ログビルダー日記

徳島のログハウス情報

曲り木の手すり

2010年11月28日 | ANA-LOG ログハウス
M邸。

完成見学会に向けて、着々と仕上げ工事が進む。

昨日で、手すり工事がほぼ完了。

今回は、桧の曲り木をお施主さん自らが、山に入って採ってきてくれた。

いつもは限られた材料の中で、何とかあてはまる物を加工しつつ組み上げる手すり。

でも今回は、材料は選び放題。

イメージ通りの形が作れる。

ログビルダー冥利に尽きる仕事。

お施主さんの努力に報いなければと、気合も入る。

で、こんな風になりました。



かなりいい感じにできたと思う。

完成見学で乞う、ご期待。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

完成見学会 in 鳴門

2010年11月23日 | ANA-LOG ログハウス
12月10日(金)~12月12(日)の3日間、お施主様のご厚意により、鳴門市大麻町のM邸の完成見学会の開催が決定しました。

詳しくは12月2日の徳島新聞綴じ込みのSALALAに掲載されます。

今回のログハウスのこだわりは『素材』。

また、新感覚のログハウスになりました。

是非、本当のナチュラルハウスを体験してみて下さい。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラストスパート

2010年11月17日 | ANA-LOG ログハウス
今月末の完成を目指すM邸。

いよいよラストスパート。

外部は、差し掛け屋根にウッドデッキ。

内部は、キッチンの取り付けに土間タイル、階段手すりに洗面カウンター。

仕上げ工事がどんどん進められてゆく。

今日は、業者も合わせて8名の職人が行ったり来たり。

なかなか大賑わいの現場になっとります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉狩り+

2010年11月15日 | Weblog
日曜日。


ANA-LOGメンバーは、皆、紅葉を見に行くという。


どうしても海に行きたい僕は大いに悩む。


で、出た結論。


山に行って自然を楽しんで紅葉も見て、子供たちも遊べて、海にも行けるコース。


自然豊かな徳島では、十分可能な小旅行。




まず、マイスも従えて朝出発。


そのままR195を上って、相生町のCLUB  COLTSへ。


ここのオーナーは、昔から大変お世話になっている方。


久しぶりの訪問になるが、大いに歓迎してくれる。


子供たちは、生まれて初めて馬に乗せてもらって大喜び。





自然に囲まれて清流が流れる山間の乗馬施設。

スタッフも、本当に気持ちのいい方ばかり。

本当におすすめの観光スポット。



2時間ほど、馬と戯れて、少々時間オーバー。

予定していた相生森林美術館はスルー。

そのまま、R195を上ってR438へ。

そこはまさに酷道(一応国道です)。

でも、一車線の道沿いから様々な木々が覆いかぶさりトンネルを作っている。

まるで紅葉のトンネル。写真を撮っておけば良かった・・・。

僕と嫁さんは大いに楽しむが、乗馬に疲れた子供たちは爆睡。

まだ侘寂を語るには早いか・・・。


その酷道をしばらく走ると、県南最大の滝、「轟の滝」

ここもしっかり、木々の葉は色づいてかなり美しい。

しかし、観光客の車の台数が多すぎる。

ようよう駐車スペースを見つけ、いよいよ本滝へ。

この「轟の滝」、全部で9つの滝でなる。

一番大きい滝が、落差58mの本滝。

ほんとはいくつかまわりたかったが、時間が大分押していたので、本滝のみに割愛する。

いざ本滝へ。

すると・・・岩場に張り付いたカメラマンが大勢・・・。

滝の轟音に紛れてほら貝の音が。

どうやら、御輿が滝壺に入る滝渡御(たきとぎょ)のお祭りがあるようだ。

お祭りを見ていたら、帰りの渋滞に巻き込まれてしまう・・・

太鼓とほら貝の音を尻目に、轟の滝を後にする。








で、お待ちかね生見海岸。

波のサイズも胸くらいあってなかなかよろしい。

ここからはお父さんタイム!!と張り切ってビーチへ駆け出す。

が、1時間ほど楽しんだら何やら体が重い。

どうやら朝からの酷道の運転は、思った以上に僕の体力を奪っていたようで、電池切れ・・・

OVER.



まあ、それでも僕も家族も十分に楽しんだ秋の日曜日。

夜は、いつもの一騒ぎもなしに皆ご就寝。

きっと大満足の一日!だったと思う。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テラコッタ風タイル

2010年11月11日 | Weblog

M邸、キッチンに張ったタイル。

テラコッタ(素焼きタイル)に見えますが、磁器タイルです。

テラコッタタイルは、雰囲気は抜群にいいけれど、大きさが不ぞろいであったり、タイルに反りがあったり、また吸水性がいいのでシミになったりと、室内で使用するには、問題点もある。

そこでANA-LOGでは最近、テラコッタ風の釉薬をかけた磁器タイルを使用している。

これなら反りもなければ、狂いも少ない。

そして何より防水。

張った感じは、テラコッタそのもの。

残念ながら、国産品ではこの雰囲気が出る商品はなかなかない。

これはイタリア製。

これに白い目地が入れば、気分は南欧気分。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カレーライス。

2010年11月07日 | Weblog
土曜日に、お施主様のMさんご夫婦にまたまたご馳走になりました。

牛筋煮込みのカレーライス。



現場は、Cafe M’s House に早変わり。

美味かった~。

悟は、鬼盛りカレーを2杯も食べて、午後からは少し動きが悪かった。

ご馳走様でした。


さて、作業のほうは・・・。

2階、寝室の床張りが完了。

1階は、厚み30mmの杉板張り。

2階は、少し雰囲気を変えてラミン(ゴムの木の一種)の床材を使用。

杉と違って、硬材で傷も付きにくい。





これに、少し濃いめの色を付けて、オークっぽく仕上げると雰囲気がいいんじゃないかと企んでいる。

この床材、業者の在庫処分品。

数量には限度があるが、価格が驚くほど安い。

ちょっと洋風に仕上げるには、おすすめの一品。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

遠い訃報・・・

2010年11月03日 | Weblog
昨日、ハワイのプロサーファー、Andy Irons が亡くなった。



過去3度、ワールドチャンピオンに輝き、今年復活。先日の大会では優勝を決めていた。

32歳。来月には第一子の誕生予定だった。

プエルトリコの大会会場から、ハワイに帰る途中のダラスで息を引き取ったらしい。死因はデング熱。



特別、すごいファンだった訳ではない。

ただ、サーファーなら誰でも聞いたことのある名前。

クリストファー・リーブに似た男前の、ハワイのスーパースター。

そんな彼が、あっけなく死んでしまったことにショックを受けた。

もしかしたら自分も、来年、いや来月・・・来週・・・明日には・・・

とくに運命論者ではないけれど、「死」というものには偶発的な要因が多々あると思う。

そんないつ打ち切られるかわからない人生の中で、

僕には、守るべきもがあり、やりきらなければならない仕事がある。



今日を、今という時間を、しっかり意識して生きてゆかなければいけないと強く思った。



故人の冥福をお祈りすると共に、彼の家族や友人の悲しみが少しでも早く癒されることを願います。

合掌・・・。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完成見学予定のお知らせ

2010年11月02日 | ANA-LOG ログハウス
現在建築中の鳴門市大麻町のM邸。

12月10日(金)から12日(日)の3日間、お施主様のご厚意により完成見学会を行う予定となりました。

さまざまなマテリアルをふんだんに使った、M邸ログハウス。

きっと家づくりの参考になること間違いないと思います。

ログハウスの持つ独特の雰囲気が、より一層際立つ仕上がりになりつつあります。

時間、場所等は、追ってお知らせいたします。

また新しいANA-LOGログハウスの世界。乞うご期待。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加