹っ切れました。

そして今は、
2つの役ができたからこそ、見えてくること。
それを明確にしていきたいと思っています。


なーんちゃって、

こんなに語ってる割に、今、ぐちゃぐちゃ~~(笑)


   はははは


でも、バコバコのダメ出しの最後に、

「木村望子はこんなもんじゃないでしょ」
と主宰に言ってもらえた、

そのひと言を起爆剤に、
とにかく頑張ってやっていきます。


  今回こそ、後悔はしないぞ!


まぁ・・・、
あんまり張り切るとロクなことがないので、
そこは、それなりに抑えつつですが(笑)

菅沼先生を楽しめる境地まで、
早く到達できるように、頑張ります!



・・・と、まぁ、長々と3回も語ってしまいました。

妙にマジメな話になったので、

次は、昔やった時のウラ話でも、
出してみましょうか





 ーーーーーーーーーーーーー
           
   ことのはbox 第6回公演
 『見よ、飛行機の高く飛べるを』
   詳細はこちらに
           
 ーーーーーーーーーーーーー
 ブログランキング参加中 
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを!
 ーーーーーーーーーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

逆行

2018-01-22 13:27:46 | つぶやき

ニュースで再三、
「早めの帰宅を!」
と呼びかけられている中、

今日は夕方から10時までの夜稽古。

そりゃ、稽古はしたいけど・・・。

帰りの電車、止まってくれるなよ~~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「見よ飛行機の高く飛べるを」について、もうちょっと、語らせてください!

2018-01-21 19:38:32 | 演劇・舞台・小劇場
(昨日の続きです)


<この作品に出たい!>
そして、
<あの役がやりたい!>

「見よ・・・」を観たとき、
心底、そう思いました。

でも、これはもう、
ほとんど不可能に近いことでした。


だって、いくら有名な作品だからといって、
そんなに頻繁に上演されるものじゃないし、

それに、今みたいに、
ネットで情報が探せる時代じゃなかった。


この作品に出られるとすれば、

「たまたま」私の芝居を観た人が、
「たまたま」私を選んでくれる、

それ以外、なかったんですから。


  ・・・って、


今、書いてて、

ネットのない世界が、
想像できなくなっている自分に愕然としましたが、

当然、劇団サイトもなかったんですよね~(遠い目)


でも、奇跡がおきたんですよ、奇跡が!

 
  なんと、


星の数ほどある戯曲の中で、この作品を選び、

その中のたったひとつの役を、

星の数ほどいる役者の中で、
私を選んでくださる劇団さんがあったんです!

夢じゃないかと思いました。


やりたくてやりたくてたまらなかった、
「安達先生」という役が、できる!

そりゃぁ、もう張り切って、夢中で稽古をしました。

うれしくて、うれしくて。
寝ても覚めても、台本を読んでいました。




  ・・・が、


皮肉なもので、私には、
敗北感の方が大きい結果となってしまったんです。

こなせなかった、というか・・・、
最後まで演出家の意図が読みきれなかった、というか。

もう、ほんっとに情けなかったし、悔しかった。

こんなに憧れた役だったのに、
どうしてこうなっちゃったんだ

悔しい。
いつかリベンジしてやる・・・。


そんな経験から十数年。

去年の1月、ことのはboxさんの、
「カミサマの恋」が終わったばかりのときに、

なんと、ことのはboxさんから、
「見よ・・・」のオファーを頂いたんです。


   うぉぉぉぉぉぉ、やったぜ!

     よっしゃぁ、リベンジだっ!



・・・と、一瞬、思っちゃったんですよね~~(笑)



・・・すみませーーん
もう1回、書かせてくださーい



    (つづく)





 ーーーーーーーーーーーーー
           
   ことのはbox 第6回公演
 『見よ、飛行機の高く飛べるを』
   詳細はこちらに
           
 ーーーーーーーーーーーーー
 ブログランキング参加中 
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを!
 ーーーーーーーーーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「見よ飛行機の高く飛べるを」について、語らせてください!

2018-01-20 13:59:31 | 演劇・舞台・小劇場

「見よ飛行機の高く飛べるを」
ただ今、絶賛稽古中でゴザイマス!

だから、そんな稽古場レポも書きたいのですが、

実は、今回の作品は、ちょっと他の作品とは、
思い入れの深さが違うのです。

もう、語りたいことがたっくさんあって、

  聞いて頂きたいこともたっくさんあって、

うーーん。
たぶん、あんまり面白くはないんですが、
それでもちょっと語ってしまおうかと。

もしよろしければ、おつき合い下さいませ。


この作品を最初に観たのは、
もういつだったか忘れましたが、

とにかく、ものすごい衝撃を受けました。


派手なところの全くない作品なのに、
こんなに見事に、
それぞれの登場人物が、
描き込まれている作品ってあるだろうか。

芝居は、ともすれば、
いい人・悪い人といった括りでまとめがちなのに、

人間の白黒のつかない多面的な部分を、
短い台詞で、様々に描きこんでいる。

なんて素敵な作品なんだろう!


こうやって、うわーーーー、と感動した、
その先にあるのは、
  ・・・もう決まっていまして、

  <この作品に出たい!>

と、こうなるのですねぇ。


で、またまたその上に、
惚れ込んだ役がありまして、

となれば、次は、
  ・・・もう言うまでもなく、

  <あの役がやりたい!>

と、これしかない(笑)


まぁ普段でも、芝居を観ていて、

「あー、あの役がやりたい」
なんていうのは、年中思うものなんですが、

この役はそんなもんじゃなかった。
もっともっと、思いが強かった。


 ・・・のですが、

いくらやりたいといっても、
これはもう、ほとんど不可能だ、
ってこともわかっていました。

だって、

・・・と、どんどん長くなっていく

どこまで語るかわからないので、
とりあえず、今日はここまでに。


   (つづく)




 ーーーーーーーーーーーーー
           
   ことのはbox 第6回公演
 『見よ、飛行機の高く飛べるを』
   詳細はこちらに
           
 ーーーーーーーーーーーーー
 ブログランキング参加中 
  人気ブログランキング
 よろしければ、クリックを!
 ーーーーーーーーーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参加中。よかったらクリックを!

人気ブログランキングへ