アンナdiary~Part2

日々のこと。

3話のツボ A LIFE~愛しき人~

2017年01月30日 15時27分28秒 | diary

いいドラマだなぁって思う。

噛み締めて何度も見る。

3話のツボは

沖田先生が、ここでは手術が出来ないと知り
病院を辞めると言った時

深冬が『何の為に病院へ戻ってきたの?』に対して

『小児外科を立て直すためでもない
 患者を見捨てるためでもない
  目の前の患者を救うためだ』と深冬の肩を掴んで言った沖田先生。

目の前の患者さんは
深冬にとっては友梨佳ちゃんなのかもしれないけど
沖田先生にとっては深冬と友梨佳ちゃんなんだよね。

ここはグッときた。


それから深冬先生が未来を明るく語る姿を
切なそうに見る沖田先生
この微妙な表情がね、昔からうまいのです。
人の心を思うその表情がね。。。。
目は口ほどにものを言う。


手術室に入り込んできた院長に
『ちゃんと見て下さい!』と言った沖田先生の真剣な眼差し
この凄みのある声にゾクっときた。

沖田先生が友梨佳ちゃんに
『痛かったらこの手をギューっと握っていいよ』って。

これは木村のアドリブだそうで。。。
あぁぁぁあ、私も握ってもいいですか?コラ!
だけど優しいなぁ。。。

ふと自分が呼吸器内科に入院している時を
思い出してしまった。


1ヶ月半ほど呼吸器内科に入院してた時
肺に管を入れてドレーンつけて水を抜いてたんだけど
担当の病棟の看護師さんが

『痛かったら痛いって言ってね。我慢することないからね。
 痛みを取り除くのが私達の仕事だからね』

って言われて、不安が全部吹っ飛んだのをすごく覚えてる。

先生はもちろんだけど、病棟の看護師さんの言葉にも
入院患者は救われるんだよね。


壮大が今回沖田先生と言うより『カズ』って言う回数が
多かったような?

壮大にとっての沖田先生って、ただの嫉妬じゃないと思うんだよね。
もしかして好きなのか?深冬より好きなんじゃないかと思ってしまう


壮大の言ってることって、いつも間違ってはいないんだよ。
経営者の立場でものを言ってるし。
沖田先生の言ってることもごもっともだし。
このへんのぶつかり合いが見応えあるんだよね。

 

ラスト壮大が沖田先生に深冬のこと好きなのか?と
聞いたところで続くになってしまったからか?

「恋愛いらない」って言ってる人結構いるけど。。。

別に壮大から深冬を奪ってめでたし!めでたし!な
恋愛ドラマを見たいわけじゃない。
ただ、初回に多重結びを2人が練習してるシーンから
始ってるように、壮大と深冬と沖田のラブな部分は
とても重要だと思うの。


それに病院内の嫉妬や欲望だらけのドラマじゃ
息詰まるし、そういう作品じゃないと思うんだよね。


ここまで見てきて「恋愛いらない」とか不安めいたことを
口にすること自体、真っ直ぐ見れてないような気がする。


って。。。友達が言ってて思わず頷いた。
自分も同じこと思ってたんでね。

 

 

また1週間リピ子になるw

まだまだツボは沢山あるし、語りきれないので
小出しに語るか、リピするあまりにまた更新止まるか?

いい役者さんが揃ってて、いい作品だよな~って思う。
木村くんの頑張りに私から沢山のエネルギーあげたい。


役を生きる。

本当に外科医にしか見えなくなってきてる。


去年までは、SMAPに戻る瞬間があったので
色々な役をやっても、どこかでリセット出来たけど
今は役のまま。
それがいい悪いではなく、どっぷり沖田先生が私の中にいる。

だからかな?思い切り木村拓哉だと思う瞬間も見たくなる。
贅沢な私。。。

まだ3話なのに、もう6話ぐらい見たような気分になってる。
毎日リピしているせいもあるけど、内容が濃いからね。

木村の役を生きる表情が素晴らしい。
深冬を見る沖田先生の表情こそ、木村の真骨頂だと思うのだけど。


数字だけで語るには勿体無い。
素敵なドラマをありがとう

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜は3話。。。 | トップ | 印象操作(追記あり) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
目の前の患者ファーストの医師(木村拓哉) (キッドのブログinココログ)
優先順位についていろいろと騒がしい世論である。 いろいろと順番をつけるのが楽しい・・・という人は多いものだ。 最近ではファーストが流行している。 都知事が「都民ファースト......